『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『宇宙を駆ける』  ~群馬県中之条町

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『宇宙を駆ける』  ~群馬県中之条町

一年ぶりの更新ですが、撮影は年に数回は行っています。
(現像処理がまったく出来ていませんが...)

この週末は夏以来となる大好きな新潟へ行きました。
が、写真は時間がなく撮ってません。
というか、カメラ機材は車に積んでいたけど今回はそっちに気が回らずです。

今回の目的は“金魚”です。

このブログでも以前書いたかもしれないけど、
最近熱帯魚から足を洗い、越後の地金魚と言われる“玉サバ”と“サバ尾”に非常に興味を持っています。

生まれて一年目の小さいときは、普通の和金みたいに鮒型の金魚ですが、
餌をあげて飼いこんでいくうちにお腹が大きくなり、背中が盛り上がり、
上から見ても横から見てもボールのような真ん丸になる個体もいます。
この成長過程を見守るのが楽しいです。

大きさは成魚では30センチを超える大きさになり、
緋は濃く、美しさと迫力、そして越後山古志の自然を思わせるような野性味も兼ね備えた金魚です。


今回はそんななかでも特に僕がイメージする越後の地金魚と呼ぶにふさわしい名魚を生産されている
さば尾好きさんの魚を直接見せていただきました。

同じfc2でブログをされています。
金魚の話題のほか、僕が大好きな越後の自然などを話題とされているので欠かさず読ませていただいています。


**********
さば尾好きさんのブログ
「田舎日和」
**********


実際に見せていただいた金魚はブログの写真からはとてもわからない、
非常に魅力的な魚ばかりでした。

特に親魚の大きさは迫力満点、それでいて更紗模様の綺麗なものだけを残されているので
マニアならヨダレが出そうなほどの魚でした。

お話しさせていただいて印象的だったのは、
金魚に理想を追い求めているのではないということ。
つまり体型はこうじゃなきゃダメ、更紗模様はこうじゃなきゃダメとかいう品評会目線で魚を見るのではなく
いいと思ったものを素直に残す、欠点はあっても気に入ったところがあれば残す
そんな見方をされているのかなと感じました。
実際、さば尾好きさんの魚は体型も更紗模様の出方も様々で、とても個性あふれる魚たちでした。
欠点を見つけて撥ねるのも仕方ないけど、いいところを見つけて活かしてあげる、
どこか人間関係にも通ずるような、マニア目線になると忘れてしまう部分かもしれません。


ちなみに私も昨年秋、さば尾好きさんの当歳魚を数匹購入し、
今年一年庭のプラスチック池で育てました。

blog160716DSC_0743


大きいのはさば尾好きさんの魚ではなく、錦鯉です。

金魚を大きくしたくて餌を大量に与えているので、鯉も4歳で60センチを超えました。
プラ舟400で鯉が60センチを超えるとは思いませんでしたが笑。
小さめの二匹も50センチ前後です。

玉サバ、さば尾も2歳にして20センチを超え、
一番でかいサバ尾ですでに24センチになってます。

山古志のような野池ではなく小さなプラ舟なので、
飼育は熱帯魚のディスカスの経験を活かして夏場は毎日1/4換水です。


blog160716DSC_0216~01
この子は上から見た更紗模様が気に入っているサバ尾です。
長さで言ったら一番伸びた個体で、24センチあります。
横から見ると思いっきり左右非対称な模様なので、たぶん品評会とかでは相手にされません。
でもあまり品評会に興味がない僕としては、この魚で十分満足できます。
とはいえ、もっと欲しい魚はたくさんいたのですが...
うちの環境で飼うにはもったいない魚ばかりです。
たまに見るだけで十分満足できます。






blog161105DSC_0244
この子もわりと気に入っていて、短尾でも20センチを超えてきてます。
もうちょい腹が大きくなってほしいので、来年また一年じっくり飼いこもうと思います。






blog161105DSC_0257~01
唯一の玉型体系の個体です。
購入時は一番小さかったのですが、春から秋までノンストップで一番餌を食ったやつで、
体積、重さとしては一番でかいと思います。
更紗模様は正直、上から見ても横から見てもそれほど好みではないのですが、
健康に育ってる個体はかわいく思えてきます。






blog161105DSC_0027
今年はもう金魚は増やさないつもりでしたが、
比較的安価な二歳魚から一匹だけ選んできました。
アクセントとして丹頂模様の魚を一匹入れてみました。
今は水槽で塩水浴中です。
入れ物の都合上、外のプラ舟に入れなかった五歳魚の玉サバと一緒に泳いでいます。
来年の春からは外のプラ舟で飼いこんで、さらに太くしたいと思ってます。




そんなわけで、貴重なお休みの日にお相手していただいたさば尾好きさんには大変感謝です。
あの親もの水槽の映像が頭から離れずにいます。
またすぐにでも見たいくらいですが、またの機会に見せていただければと思っています。









(2016/11/14)

カテゴリー:

星夜の風景


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-550.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/550-a15e5751

このコメントは管理人のみ閲覧できます (2016/11/15)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。