『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『閉ざされた中津川』 ~穴藤ダム(秋山郷)・新潟県津南町

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『閉ざされた中津川』 ~穴藤ダム(秋山郷)・新潟県津南町




本格的な冬の到来を迎えた秋山郷、

中津川の水面は氷り、辺りは氷雪に閉ざされた世界となりました。





-------




秋山郷に入ってすぐのところにある、
穴藤のダムです。

雪も結構降っている中でしたが、
氷った水面と雪景色が綺麗だったので、
頑張って撮影しました。













≪冬始まる秋山郷へ①≫



もうだいぶ前になってしまいましたが、
お正月に行った秋山郷です。


昨年12月は非常に暖かく推移していましたが、
クリスマス前後から、急に猛烈な寒気に襲われている日本列島。

しかし、寒気は西風に乗って入ってくるという、ちょっと特異なパターンで、
会津や鳥取大山などで記録的な雪になったわりには、
普段豪雪の新潟中越地方などでは、それほど降りませんでした。
この日の津南町アメダス積雪は60センチほど。


それでも関越トンネルを抜ければ、この美しい雪景色!
コンデジ撮影で、ちょっとアンダーですが、
白銀の美しい山でした。



blog110102-P1040002





そうそう、今回からコンデジが変わりました。
Lumix TZ3 という、Lumixのちょっと古い機種を友人に譲ってもらいました。
今までオリンパスμはかなり古いやつを姉から譲り受けたもので、
それと比べたら、すごい画像が綺麗で満足してます。



いつもどおり、国道353で十二峠越えをして、津南町へ入ります。

この道でいつも目に入る、“食堂353”。



blog110102-P1040006




昨年1月16日に訪れたときは、こんな雪でした。



blog100116-P1160059




今年も、今行くとこの程度の雪は積もっているようです。
現在、津南の積雪は2メートルを超えています。



十二峠付近。
美しい!!



blog110102-P1040008




やがて津南町に入ると、急に雪が強まりました。

横殴りでこの降り方です。



blog110102-P1040011





この時期の日本海側の雪は、
東京で例えるならば、夏場の夕立のように積乱雲によるものです。
なので、急に強まったと思ったら、止んで晴れてきたりの繰り返しです。
もちろん、本格的なドカ雪のときは、この限りではありません。
積乱雲が一日中掛かり続けて、一日で1メートル近く積もらせます。


ところで、豪雪地の積雪量、
なかなかこの積雪だけでは、降った雪の量を判断できません。
というのは、さすがにこの積雪になると、雪の自重で潰れていくのです。
積雪が1メートルを超えたりすると、
雪が降っているのに、積雪量が減少していくようなこともよくあります。

昨年は津南で3メートルもの積雪を観測しましたが、
昨年はドカ雪が数回で、一気に3メートルに達しました。

それに対して、今年はジワジワと積もって2メートル超。
トータルの雪の量は、すでに昨年とあまり変わらないかもしれません。
しかも月末にはまた猛烈寒波の予想をはじき出していて、
このまま行くと、2月上旬くらいをピークに、
災害に結びつきやしないか、ちょっと心配です。




さて、やがて秋山郷に入りました。
天気はほぼ一日雪。
結構降ったかと思いましたが、
帰ってアメダスのデータを見てみると、
ほとんど積雪は増やしていません。
本格的なドカ雪のときは、とんでもない降り方になるんだろう…と実感。




秋山郷の入口付近の道路です。
非常に狭いです。

ちょうど、対向車が来ました。




blog110102-P1040024





左にわずかにあるスペースで、
すれ違います。


無理して突っ込むと、、、
どちらかがバックする羽目になります。

秋山郷では、譲り合いが本当に大事です。



このあたりで、今回の穴藤の写真を撮影して、
そのあとは見倉へ向かうことにしました。


見倉へ向かう道は、フカフカのパウダースノーでした。
車で走るのが勿体ないくらいに、綺麗です!




blog110102-P1040033




ちなみに、前回upした清水川原集落の写真は、
帰り際にもう一度この辺りに寄って撮影しました。



最後に、見倉付近から見た山景色。




blog110102-P1040037




白銀の山!
本当に美しいです。
これで晴れてきちゃったりしたら、
興奮しすぎちゃうところでしたが、
今回は晴れませんでした。。。




続きはまた次回以降に。







(2011/01/22)

カテゴリー:

豪雪の山間集落【秋山郷】


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-451.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/451-32041005

でひでひ: >>happy×girlさん

こんにちは!
今年は本格的な雪の降り始めがクリスマスくらいからだったので、この日はまだこれでも60センチほどと雪は少なめです。
実は昨日も行ったのですが、昨日は積雪も2.5メートルほどだったので、このときとは見る景色もガラッと変わって、本当に雪に埋もれているように見えました。

雪道は疲れますね、我々は慣れてないですしね。
北海道の人は、夏でも速い!と思って見てましたが、冬も速いのですね(笑)
それだけに死亡事故も多い北海道ですから、我々はゆっくり安全に行ったほうが良さそうですね。
新潟の人はあまり飛ばす人はいないんですよ。
むしろ地元の人のほうがのんびり走っているくらいです。
道も細いし、町も狭いですからね。

(2011/01/30)
でひでひ: >>かぷちーのさん

こんにちは!
このあたりは流れが淀んでいるので氷っていましたけど、さすがに流れのあるところは凍っていませんでした。
さすがに北海道のほうが、気温は低いと思います。
でも今年は津南も、昨年までは見たことないくらい低温下で雪が降っています。

ちょうどこのすぐ下流に小さなダムがあるのですよね。
なので、流れが淀んで氷ったようです。
中津川は、このあたりと、あと猿飛橋の下の深みも冬期は凍ってしまいます。
実は昨日もちょこっと秋山郷へ行ったのですが、このあたりは氷った川面に雪が大量に積もって、川の風情はまったくありませんでした。
このくらいがちょうどいい風景だったと思います。

この日はほぼ一日雪だったので、道路もフカフカでした。
綺麗で、雪の上に跡を残しながら走るのは気持ちがいいけど、さすがに何十キロもこんな細い雪道だとかなり疲れます。
秋山郷の最奥までは行かずに、今回は疲れて途中で引き返してきました^^;

(2011/01/30)
でひでひ: >>ヒツジ草さん

こんにちは!
綺麗な雪景色でした。
今の時期は積雪が多すぎるので、このくらいの積雪が一番綺麗なときかもしれません。

撮影時は結構雪が降っていて、タオルでカメラを雪から守りながら、自分の頭には雪を積もらせながらの撮影でした。
そんな天候だったので、仰るように柔らかい雪景色になったと思います。
あと、雪景色のときにベルビア50は硬すぎると感じたので、今年はプロビア100Fを買い込んで行きました。
のちに、雪が止んだ後の雪景色も撮影できたのですが、プロビアでも結構硬い感じに写りますね。
僕としては、できることなら新潟らしくガンガン前が見えない程の大雪の写真も撮ってみたいのですが、撮影も大変だろうし、行くのも怖いですね。

(2011/01/30)
happy×girl: 凄い雪ですね。
お正月でこのくらい積もるなら、2月にはどうなるのかなって思いました。

こんな雪道を走るのは大変そう。
私が北海道に行ったときは、雪道が怖くてソロソロと走っていましたが、
地元の人は雪道を楽しむかのように滑りながら、猛スピードでおきこしてゆきました。 (2011/01/29)
かぷちーの: 川、氷ってるのですね。
北海道へ行った時、川はさすがに氷ってないなぁ
なんて思いながら見ていたのだけど・・・
川が氷るってかなりの寒さ、ですよね。
氷雪に閉ざされた世界、白銀の山・・・なんとも美しい世界。
ふかふかのパウダースノーの中を走るのは、車でも気持ち良さそうですね。
こんな白銀の世界、ゆっくりのんびり堪能したいなぁ。。。 (2011/01/29)
ヒツジ草: すごく綺麗ですね。
雪国の人にとっては綺麗とか言ってる場合じゃなく、
死活問題なのだけどもね。

お天気の時はコントラストがはっきりして、
硬い感じがするんだけどこういう曇り空の時は、
優しい感じがしますね。雪に包み込まれてるような。
パウダースノーだからこんな風な積もり方になってるのかな。
↓のお写真もいいですね♪

(2011/01/27)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。