『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『暮れない街』  ~勝鬨・東京都中央区

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『暮れない街』  ~勝鬨・東京都中央区






東京の街は深夜でも暮れない。




-------



東京の空は夜でも明るいです。
月夜かどうかは関係なく。

そんな東京がすごく嫌いな時期もあったけど、
でも震災に遭って、初めて感じた光の素晴らしさ。

平和な光が、いつまでも灯し続けますように。




-------





今回の写真は、勝鬨からの写真です。
ここからの夜景が最近のお気に入りです。


手前に隅田川。

川沿いに築地市場。
築地市場もまた、夜も眠らないところです。

そしてその背後に平和な光を灯し続ける東京タワー。


この組み合わせがすごく好きなんです。
平和を感じる東京タワーの光、
そしてそんな東京を支える築地市場。
東京のすべてが見えるようで好きです。



あっ、勝鬨に夜景を見に行く方、
築地市場の休市日の前夜は避けたほうがいいです。
休市日の前夜は、市場も当然真っ暗ですので。
やっぱり築地市場が活発に動いているときに見る夜景のほうが、
感じるものがあります。
市場の休市日は、築地市場のホームページで確認できます。















≪仙台~松島の被災状況≫



前も書いたけど、
今月初めに、平泉、松島へ旅行に行きました。

松島は観光地としての復旧が早かったと聞きますが、
たしかにその通り、
海沿いの街もあまり津波の爪痕を感じるものはあまり残っていませんでした。

実際、松島は津波も1~2メートルほどの高さで済んだそうです。

松島は、仙台湾からさらに奥の松島湾にあるし、
松島湾の形状自体、入口が狭い東京湾のような形ですし、
さらに点在する松島の小島が津波から守ってくれたようです。

松島の被災当時の写真が貼られていました。



blog111003matusima-P1050570



周辺地と比べて被害が少なかったというだけで、
海沿いのお土産やなどは一階部分はすべて浸水。
家自体が持ち上がってしまったというお土産屋もありました。
再建を諦めて、街をあとにした方もいらっしゃるそうです。

今は、空き家となったお土産屋もありますが、
すっかりと街としては立ち直っています。
改装したからか、綺麗なお店が多いです。



blog111003matusima-P1050667


こちらは、遊覧船から見た津波の跡です。
ここは津波後に手を付けずにそのまま残されたそうです。



blog111003matusima-P1050718



新しく造られたと思われる、
津波時の避難誘導看板も目立ちました。




blog111003matusima-P1050594


blog111003matusima-P1050662


blog111003matusima-P1050679



松島、いいところです。

すっかり観光地として復活していますので、
よろしかったら、東北復興貢献のためにも、
行ってみてください。





次に、お隣の石巻の被災状況写真があったので、
ご覧ください。



blog111003matusima-P1050571



松島のすぐ近くとは思えないくらいの被害の大きさですね。
すでにテレビで何度も見ているような状況ですが、
現地で見ると改めてとんでもない状況を実感します。



最後に、バスから見た仙台海沿いの様子。


blog111003sendai-P1050545



ちょうど仙台東部道路を走っているときに車窓から撮影しました。

津波のとき、この仙台東部道路が津波をブロックしたそうで、
その通り、この道路を境に、海側はすべてやられていて、
陸側は変わらずの様子でした。

ご覧の通り、もとは田んぼだったのでしょう。
今はただの草ぼうぼうの野原でした。

この道路の陸側は、いつもと変わらず黄金色の田んぼが広がっていたのですが・・・

一番遠くに見える木の向こうが海だと思います。





今回は被災地見学に行ったわけではないので、
このくらいしか見ることができませんでした。

でもこれよりさらに酷い状況が、
三陸のほうでは起きているのだと思うと、
何というか・・・ねぇ・・・



でも松島の人々の明るい笑顔を見て、
みんな復興のために前向きに頑張ってるんだ!と思うと、
あまりいつまでも悲しい話題を書くわけにもいかないと思いました。


震災前と変わらず、多くの観光客が来てこそ、
現地の方も一番喜ぶのだと思いました。


お土産屋の方も、震災当時の話をいろいろと聞かせてくださいます。
そういう話をしっかりと聞いて伝えることも、
今後の防災観点からも大事なことではないでしょうか。



まあともかく、お酒もウマい!牛タンもウマい!
そんな仙台、松島へ行ってみてはどうでしょうか。

これから紅葉が綺麗になる11月上旬くらいにかけては狙い目だと思います。


↓↓超厚切り牛タン↓↓

blog111003matusima-P1050731


ピントが合ってなかったことにめちゃくちゃ後悔。
ピントがバッチリだったら、あと10倍美味しそうに見えていたと思います(笑)。












(2011/10/08)

カテゴリー:

東京の風景


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-490.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/490-e3cce529

でひでひ: >>空さん

こんばんは!
良かった!美味しさが伝わっていて(笑)!
今回は被災地としては松島しか行かなかったのですが、少なくとも松島の皆さんは明るく笑顔で過ごされていて良かったなと思います。
観光客も我々以外にもたくさんいましたし。
これからもっともっと観光客が増えて、街がどんどん明るくなるといいなぁと思いました。

東北の旅もなかなか楽しかったです。
20人くらいの参加者だったのですが、年配の先生方も多いし、参加者の中では自分が一番若いくらいなので、どうかなぁ・・・と思いましたが、本当にいい旅でした。
初日は世界遺産に登録されたばかりの平泉を見て、厳美渓で郭公団子を食べて、夜は仙台の温泉で宴会。
しかも宴会のあとでさらに(大きな声じゃ言えないですが)若手の先生たちだけで温泉街から仙台の国分町まで繰り出して夜遊びを満喫しました(笑)。
そして明日はいよいよ志賀高原まで行く予定です。
早く寝なきゃいけないんですけどね。
居眠り運転は恐いですから^^;

東京夜景も気に入って頂けてよかったです。
東京の夜空は明る過ぎるんですよね。
でもそれも東京なんだと、最近なんだか妙に素直に受け入れられるようになりました。
震災以降は、こんな明るい東京風景も好きになったんですよね。

(2011/10/09)
空: こんばんは♪

>ピントがバッチリだったら、あと10倍美味しそうに見えていたと思います(笑)。

いえいえ、十分美味しそうですよ^^
あらためて、震災の被害の甚大さを見せつけられた気がします。
日々の暮らしの中で、ともすれば、忘れてしまいがちな震災の経験。
やはり、この空間に身をおくことで新たに感じること、得ることも多いのだと思います。
記事アップ、ありがとうございました。

東京の夜景も素敵ですね♪
夜の明るい雲と町の灯が妙にマッチして、惹かれる写真です。 (2011/10/08)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。