『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『夕陽の記憶』

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『夕陽の記憶』


旅のスナップ写真が2回続いていましたが、やっと年末の写真の現像が仕上がりましたので、またいつもの風景写真に戻ります。


太陽は毎日のように昇っては沈みます。
日々その見え方は違うものですよね。
でも記憶として蘇えってくる夕陽の情景は、一つではないでしょうか。
私は小さな頃からよく父親に連れられて、三浦半島や湘南方面で海釣りをしていたので、やはり海から見る夕陽が蘇えります。

夕陽って、晴れていれば綺麗ってわけでもなく、晴れていても空気が澄みすぎていると光が強すぎるし、もちろん曇っていても良く見えません。
遠くが少し霞むくらいのほうが真っ赤に綺麗に見えますよね。
この写真を撮影したのは、去年の大晦日です。
この日もそんな具合で綺麗に落ちてくれました。
初日の出を見に行く人は多いけど、2006年の太陽を最後まで見届けた人は意外と少ないのではないでしょうか。

この日は三崎方面で数箇所撮影したあと、夕陽に間に合うように、いつもの森戸海岸まで移動しました。
ちなみに森戸海岸は“森戸の夕照”として神奈川県景勝50選に選ばれているほど、夕陽の美しいところです。
石原裕次郎もここから見る夕陽を愛していたそうです。

で、いつもの撮影時の状況ですが、前述の通り、遠くはやや霞んだ状況でしたので、これなら夕陽自体を撮影できる!と思って、砂浜から撮影。
夕陽の落ちるコースを予想して、良さそうなところに三脚と400ミリレンズをセットして、慎重に構図を決めて待ちます。
さあいよいよだ!ってときに、急に右からヨットが接近。
「オイ!邪魔すんじゃねぇ!!」
と内心思いましたが、急遽ひらめきで構図を上に振って、ヨットと一緒に撮影しました。
で、結局仕上がりを見たら、普通に撮ったものよりも、ヨットが入った写真のほうがより心象的に感じたので、この写真を採用しました。
やはり写真は偶然も大事ですね。



(2007/01/09)

カテゴリー:

三浦半島の風景


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-68.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/68-24bce2b3

でひでひ: やはりヨットが入ったほうがいいですよね?
そう言われて安心しました。

でもヨットを入れたのは良かったのですが、このときマニュアルフォーカスで撮っていたことを忘れて、そのまま慌ててシャッターをきっていたので、実はこの写真ややピンボケです。
まぁブログでこのサイズならあまり判らないだろうと思って、こっそり黙って掲載した次第です。
申し訳ない。。(^^ゞ

太陽の大きさは、やはり400ミリが効いていますね。
でもこれは35ミリ判フィルムカメラで撮影していますので、最近のAPSサイズデジ一カメラに換算すると、約270ミリほどです。
つまり、望遠レンズをより活かしたいときは、やはりデジ一のほうが便利ですね。
仮に300ミリのレンズを持っていれば、フィルムカメラで言えば450ミリ相当ですからかなり有利ですね。

でも太陽を入れた場合、デジタルだと太陽自体の色が飛びやすいんですよね。
どうしてもデジタルだと、ハイライト側の階調がフィルムよりも不足気味なので、よほど夕陽が弱く見えない限り、完全に白飛びしてしまいます。
なので、デジタルの場合、夏の晴れた日で空気がモヤモヤしている日くらいの光のほうが、白飛びせずに撮れると思います。

鳥だと、本格的な野鳥撮影する人なんかは800ミリとか1000ミリとか平気で使っていますね。
そんなレンズいくらするんだろう・・・
一般的にはデジタルなら300ミリくらいまでのズームが一本あると、ほとんどのケースで十分ですよね。
さらに望遠域が欲しければ、2倍のテレコンを装着する手もありますし。
ただ、望遠になればなるほど手ブレの危険性が高まりますので、手持ちだと大変になってきますけどね。

でもさっそく綺麗なカモメの写真を撮ってらっしゃいましたし、happy×girlさんの現状の装備でも十分良い写真が撮れそうですね。

(2007/01/10)
でひでひ: あけましておめでとうございます。
こちらこそ、ヨロシクです。m(__)m

森戸海岸は、一応神奈川県では有名のようです。
葉山御用邸のすぐ隣ですし、鎌倉、逗子、葉山、森戸といずれもお金持ちの方がたくさん住むところですからね。
それとは関係ないか、、(^^ゞ
でも本当に景観は良いところです。
森戸海岸は、沖に小さな磯の島がたくさん連なっていて、そこには鳥居もあって、とっても夕陽が絵になるところなんです。
だから夕陽が綺麗だと言われていると思います。

>砂浜に座って見ているだけで、時間の経つのも忘れるのは何故でしょう!

いいですねぇ~、それ!!
確かに時間を忘れますよね。
日常の出来事すべて忘れて、ただただ夕陽だけに心を奪われている瞬間、たまりませんね。

水平線に沈む夕陽ですか。
残念ながら私の地元では水平線に沈む夕陽を見ることはできないのです。
日の短いこの時期でさえ、この写真のように、海の向こうの伊豆半島の山に沈みます。
でも私も一度だけ水平線に沈む夕陽を見たことがあります。
3度目の北海道ツーリングのときに、これまた夕陽で有名な留萌に立ち寄ったのです。
地元の方に夕陽のきれいな山の公園を教えていただき、そこで本当に綺麗に水平線に沈む夕陽を見ることができました。
海にぼんやり沈むあの夕陽は、今でも強烈に焼きついています。
もう一度見たいなぁ…

リンクの件、了解いたしました。
こちらからも貼らせて頂きます。

ノエルさんにも素敵な一年でありますように。

(2007/01/10)
happy×girl: うんうん、ヨットが入っているほうが素敵です!
何度も画面に手を当てて、ヨットを隠してみたけど、ヨットがあるほうが良いな~。
良かったですね!いい具合にヨットが通って♪

凄く太陽が大きくて感動しちゃいます!
海だから太陽が大きく撮れるのでしょうか?
それとも400mmだからでしょうか?

私も鳥をもっと綺麗に撮れるように望遠レンズが欲しいな。 (2007/01/09)
ノエル鷺草: あけましておめでとうございます(^-^)
でひでひさん! 今年も宜しくお願い申し上げます。
少しご無沙汰してしまいました(*- -)(*_ _)ペコリ

開けた途端、素敵な夕陽に出会い、ぽ~と見惚れてしまいました。森戸は有名なのですね~色々な夕陽の写真の中にもこちらで撮ったものが使われてることも多いのかも知れませんね~
独身の頃、友人とドライブでよく海岸へ行きました。砂浜に座って見ているだけで、時間の経つのも忘れるのは何故でしょう!水平線に沈む夕陽大好きです。空に染まる色がきっと、全く同じということはないと思うからです。
自然が醸し出す色に作った色には勝てませんね!
横浜港、夏に見納めして来ました(^-^)
「生きるということ」の融けてしまいそうな枯葉も苔もいいですよね~瑞々しくて・・・その場所だけの音が聞こえてきそうでした。
ありのままの自然を次世代に残してあげたいです。

昨年末にリンク貼らせて頂きました(^-^)
今年も素敵な年にしましょうね!
(2007/01/09)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。