『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『荘厳な富士』  ~紅葉台・山梨県鳴沢村

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『荘厳な富士』  ~紅葉台・山梨県鳴沢村





すべての日本人の心の山、富士山。

その表情は実に変化に富んでいて、
面白いことに気付きました。

冬のよく晴れた日の夕方の表情を捉えました。




-------



富士山のスキー場へナイタースキーへ行くときに寄りました。

本当はもっと太陽が落ちて、
雪が赤く染まる時間まで粘りたかったのですが、
スキー時間を犠牲にするのももったいないので、
今回は紅富士写真は諦めました。

いずれ同じ場所から夕方の紅富士を狙ってみたいです。














≪冬山花火2連発≫



二週連続で、冬山に上がる花火を偶然にも見ることができました。

先週は、冒頭の写真の解説でも書きましたが、
富士山にある、ふじてんスノーリゾートより。




blog120218-20120218_183240


300発約10分くらいの立派な花火でした。
もっとデカイ花火もたくさん上がったのですが、
写真はそこそこに、肉眼で楽しみました。







で、昨日は新潟県湯沢にある岩原スキー場で見ました。
正面の別のスキー場で上がったようです。



blog120225-20120225_210347



こちらの花火は、眼下に見下ろす花火となりました。
見下ろす花火を見るのは初めてです。
周りの風景と一緒に花火が楽しめて、なかなかいいものです。

写真、携帯なのでどうもピントが合わず、
残念ですがピンボケで失礼します。










2週連続でナイタースキーへ行きました。
いつもナイターばかり(笑)
お酒を飲むと早起きがつらいからです。

ナイターだと、昼間の混雑でかなりバーンが荒れてコブが多くなりますが、
でも空いているので、マイペースでかっ飛べるので面白いですよ。

富士山のスキー場は人口雪なので、
もともとバーンがガチガチのアイスバーンなので、
夜でもコブはできません。
そのかわり、スケートリンクでスキーしているような箇所もあるので、
コケると相当に痛いですよ。
安全に楽しみましょう。

来週末は確定申告もあるので、スキーは行きません。













≪東京マラソン≫



昨日のナイタースキーで疲れているのですが、
知り合いの応援で、東京マラソンを初めて見に行きました。

まず驚くのは、すごい参加人数ですね。
途切れることなく、集団が目の前を駆け抜けていきます。

あと、仮装して走る人が多いですね。
ただ見ていても面白いものではなかったですが、
知り合いに会えて良かったです。







(2012/02/26)

カテゴリー:

富士の風景


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-505.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/505-1c0c3b50

でひでひ: >>ヒツジ草さん

こんにちは!
コメント頂いていたのに、しばらくブログを放置してしまいましてすみません。

久々に富士山を撮影してみました。
間近で富士山を眺めていると、時間帯、天気、角度・・・
様々な条件によっていろいろな顔があって、
富士山撮影も面白いなと感じました。
迫力ある山容を捉えるには、中判は最適だったかもしれません。

ヒツジ草さんもスキーに行ったことあるのですね。
僕はもともと雪景色が好きだというのもあるし、
そのうえ今回のような冬の花火まで見れてしまうと、
スキー以上の感動もあったりして、それがまたやめられないのですよね。
スキーもなんやかんや長年やっているので、
東京の人間にしては滑れるほうかもしれませんが、
やっぱり地元のオヤジ達には敵いませんね。
雪国のオッチャン達は上手過ぎます。

(2012/03/10)
ヒツジ草: 富士山!!迫力ありますね~。
中判の表現力はさすがですね。
冬の花火、寒そうだけど、
空気も澄んで綺麗なんでしょうね~♪
スキー、むか~し行ったけど、
アイスバーンなんて怖くていやだぁw
でひでひさんはスキー相当上手いんだなぁ、きっと。 (2012/02/26)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。