『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『風雪の森』 ~秋山郷上の原・長野県栄村~

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『風雪の森』 ~秋山郷上の原・長野県栄村~




つかの間の落ち着きを取り戻した森。

木々には昨夜までの風雪を物語る雪の跡。

左後方から横殴りの雪が吹き込んでいたことが分かります。

厳しい厳しい秋山郷の冬はまだまだ明けません。













≪積雪324センチに達した豪雪地巡り①≫




そんなわけで、僕が大好きな津南~秋山郷に行ってきました。

実は、今冬初です。
最近はドライブの楽しさから日本海抜けコースばかり走っていたので。



この日、津南アメダス毎時観測で最大324センチの積雪となりました。
そりゃもう、想像を絶する雪の量にビックリしました。

テレビでは最近よく豪雪の津南町の様子が
報道ステーションなどでたびたび放映されていましたが、
やっぱり実際に足を運ぶと、ビックリするくらいの雪の量です。

年末年始に行ったときもかなりの雪の量に驚きましたが、
それでも150センチ程度だったのですよね。
今はその倍です。

しかも雪は積もれば積もるほど、自重による沈み込みがあるでしょうから、
そりゃもうどんだけの雪が降ったんだろうってことです。



しかも今回は秋山郷まで足を伸ばしました。

秋山郷へは、「雪道に自信のない方はご遠慮ください」みたいなことが
旅館のHPなどに書かれていたりするし、
しかも、雪崩が発生すると即、孤立状態に陥るのが秋山郷です。
平成18年の豪雪時はあちこちで雪崩が発生して、
長期間孤立状態に陥ったわけです。

そんなわけで、一瞬考えましたが、やはり好奇心には勝てませんでした。

でも本当に行ってよかったです。
去年の冬の秋山郷も良かったけど、
今年のような豪雪年の秋山郷ならではの美しさがありました。










昨日まで強い冬型で新潟の上越や中越地方では、
一気に新たに1メートル以上の雪が積もりました。

で、今日は雪も弱まる予報で、絶好のスキー日和!
ってことで、関越道は朝から大渋滞。

鶴ヶ島から所沢まで渋滞しているとのことだったので、
中央道から行くことにしました。


家を出たのは、相変わらずのんびり屋なので8時40分。
まぁ昼くらいに着けばいいや・・・くらいな感じです^^;



中央道、正面にはクッキリ富士山!!

(以下、デジカメオリンパスμにて撮影)



blog100116-P1160038


最高に気持ちのいいスタートでした!


でも関東地方って本当に面白いですよね。

練馬ICから約100キロの前橋までは同じく快晴。

しかし前橋の先に、雲の壁が出来ているのです。

120キロポスト付近沼田ICまで来ると、雪化粧。
そして、水上の関越トンネル入口。





blog100116-P1160040


ここまでは大した雪の量じゃないです。

ここから全長約11キロの関越トンネルを越えると・・・・・





blog100116-P1160042


「新潟県へようこそ」

「ヘイ!毎度!」
って感じですが。。。^^;

はい、そこは一面の銀世界!と言いたいところだけど、、、
見えるのは雪の壁のみです(笑)



ここまでの関越道の流れは、これまでいったい何度書いてきたことか・・・(笑)
でも今回の雪の量の多さは、これまでの比ではなかったです。

また次回以降、いろいろと紹介します。






三浦と津南・秋山郷を交互にupしますね。










(2010/01/23)

カテゴリー:

豪雪の山間集落【秋山郷】


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-357.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/357-ee14ecd6

でひでひ: >>かぷちーのさん

こんばんは!!

『風雪の森』とタイトルをつけたものの、何が風雪なんだ??と理解されないのではないかと心配しましたが、読み取っていただけて良かったです。
撮影時は時折小雪が舞う程度の安定した天気だったので、林の奥までビッシリと幹に雪の線が入っていることが信じられませんでした。
やはり荒れ出すと凄いのでしょうね。
そんな自然の荒さを知ったようでした。

雪の壁、凄かったっす。
これからまた津南の街中なんかも紹介しようと思うのですが、そりゃもう・・・
まだ天気がいい日だったから良かったものの、これで吹雪きだしたりしたら、かなり心細い旅になったと思います。
現地の方々は、天気も回復したのでここぞとばかりに皆さん雪かき、雪下ろしに勤しんでいました。
でも皆さん平成18年豪雪を経験したばかりですし、昭和の頃はこの程度の雪が当たり前だったこともあるためか、皆さんこれが当たり前のように受け止めている印象でした。
雪が生活の一部になっているというか、まさに雪とともに生きているって感じでした。
私みたいなよそ者にも、皆さんわりと気さくに接してくださいます。
雪かき中だったりすると、むしろこっちが恐縮してしまうのですが・・・

(2010/01/24)
かぷちーの: おぉ、すっごいですね~。
待ってましたよ、秋山郷の記事♪♪
すっごい雪の壁になっているんだろうなぁって思っていたけれど
関越トンネルを越えたところで、こんな雪の壁とは驚きですっ!
冬の関越トンネル越えは、昔何度もやったけれど
こ~んな雪の壁が出来ているのを見たのは初めて~。
写真見るだけでわくわくしちゃいますね~(*^_^*)
現地の人にとっては、それどころじゃないのでしょうが。。。

風雪の森、タイトルもいいですね。
横殴りの雪が吹き付けた痕跡。。。自然ってやっぱり凄いっ!
あっ、それを見事に捉えたでひでひさんの写真も。。。♪ (2010/01/23)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。