『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『変わらぬ冬』  ~新潟県十日町市松之山

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『変わらぬ冬』  ~新潟県十日町市松之山





きっと昔から変わってないのだと思う。

なんだろう・・・
言葉ではうまく言えないけど、
震災を見たあとだけに感じる何かがある。



このブログでたびたび紹介している、萱葺きの家です。
このあたりの地域では、今でも所々に現役の萱葺きの家を見ることができます。

萱葺き屋根の葺き替えって、かなり大変らしいのです。
しかも、その技術がある若者も減っている。
トタン屋根のほうが現代では圧倒的に経済的。
そんな理由から、今ではほとんど見られなくなりました。



松之山に残されている萱葺きの家も、萱葺きの文化を残そうと、
地域の協力で葺き替えを行い、維持されているそうです。
もちろん観光目的という側面が大きいでしょう。

以前、ブログでこんなことを書きました。
なんかそれって自然な人間の進化じゃないし、
ちょっとわざとらしさをみたいなものを感じると。



ただ、今回の震災を見たあとにこの写真を見たら、
この家を残していることの意味みたいなものが分かった気がします。
(いや、普通の人は震災に関係なく分かっているのでしょうが・・・)



たしかに現代の人間の力からしたら、
こんな松之山の山奥にだって、もっと立派な現代建築の家は建てられる。
せめて屋根くらいはもっと合理的な方法の屋根がたくさんある。

でもそんな大昔からの人間の伝統が、今もこうして残されているだけで凄いことだとしみじみ思いました。
世界有数の豪雪地、これまで幾度もの豪雪にも潰れずに残ってきた。
しかもここ数年だけで、3度の大地震。
特にこの前の長野県北部地震は、震源がすぐ近くでかなり揺れたはず。
それでも今でも変わらず人が暮らしているのです。


人間の力は、やはり自然に対しては無力な部分があります。
それは今回の震災で嫌というほど見せ付けられました。
ほんの数分で、人間が築き、繁栄の証である街の姿が消え去ってしまったのだから。

そんなことを思うと、
人間の力で築き、そして人間の力で維持されてきたこの家が、
今も変わらず雪にも雨にも地震にも負けずに残されていることこそ、
本当に素晴らしいことだなと、強く感じました。


この家も江戸時代から変わらない豪雪地特有の中門造りの家です。
いかに昔から人間の知恵は優れていたかという証しだと思います。

もちろん今後も萱葺きの家を残しておくべきかというのは、別の議論になると思いますが、
とりあえず今日まで維持されてきたこの姿に感動します。














≪電力の今後≫



「脱原発」を高らかに宣言した菅さんも、
ついに退陣するようですね。

個人的な考えですけど、
菅さんは野党時代から好きな政治家でした。
理論派で言うことに説得力があったし、
自民党に正面から噛み付くあのパワーを見たとき、
日本を良くするには菅さんしかいない!とさえ思えました。

それだけに、いざトップに立ってからの元気のなさには、
少々ショックでした。
まあこのネジレの状況では、野党時代の元気は出せないでしょうが、
それ以上に大事だと思ったのは、やはり統率力つまりリーダーシップです。
菅さんは策もあるし、最近の発言を聞いても、
わりと国民目線での策を打ち出していたと思います。
個別の発言に反対の国民は少なかったと思います。
(民主党のマニフェストはまぁ・・・あれだけど・・・。)
それでも国民や党内、さらに執行部からもダメだしされ・・・
何が言いたいかというと、やはり組織のトップに立つ人間には、
リーダーシップという能力が絶対的に必要なのだと。
菅さんにはそれが欠落していたのかもしれません。
と、今の状況を見てそう思いました。

でも同時に、今の政治の世界では、そういったリーダーシップがあり、
かつ、改革を推進してくれるようなトップは現れないだろうなとも思います。
長年築いてきた体制があるでしょうから、
それを覆すのは容易ではないでしょうし、
当然反対勢力からの圧力も相当なものだと思います。


そんななか、菅さんが公式の場で脱原発宣言をしたことは、
最後に菅さんらしさを見た気がします。
もし他の首相だったら、言えてたでしょうか??
自民党はもちろんのこと、民主党の議員だって、
なかなか発言できなかったことではないでしょうか。

菅さんは「若い世代に引き継ぐ」と言っています。
もちろんこの脱原発の意思についても、多くの国民は
引き継いで欲しいと願っていると思います。



さて、そんな脱原発の方向性の一つとして、
再生可能エネルギー法案が可決の見通しとなりました。
これが自然エネルギー普及に向けた第一歩となればいいですね。

ただ、これにより特定の事業者が利益を独占して、
そのツケとして電力料金値上げとなって国民や企業の負担増に繋がることは避けなくてはいけませんね。
これでは新たな電力利権を産むだけです。

つまり言いたいのは、
日本の産業全体として、原発から自然エネルギーへの転換に取り組める環境作りだと思うんですよね。
だから今回の再生エネルギー法はその第一歩であって、
国が主導でさらに自然エネルギー普及に向けた取り組みを推進すべきと思います。

例えば、最も注目されている太陽光発電は昼間しか発電できないし、
雨季に入ったら発電効率はかなり落ちますもんね。
それをカバーするには、大規模な蓄電池の開発なども必要になるだろうし、
あるいは家庭や企業単位で蓄電できる仕組みも有効かもしれないし、
最近よく聞くスマートグリッドの開発かもしれない。
少なくとも省エネの観点からも、スマートグリッドの実現は今から議論すべきと思います。

だから本当に脱原発に向けてやる気があるのなら、
早くそういった総合的な観点からの議論をして欲しいし、
このまま菅さんが辞めた後、
再生エネ法だけが何となく残った・・・
なんてことにならなければいいけど、と思います。

様々な利権を抱えた現状を変えていくには、
やはり世論が主導になって強烈に訴えていかなければ、
なかなか旧電力体制は変わるものではない気がします。
でも世論もマスコミ次第・・・みたいところを感じるし、
今後どうなっていくかは、まだまだ未知数といったところでしょうか。

だからこそ、今度の代表選では、
そのあたりの方針もしっかりと明確に示して欲しいと思います。
しがらみを気にして明確に脱原発を言えないような人は、
僕個人の感情としては、あまり首相にはなって欲しくないし、
それが世論としてしっかりと反映されることを望みます。





ははっ、
金曜だからって夜遅くまで書き殴ってしまいました(笑)。












(2011/08/13)

カテゴリー:

棚田とブナの里【松代・松之山】


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-480.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/480-4df99c5c

でひでひ: >>happy×girlさん

こんばんは!
残暑厳しいですね~
夏バテしてませんか?
次の週末ぐらいには一旦涼しくなる予報が出てますが、どうなりますかね。
僕としてはそろそろ夏はもういいやって気になってきてますけど。

そんななか、ガラッと季節ハズレな写真ですが、でも180度違う季節の写真だと、なんだか新鮮味を感じますね。
おぉ!そうそうそういえばhappy×girlさんの誕生日撮影じゃないですか!
冬の新潟はここ数年でもう数十回行っているのですが、なんと太陽とご対面できたのはこの日だけなんですよ。
晴天率1割にも満たないです。
そっかー、晴れ女happy×girlさんの誕生日だから晴れたのかな?(笑)
その分、巾着田、北海道と大変な猛暑の撮影だったようですね。
晴れもほどほどにってところでしょうか。

ではでは、美味しいものたくさん食べて暑さを乗り切ってください!

(2011/08/15)
happy×girl: こんばんは~
毎日暑くて、雪が降り積もっているお写真を見て、
冬が懐かしいな~って思いました。

そ、それに!!お写真の撮影日が私の誕生日だし^^

電力も心配ですし、早くもう少し涼しくならないかな、って思います♪ (2011/08/14)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。