『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『冒険の夏』  ~志駒林道・千葉県富津市

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『冒険の夏』  ~志駒林道・千葉県富津市


夏の房総半島の林道に入り込んでみました。

房総の林道はこんな素掘りのトンネルが多く点在していて、
なんだか冒険心がくすぐられるんですよね。

夏だから尚更。















≪夏の房総、林道探検≫




夏のお盆休み、
今年はほとんど出かけなかったのですが、
最終日に房総へ愛車と共に行ってきました。

そう、もちろん林道を走るため(笑)



休日1000円の特別割引は終わってしまいましたが、
アクアラインの割引は継続中です。
そんなわけで、浮島から乗れば、
軽自動車ならわずか640円で木更津まで渡れます。





blog110816-P1040827

(撮影:LUMIX 以下同じ)


アクアライン、気持ちいいですね!
広い海のど真ん中を走る快感!





blog110816-P1040828




アクアラインから館山道に入り、富津ICまで向かいます。
そこからちょっとだけ内陸に入り、
志駒というところまで行きます。

このあたりは志駒もみじロードと名付けられていて、
秋は紅葉の見所がたくさんあるようです。
覚えていたら今年の11月には行ってみようかと思います。



今回の目的の林道は志駒林道。
実はスーパーシェルパっていうオフロードバイクに乗っていたときに、
初めて来た林道がこの志駒林道。
道が荒れてて、泣く泣く途中で引き返したのですが、
途中まででも十分に秘境っぽさを味わえる林道でした。


途中、水汲み場があったので、
そこで美味しい天然水をガブ飲み。
思ったより冷たくなかったけど、
暑い日差しの中にこの水は最高にウマい!


で、いよいよ志駒林道。

ちなみに、林道入口までの道は、非常に分かりにくいです。
2回目にもかかわらず、ちょっとだけ迷いました。




blog110816-P1040833



ご覧の通り、入口から早速ダート道です。

ワクワクします(笑)



入って間もなくすると、
さっそく今回upしたトンネルがあります。




blog110816-P1040842




こちらの写真は、トップでupしたトンネルを反対側から写したもの。

素掘りなので掘った後が剥き出しのトンネルなので、
いつ崩れるか?みたいな恐さはありますけど、
それがまた楽しみです。
まぁ震災時にも耐えたのですから、かなり地盤は固いのでしょう。



-------

ちょうど五年前に来たときの写真が見付かりました。
06年1月に来てますね。
真冬だったので、今とは全然雰囲気が異なります。
トップの写真と同じ方向から写したものですね。

blog060104bousou12


-------




そして、今回の一番の難所。

というか・・・





blog110816-P1040845



道がない(笑)

普通ならここで引き返します。

でもここで引き返したらパジェミニ君に申し訳ない、
なんていう訳の分からん?ことを考える。

幸いこの薮の先には再び道が見えたので、
そこを目指して突進であります。



blog110816-P1040846




僕のようなボコボコの車以外では絶対にやってはいけません。
って、やる人いないでしょうけど(笑)

車がすり傷だらけになりますからね。



さらに薮漕ぎ。





blog110816-P1040852



こんなところを突進することに喜びを覚える俺って、、、
変態か??と思ってしまう(笑)




無事に薮から脱出しても、
道はこんなです。






blog110816-P1040850




軽四駆じゃないと走れないような道になりました。
さすがにパジェミにでも、Uターンがキビシイ道。


この先で、写真はないのですが、
第二の素掘りトンネル。


トンネルの中は一部落石と思われる岩が落ちているのと、
出口付近に広い水溜り。


岩は何とか超えられそうだったけど、
水溜りとぬかるみがちょっと心配。


明らかに誰も人が入らない林道で、
車がぬかるみでスタックしてしまったら洒落にならない。
しかも、携帯の電波も入らない。


ってことで、危険回避のため引き返すことに。

2度目のチャレンジも志駒林道走破できませんでしたが、
以前よりもさらに秘境度を増していたのでした。


でもさすがに道が細すぎてUターンすら出来ず、
片側は川で、転落したらヤバイ。
ってことで、しばらくバックのまま戻る。
両サイドが草で覆われているところが多くて、
道路の端が分かりにくく、バックでの走行もちょっと恐かったです。
でも何とか無事に引き返してこれてよかったです。





このあとは、房総に来ると毎回立ち寄ってる気がする大山千枚田へ。
(前回upの写真)



そして再び林道へ。

でも今度の林道は使われている林道で、
そういう林道は現代では急速に舗装化が進んでいます。

志駒林道は実質廃道みたいなものでしたからね。

廃道化したような林道はゲートで閉じられていることが多いのですが、
房総ではまだまだ楽しめるダート林道はありそうです。



その舗装された林道から見えた風景。




blog110816-P1040862



あまり感動するような風景ではないのだけど、
でも誰も居ない林道からこんな開けた風景を見つけてしまうと、
なんだか嬉しくなるんですよね。

一人でぽけ~っと眺めていたい風景でした。




最後は綺麗な夕空を期待して海へ。
でもこの日は雲の出方がイマイチ。




blog110816-P1040867


blog110816-P1040880




結局一眼ではシャッターを切れずに終わりました。

久々に真っ赤な空と海を撮りたかったのですけど、
残念です・・・。




そんなわけで、わずか半日でしたが、
それなりに楽しめた房総半島でした。

アクアラインのおかげで、
半日で房総まで遊びに行けるってこと自体が、まだ信じられない気分です。
以前なら遠い遠い房総半島でしたが。
遊ぶフィールドが広がって、嬉しいことです。












≪台風災害と日本 9月6日追記≫



まずは、このたびの台風12号による豪雨により被災された方々には、
心よりお見舞いを申し上げたいと思います。


今回の台風12号については、当ブログでも早くから警戒を申し上げてきましたが、
でも当初の関東直撃予想から、直前に大幅に進路変更があったことで、
東京在住の私からしたら、ちょっと安心な気持ちでいました。

が、まさかここまでの災害になるとは・・・
というのが正直な気持ちです。

当初の予定通り関東に直撃した場合、
関東の山沿い東斜面を中心に、1000ミリ程度の豪雨になるだろうとは予想できましたが、
今回は台風が偏西風に乗れずに迷走したおかげで、
さらに低速で進む結果となりました。

そのため、1000ミリどころか、
総雨量1800ミリ超した地点もあるほどでした。
近年の台風災害としてはかなり大きなものとなってしまいました。
今時点でも、死者不明者合わせて90人近くにのぼっている模様です。



今回の被災者には失礼かもしれませんが、
日本は地震、台風など自然災害の多い国ですよね。

台風にしても、昭和時代には今では考えられない程の被害をもたらした、
枕崎台風、室戸台風、伊勢湾台風などがあります。
いずれも死者数千人、伊勢湾台風にあっては、死者4000人以上の災害です。

記録を見ると、これらの台風はいずれも910hpa~920hpa程度で
日本列島に上陸しています。
最近ではここまで発達する台風は見ませんね。
今回の12号にしても、975hpa前後(間違ってたらごめんなさい)での上陸ですので、
正直、これくらいの台風ではまだまだ驚いてはいけないレベルだと思います。



3月にあった東日本大震災は、千年の一度の巨大地震、巨大津波となりました。
それと比べたら、台風は昭和だけで3つの大災害にやられています。

津波災害でも、まさか・・・と思って避難が遅れたことが、
最悪な事態をもたらしたと言えます。

台風についても、過去の例からしても、
いつ910hpa前後で列島を襲ってきてもおかしくないわけですよね。
昭和に3度も来ているわけですから。


ちなみに、伊勢湾台風で甚大な被害をもたらした高潮は、
なんと潮位3メートルを超えたそうです。
そこからさらに台風のうねりにより数メートルの高波ですから、
普通の堤防は易々越えてしまうでしょう。
津波同様の警戒が必要ですね。


最近の台風では、あまり高潮による被害って聞かないですよね。
それだけに、備えが遅れて大災害に結びつくことが恐いですね。



そうそう、関東・東北についても、
昭和時代にはカスリーン台風により大災害を受けています。

この台風は970hpa前後で房総沖を通過ということで、
規模的には今回の12号と同じくらい。
ただ前線とのコラボで大雨となり、
東京でも荒川などの決壊により、
1000名以上の死者が出たそうです。




少なくとも、僕が生まれてからはここまでの台風災害には襲われていません。
でも、昭和の時代だけでもこれだけの台風による甚大な災害の記録が残っているわけです。

これはもう、「想定外でした・・・」は通用しないでしょう。
震災対策はもちろんのこと、
首都圏を含め、全国で水害対策の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

伊勢湾台風クラスがもし関東に突っ込んできたら、
東京湾でも伊勢湾台風時の伊勢湾並の高潮が発生するかもしれないけど、
意外と語られていない気がします。

地震で痛んだ荒川や利根川の土手も心配だし、
数年前の豪雨で多摩川が下流域でも決壊しそうになったこともありました。

首都圏においても、大水害は他人事ではないですね。














≪中秋の名月と東京タワー 9月12日追記≫




今日もチャリンコで夜の東京タワーへ。

何度見ても、ライトアップされた東京タワーは夜空に映えてとても美しい。
特に今日みたいにスッキリと澄んで晴れた空だと、
空が真っ黒く沈むので、その分東京タワーが浮かび上がって最高に綺麗なのです。

さらにさらに、今日は中秋の名月。
そして満月。
中秋の名月と満月が重なるのは、6年ぶりだそうです。



東京タワーでは、そんな中秋の名月と東京タワーを同時に眺められるということで、
今日は月曜だけどいつもより人が多め。
駐車場のコンクリートに寝転びながら、
東京タワーと名月を見る若者がたくさんいました。


僕もちょっとだけお月見。



blog110912-20110912231100000




今日は空気も澄んで、
初秋らしい爽やかな夜でした。
お月見には最高でしたね。


そうそう、このところ残暑が厳しいけど、
でも一頃の暑さとは明らかに違う。

日中のジリジリとした暑さはないし、
夜も気温こそ高いものの、真夏のように纏わりつくような蒸し暑さはないですね。
半袖で風切って走っていると、ちょうど心地良いくらいの陽気です。

数字上は残暑厳しく・・・って感じだけど、
体感では明らかに秋を実感するようになった今日この頃です。



あっ、でも自転車に乗るには真夏の蒸し暑いほうが好きかな。
汗だくになるけど、そのくらい汗かいたほうが、
体がスッキリするんですよね。

最近は、心地良い分、あまり汗は出なくなりましたから。












(2011/09/03)

カテゴリー:


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-483.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/483-1bb06447

でひでひ: >>ヒツジ草さん

こんばんは!
そうそう、子供の頃の冒険の延長なんだと思います。
とは言え、この歳で薮漕ぎして喜んでいるのも僕くらいかもしれませんが(笑)
でも世の中僕以上の林道ファンはたくさんいますからねぇ。
やっぱ冒険心は大人になっても消えるものではないのかな。
そういう部分では知らない路地に入り込んでスナップするのも同じ間隔かもしれませんね。
僕も東京でもあえて知らない道を走ったりしますからね。
知らない道での新たな発見を期待してるんですよね。

台風12号は関東でも山沿いではかなりの雨量になりましたね。
うちのあたりではほとんど雨は降らなかったのですが、気になったのでマイブームなチャリンコで晴海ふ頭まで行ってみたら、海全体が泥水になってました。
昨日見た時点でもまだ12号による濁りの影響が残っていましたが、回復しないうちに15号ですね。
特に今回も紀伊半島方面を指向しており、紀伊半島では再び豪雨に見舞われることは避けられない状況になってきているようです。
土砂ダムが溢れるのも、もはや時間の問題かもしれませんね。
今回は関東でも警戒が必要なようです。

仰るとおり、僕も最終的には自分自身を守るのは自分自身の行動だと実感しました。
前も記事で書いた気がしますが、やはり“備え”というものが大事なんだと。
「大丈夫だろう・・・」が一番の命取りだと思いました。
常に最悪を想定して、迫り来る災害に適切に備えた人間が助かっているという面はあるのでしょうね。
もちろん、行政の適切な情報伝達も大事でしょうけどね。
和歌山県の土砂ダムではすでに警戒区域を設定して避難指示を出しているということで、人的被害は最小限で抑えられるんじゃないかなとは思っていますが、今度は新たな場所で災害が発生するかもしれないし、台風15号も今から各地で警戒が必要に思います。

(2011/09/20)
ヒツジ草: この前記事を読んでいいなぁ~と思ってたのですが、
コメント書きそびれてました。藪こぎw
なんていうか…、トンネルの先に何があるんだろう?とか、
こんな景色昔見たよな~とか、トトロのシーンを思い出したりとか、
そんな感じで読みました。子供の頃の冒険とか思い出しますね(^^)
自分の街の知らない路地に迷い込んだりしてスナップするのも、
同じような感覚があるなぁと思います。
最後に見晴らしのいい場所に出られて、やった!って感じですね♪

でもまあ、遭難しないように気をつけてくださいねw

この間の台風ではこの辺はあまり被害がなくてよかったけど、
雨雲レーダーで見てると渦を巻いた雲が同じ場所にぶつかって、
同じ場所に長時間雨を降らせていたようですね。
この辺の近くでは箱根とか伊豆の辺りは雨量が多かったみたい。
1時間あたりの雨量が一気に増えたりとかもしたらしい。
今回の被害は土砂崩れが多く、
避難勧告が出ていなかった場所もあったようですね。
洪水だったら川の水量は目に見えるので監視できるけど、
土砂崩れはどのタイミングで避難させるかという判断も難しいみたい。
今は土砂ダムの水量の監視をして予測しているようですけど、
被害が少ないことを祈ります。

地震、津波にしても今回の災害にしても、
最終的には自分を守るのは自分だなぁと思います。
いかに正確な情報を得て行動に移せるかなのでしょうね。 (2011/09/19)
でひでひ: >>happy×girlさん

こんばんは!
夏の山はいいですね。
草木が青々と力強く生きています。
そんななかを車で薮漕ぎするのも僕くらいのものでしょうが^^;
でも夏だからこそ、そんな遊び方をしてみたくなるっていうところもあると思うんですよね。
実は昨日も房総の大山千枚田まで行ったのですが、今回は林道薮漕ぎは止めておきました(笑)。

今年は本当に自然災害が多いですよね。
とりわけ地震の怖さばかりが先行していたように思いますが、台風も今回のように場合によっては地震以上の被害をもたらすものだということがよく分かりました。
大事なのは備えることだと思いました。
「いつも大丈夫だから、今回も大丈夫だろう・・・」
これが一番の命取りになる。
常に最悪な状態を前提にして、先手先手で行動することが、自分の命を大切な人の命を守ることに繋がるんでしょうね。

(2011/09/12)
happy×girl: こんばんは~。
夏らしい、素敵なドライブですね。
1枚目のお写真が爽やかで好きです。

台風の被害、本当にひどかったですね。
今年は地震、津波、台風と、自然の力を改めて認識させられた感じがします。 (2011/09/11)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。