『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『産声 ~橅林より』 ~美人林・新潟県十日町市松之山

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『産声 ~橅林より』 ~美人林・新潟県十日町市松之山



浅い春の日。

ブナの新芽が弾けて、
いよいよ始まったブナ林の春。



-------



今年もGW一発目に美人林へと行ってきました。

ここ数年、毎年GWにはこちらの地方にお邪魔していますが、
今年は平成18年に次ぐ残雪の多さですね。

美人林の林内の積雪は、平均すると50センチくらいで、
多いところで70~80センチくらいあるでしょうか。

芽吹きも始まったばかりで、まだまだこれからが美しい春の本番です。












≪今年も春の美人林へ≫



行ってきましたよ。

ただ今回は、湯沢の神立高原でスキーの滑り納めをして、
それから美人林へ向かいました。
自分で言うのも…だけど、相変わらずすごい日帰りスケジュールです(笑)。



当日、朝7時過ぎくらいに東京を出発。

実は前の晩にジャズ屋さんで遅くまで飲んでしまって・・・
6時出発の予定が、寝坊。

そして、GWといえば、大渋滞に巻き込まれました。

練馬入口を入るなり渋滞で、
そこからほぼ途切れなく、花園ICまでの大渋滞です。

で、スキー場着は、なんと12時半になってしまいました。
湯沢まで5時間ちょっと掛かってしまいました。

一瞬スキーを止めてそのまま松之山へ直行しようか・・・
と悩みましたが、今シーズン最後と決めていたので、
一応滑ることに。





blog110429-P1040651



上は、岩原スキー場。
標高が低く南側斜面の岩原ですら、
まだまだ滑れそうなくらい雪があります。
が、地震の影響で、岩原は4月の第一週で営業を終了していますが。





blog110429-P1040654



で、神立スキー場。

ここもそれほど標高は高くありません。
でも今年は残雪が多いので、5月8日まで営業するそうです。

でもさすがに先々週と比べて、雪はすでにだいぶ汚れた雪になっています。





結局スキーを15時までして、
15時半に神立スキー場をあとにしました。


ちなみに、桜前線は今のところ湯沢辺りでほぼ満開を迎えているようです。
帰りにスキー場の近くに雪の上で咲く綺麗なヤマザクラを見つけたのですが、
撮ろうかなぁ…と考えているうちに通り過ぎてしまい、
まぁまだ桜を撮るチャンスはあるさ!
ってことで、美人林へ急ぎました。
が、松之山辺りではまだまだ桜は咲き始めでした。
湯沢で撮っておけばよかった・・・
と良くある話ですけどね。



さて、忘れちゃいけないのが、
今回は昨年までと違い、被災地に向かっているわけです。

長野県栄村の被害がクローズアップされますが、
地震があったのは、長野県栄村と新潟県津南町、新潟県十日町市の本当の県境付近で
被害が甚大になっています。
とりわけ、栄村の青倉集落あたりの被害がでかいわけですが。
でも、本当に局地的な大地震だったことが、
土地勘のある人間なら良くわかります。



で、十二峠を越えて津南町に入ると、
そんな地震の影響と思われる道路工事がちらほら。


さらに、ところどころでこんな地震の爪痕が見られました。




blog110429-P1040662



震災直後は、あちこちでがけ崩れが道路を寸断していたようですが、
今は多くのところで復旧しているようです。
写真は松之山の手前くらいのところだったかな。


先に地震のことを書きますと・・・


津南町の中心地あたりまでは、わりと普通な感じです。

そこから国道117号を飯山方面へ向かうにつれて、
地震の影響が色濃くなってきます。

ちょうど県境の宮野原から先は、
今でも大型車の通行が制限されていました。

そして、県境あたりまで行くと、
あちこちに地割れの補修跡があり、
また道路脇の歩道部分が崩れていたりといった状況でした。

僕が通過したのはすでに薄暗い時間帯だったので良く見えませんでしたが、
県境付近から先では、傾いたような駐車場なんかも目に付きました。


そういえば、何日か前の日経新聞夕刊に、
栄村の震災のことが書かれていました。

栄村では青倉を中心にかなりの数の倒壊家屋があります。
が、人口の大半は65歳以上の高齢者であることもあり、
危険家屋もほぼそのままの状態になっています。
建て直すにも、高齢者だけの家だと資金的にも無理があるし、
どうしようもないというのが実情なんだと思います。

今回、これだけの倒壊家屋があったにも関わらず、
栄村の震災による死者はゼロだそうです。
ちょうど被災地にある森宮野原駅では、
7.85メートルの日本最高積雪を記録したほどの豪雪地帯でもあり、
この地方の家の柱は非常に太く、かなり丈夫な家だそうです。
地元の方が言うには、この豪雪に耐える丈夫な家ですら、こんな状況になってしまった・・・
ということです。
いかに局地的にかなりの揺れの強さであったことがわかります。


そうそう、ちょうど今回被害がもっとも大きかった地区の近くで撮った写真がありました。




blog070429tikumagawa02-3201



宮野原橋で撮った鯉のぼりですね。
千曲川に架けられています。

ここから被害の大きい青倉集落までは、
1キロか2キロくらいでしょうか。

この橋の周辺道路もかなりやられていました。

今年はこの鯉のぼりは架けられているのでしょうか。
今回はここを通過したのが薄暗い時間帯だったので確認できませんでしたが、
またこんな優雅な泳ぎを見せていただきたいものです。





さて、話は美人林へ戻ります。

湯沢から美人林へは1時間ほどで到着。
16時半くらいでした。

まず第一印象は、今年は雪が多い!



blog110429-P1040699


blog110429-P1040671





芽吹きもまだ浅めでしたが、
残雪の上の新緑は見事です!




blog110429-P1040673




残雪の量は、平均して50センチ前後でしょうか。
多いところは70センチくらいありそうでしたので、
林内を歩くときは、よそ見して根開け穴に落ちないように要注意です。


ちなみに、駐車場までは完全に除雪してありましたが、
美人林へは入口からずっと雪ですので、
観光には防水靴又は長靴がいいかと思います。

ただ雪が締まっているので、
スニーカーでも何とかなるかもしれません。





最後に、美人林近くの棚田の様子です。




blog110429-P1040709


blog110429-P1040704





まだまだ雪の中に眠っています。
眠りから覚めるには、あと一週間くらいは掛かるでしょうか。


そして、雪が消える頃、
こちらではまた新たな被害が見えてくるのかも?と心配になります。

すなわち、田んぼが使える状態なのか。
地震でダメになっていないか。

米どころだけに、今年もまた美味しいお米が作れればいいのですが。



というわけで、春まだ浅い松之山でした。

GW中にもう一回行けるかもしれません。











(2011/05/02)

カテゴリー:

棚田とブナの里【松代・松之山】


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-467.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/467-1b0bd298

でひでひ: >>ヒツジ草さん

こんにちは!
はい、さっそく行ってきました。
そして4日も行ってました。
雪融けは遅いと思ってましたが、暖かさで融けるスピードもあっという間ですね。
5日後だけど、見る風景は全然季節感が違うものでした。
でも昨年よりは春が遅いようで、中子の桜もまだ咲き始めでした。
でも雪はほぼ融けてしまったので、今年も残雪の上に満開の中子桜とはいかなかったようです。
現地で食べた山菜の天ぷら、今年もウマかったっす(^^)

地震被害の凄さはよくわかりました。
また次回の記事で紹介しますけど、おっしゃるとおり地盤の地質が被害に大きく影響しているようで、被害はかなり局所的に甚大なものになっていました。
4日の時点でまだ雪に覆われている田んぼも多いので、とても心配ですね。
でも雪にはそんな優しい役割もあるのですね。

↓の写真もありがとうございます。
春の撮影では、わりと晴天に恵まれることが多いのですよね。
でも今年は・・・でしたが。
福島の桜、今年もきっと気持ちよく花を咲かせていることでしょうね。

(2011/05/07)
ヒツジ草: さすが、行動派のでひでひさん!
松之山にもう行かれたのですね~♪
今年は雪解けが遅いんですね。
雪に芽吹き、いい感じですね♪♪
また、後半も行かれてるのかな~?
私は今年はなんだかいろいろバタバタしてて、
この連休はグループ展の会場に行くくらいかな。
一日くらいどこか出かけたかったのだけど。
(また、山菜買いに行きたかったなぁ。。)

地震の被害は心配ですね。
新潟あたりは地盤の関係なのか、
被害は局所的のようですけど、
震度6以上になると家もひとたまりもないんですね~。
私もや新聞でも取り上げられているのを見ました。
家に積もった雪は重みで家を潰してしまうけど、
地面の雪は布団のような役割をして、
下の土が凍るのを防ぐなんて聞いた事があります。
雪が田んぼが崩れるのを、防いでくれているといいのですけど。

最近は余震も大分少なくなってきましたが、
でひでひさんもお出かけの時は、気をつけてくださいね。

↓のスキー場や桜の写真も清々しくて気持ちがいいですね! (2011/05/04)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。