『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『盛秋の細流(せせらぎ)』

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『盛秋の細流(せせらぎ)』




この写真は、この前の日曜日に行った払沢(ほっさわ)の滝へ向かう途中の遊歩道から撮影しました。

ここで、払沢の滝を紹介させていただきますと、
東京都にある滝としては最も有名で、日本の滝100名瀑にも選定されています。
全部で4段構成の滝になっているのですが、山深いところにあるため、実際は一番下の一段しか見ることはできません。
正直なところ、水量はそれほど多くなく、あまり迫力を感じることはないですが、その分落ち着いた感じの風情を味わうことが出来ます。
冬には東京都内ではめずらしく結氷するそうで、昨年の寒さでは全面結氷となったそうです。
また夏にはライトアップされている期間もあるそうです。
滝までは、駐車場、バス停から遊歩道を歩いて10分ほど。
勾配もきつくなく、それほど荒れていないため、子供や年配の方でも十分行く事が出来るでしょう。
ただ、当たり前ですがサンダルやハイヒールでは危険ですので止めましょう。

それと気付いたことをもう一つ。
観光客が行き易いのは良いのですが、細かいゴミが目立ちます。
飴やガムの袋が特に多かったです。
ゴミを捨てていくような人に、ここで「捨てるな!」と言ってもまったく効果ないでしょうから、せめて自然を愛する我々で、ゴミ拾いでもしませんか?
ちょっとコンビニ袋一つ持っていくだけで、細かいゴミは拾えますし、自分の出したフィルム袋などのゴミも入れられます。
マナーの悪い人間にそういう姿を見せ付けるのが、一番良いのではないかと思いました。




(2006/11/30)

カテゴリー:


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-54.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/54-cc147b91

俺: >こんだけシャッター開けてたら

訂正:こんだけシャッター開けないと、明るく写らないんでしょ?つまり、普通に写したら、暗いんでしょ?フラッシュ焚かないと。でも、焚いたらその瞬間の“空気感”(色、明るさ、自然さ、その他とにかく諸々)はのこらないよね? ってな感じ。 (2008/04/30)
昨日、ヒラメを釣りました^^うまかった^^: ゴミの問題はコメントなし(笑)

こういう、“小さいけれど、心に残る風景”をいくつ持ってるかで、その人の人生の豊かさが量られる…

というとキザかなぁ?
でも、ほんの小さな小さな“風景”だけど、大切にしないといけない風景ってあると思う。

例えば…
子供の頃に遊んでいた“ドブ”。
ドブとは言え、そこは両側に緑のシダが茂る、深さ3メートルぐらい、幅、50cm、奥行き10mぐらいの不思議な空間。上から覗き込んだら、僅かな水面しか見えない。しかし、そこは六甲の岩清水が染み出す、片側は御影石の自然の壁で、沢山サワガニがいたんだ^^

“危険”なので、入ったら怒られてた。
でも神戸の都会で育った俺たちにとっては“秘境”だったんだ。

都会の片隅の、子供しか知らないような空間。

少し前、帰省した時に見てきた。
凄く、綺麗な空間のままだった。

この写真に対するコメントになってないけれど、この写真を見て思い出した。


写真に写る、水の流れって、素敵ですね。
これは“シャッター速度”(って言うのかな?)は1分6秒でいいの?
実際は、普通に撮ったら、水は流れた感じがしないだろうし、何より、凄く暗く写るんだよね?こんだけ、シャッター開けてたら。

昔々、一眼レフに三脚つけて、写真撮ってたときのこと、少し思い出してきた。
撮影データの所、少し教えてもらえないかな?そしたら、もっと“理解”出来ると思うんだ。 (2008/04/30)
でひでひ: 山の秋は本当にいろいろな楽しみがあります。
厳しく何も無い冬を前に、とっても綺麗な姿を見せてくれますね。

だからこそ、細かいゴミが目立つのです!!
そりゃ私だって、「何で人が捨てていったゴミを拾わなきゃいけないの!!」と言いたい所ですが、残念ながら拾うことしかないと思います。
でもゴミを拾う人が一人一人増えれば、きっと今まで汚す立場だった人も、汚しにくくなりますよね。
まずはこれを読んだ方から、一つでもいいのでゴミを拾っていただけたら、私もうれしく思います。
そんな輪が、カメラ愛好家の間で広がったら、きっと観光地も綺麗になりますよ!!

実はゴミ拾いは、釣り人の間では結構広がっていて、実際私が良く行く釣り場でも、一昔前と比べたら、釣り人のゴミは圧倒的に少なくなっています。
なので、この成功した釣り人のゴミ拾いの輪を、是非カメラマンの間でも成功したらなぁと思う次第です。

(2006/11/30)
happy×girl: 本当に、画面から音が聞こえてくるようです。
川のせせらぎと、さくさくと落ち葉を踏む音♪
で、フムフムなんて読み進め、私はヒールはかないし^^vなんて読んでいくと・・・悲しいお話。

ゴミを棄てるなんて酷いですね。
この前テレビで日光のいろは坂の途中にある踊り場?(トイレがあったり軽食が売っているところ)でもゴミの被害に悩まされているということが取り上げられていました。

綺麗な景色を見に行ったんじゃないの?なんていいたくなりますが、そこはでひでひさん、大人ですね。
拾うしかないのですね。悲しい。。。 (2006/11/30)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。