『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『段丘桜』 ~新潟県十日町市~

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『段丘桜』 ~新潟県十日町市~


津南町は9段に及ぶ日本一の河岸段丘の町です。
段丘面の端に沿って桜が植えられている箇所が、津南には数箇所あります。

雲ひとつ無い晴天の下、非常に清々しい空気でした。











≪恒例のGW春の松之山撮影-その1≫




そんなわけで、ヒツジ草さんとかぷちーのさんと行った松之山撮影の続きです。


越後湯沢駅でヒツジ草さんと合流し、
いよいよ撮影開始です。




実はヒツジ草さんと合流する前に、
かぷちーのさんが関越道を走る車窓から、いい鉄橋と桜と雪山風景を見た!
ってわけで、津南方面へ行く前に寄り道。

それが前回upした桜と雪山の写真、
『山間からの花便り』
の場所です。


のちに調べたら、毛渡沢鉄橋という鉄橋でした。
興味のある方は検索してみてください。

すごいいい雰囲気の場所なんだけど、ひとつとっても残念だったのは・・・
ここ、発電所の脇なんです。
いろいろと写真を撮ろうとすると、
発電所の施設が写り込んだり、電線が邪魔だったり・・・
まぁ撮影にはそういったことは付き物ですけどね。

でもあの鉄橋の発見は面白かったです。
かぷちーのさん、ありがとうございました!





そんな寄り道もあったけど、
いよいよいつもの十二峠を越えて津南町へ出ます。

十二峠と言えば、峠のトンネルのど真ん中で車が止まってしまったり、
猛吹雪でホワイトアウトを経験したり、雪で何台もの車が立ち往生していたりと、
とっても過酷なイメージの峠ですが、今回はこの日のお天気同様、
穏やかに通り過ぎることが出来ました。


そして、まずは見倉のカタクリを見に行こう!ということになりました。
今年は春が遅いので、開花しているか心配でしたが・・・




見倉の様子はまた次回以降upするとして、
その前にまた寄り道です。


清津川を渡り、段丘を一気に駆け上がったところにある一列の桜。
今回upした写真です。

桜はまだ蕾も多かったけど、
雲ひとつ無い快晴だったので、これがまた本当に清々しいのですよ!
先には雪山が見えるし、段丘面には広大な田畑が広がっています!

撮影データに書いたとおり、ここは撮影地は十日町市になってますが、
津南の米原段丘と地形上は同じです。
桜の木の向こうは崖になっていて、
そのはるか下に清津川が流れています。



blog100503-P5030009
(コンデジオリンパスμにて)


この高さ、分かってもらえたでしょうか?
河岸段丘は川の流れの侵食と隆起を繰り返してできるのですが、
それでこれだけの段差ができるんですよ。
自然のエネルギーってすごいですよね。

下から見ると山のように見えますが、
上ってみると、上は平らな台地が広がっています。

ちょうど上のコンデジ写真で見ると、
川の対岸側も段丘地形になっているのが分かりますね。
こちらほどの段差ではないですが、河岸段丘の仕組みが良くわかりますね。






blog100503-P5030014
(コンデジオリンパスμにて)


ご覧の通り、段丘面は広大な田んぼが広がっている米原段丘です。


この広大な風景も、今年の真冬はこんなでした。




blog100116-P1160071
(コンデジオリンパスμにて)


積雪3メートルを超えると、道路と田んぼとの境もまったく分からないくらいですね。

それにしても、これだけあった雪が今は綺麗になくなっているのだから・・・

本当に激動の四季ですね。

だから好きなんですが。





さて、次は秋山郷見倉集落からです。













(2010/05/16)

カテゴリー:

その他津南町周辺の風景


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-389.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/389-84f71b6e

でひでひ: >>ヒツジ草さん

こんばんは!!
本当に気持ちのいいところでしたね!
青空があまりに美しかったので、山は下ギリギリに配置させて、ほぼ全面青空で構成してみました。
この爽快さが気に入った一枚でした。

段丘の仕組みも面白いですよね。
ここも明確な段丘だったし、あと最後の中子のあたりも急な段丘でしたね。
初めて見たときは、山を削っているのか??と本気で思ったんですけどね。
そうじゃなかったです^^;
でもこうして地球のパワーに触れているようで、面白いですね!

(2010/05/21)
ヒツジ草: 桜を見上げて花が降り注いでくるような感じがいいですね~。
気持ちのいい青空でした(^^)
地平線を縁取って雪の残る山並みがレースみたい♪
撮ってるときは山並みは全然目に入っていなかったのだけど、
この土地の雰囲気がよく出ているなぁと思いました♪
段丘の上ってホントに平らで面白かったです。
河岸段丘って社会とかで習ったような気もするけど、
目の当たりにすると感激もひとしおですね!
(2010/05/20)
でひでひ: >>かぷちーのさん

良かったですよね~
僕も今でも思い出します。
超気持ちいい場所でしたね!

コンデジで撮った清津川の写真が、あとから見たら河岸段丘の地形が分かりやすく撮れていました。
でもこの写真を見ていてちょっと思ったのですけど、この地を開拓するには河岸段丘の地形は好都合だったのでは?と思ったのです。
もし段丘になっていなかったら、このあたりも秋山郷みたいな深い谷だったかもしれません。
段丘地形だったから、平らな台地に田んぼはたくさん作れるし、人々も暮らしやすいし、
これだけの豪雪地でも町として発展したのも、河岸段丘のおかげ??とも思ってしまったのです。

いよいよ写真整理してupですか~
楽しみに待ってます!!

(2010/05/17)
かぷちーの: あぁ、いいですね~。
一枚目を見ていると、あの時の青空と桜と雪山の気持ち良さを
改めて思い出します。
そうそう、今回は特にこの辺りのエリアって河岸段丘の町なんだな
というのを強く感じました。
侵食と隆起の繰り返し、自然の力って本当にすごいですよね。
人間の力がいかにちっぽけかって思い知らされる気がします。

でも、あの鉄橋は、わざわざあの場所を探して立ち寄ってくれた
でひでひさんのおかげで見つけられたのですから
お礼を言われるほどのことではないですよ~。
そんなすごい場所だとは高速から見たときは全くわからなかったですしね。
こちらこそ、寄っていただいて、ありがとうございました<(_ _*)>
米原段丘の丘も、広大でなんとも気持ちのいい眺めでした。
私も、そろそろ写真を整理しなければ。
まだスキャンしたきりで。。。^^;
今週半ばぐらいにはなんとか始められたらと思ってます。
(2010/05/16)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。