『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『水踊る』 初秋の川と滝巡り②

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『水踊る』 初秋の川と滝巡り②


(2006/09/30)

カテゴリー:


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-34.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/34-cd1142d7

oreore: あ…
多摩川のコメント、俺ここにしてる…

しかし…
この以前のコメント、見事に“素直じゃない俺”がでてるな。

素直に、好き、とかいえなくて、ちょっと斜めから、えらそうに言ってしまう俺…

この数年、変えようと思いつつ、あんまり変わっていません。

なのに、こんな俺に付き合ってくださって、ありがとうございます。

良かったら、これからもよろしくお願い致します。 (2008/04/11)
でひでひ: 釣れないさん、こんばんは。

いやいや、自然保護を求める心は、釣り人も風景写真家も共通ですから。
私としても、できればありのままの川でいて欲しい。
単に釣り人の欲だけでなく、自然本来の姿を見てみたいと純粋に願う心から来ています。

釣りをしているときも、風景写真を撮るときも、自分自身が自然と一体になってるなっていう感覚は共通ですね。
たぶん釣りを心から愛する釣れないさんだからこそ、私と感性が近いのかもしれませんね。

このブログの写真はさすがにPHSからだと見れないですよね。
今PCから見れるうちに、たっぷりと見ていってくださいませ。 (2006/10/03)
釣れないの豚: ん~、残念!
堰さえなければね!
そんな多摩川の姿を想像しただけで、興奮するな!

ちなみに、わがホームの一つ、大分川も、堰が二発ある。そのうちの一つは、中潮の満潮で、用をなさなくなる代物で、当然ランカーも悠々超えていく。何のために作ったのか?訳分からんが、それでもポイントになるからな…


いかんな、ここは釣りの話ではなく、写真の話をしようと思ったのに。

でひでひさんの感性と、オイラの感性は近いのかな?

年齢も近いしね。もしオイラが女性なら、少し恋してるかも?

随分脱線したな。俺の望みは、少しでも多くの人が、ここに立ち寄ることだね。 (2006/10/02)
でひでひ: 釣れないさん、いつもありがとう!!
釣れないさんには本当に感謝です。
釣りのみならず、僕の世界にここまで共感してくれるなんて、本当にうれしいですね。

ちなみに「夕照多摩川」写ってるあたりはシーバスは居ないんですよ。
あのちょっと下流側にある堰のせいでシーバスが登れないのです。
あの堰さえなければ、多摩川でも清流の鮎を捕食するシーバスを狙うことができたのかも。

まぁいいです。
その分九州には僕の楽しみにしている世界がたくさん広がっていそうで楽しみです。(^^♪ (2006/10/01)
釣れないの豚: あいも変わらず、いい写真撮ってるな…
多摩川、最高だな。

俺は写真の技術的なことは全然わからないけど、これは“泣きそうになった”な。

多摩川で“超弩級”のシーちゃんか…
どっちが先かな?打ち込まねぇと、出ないぞ…といいたいが、“写真屋でひでひ”のファンでもあるオイラは、そんな事言えないけどね(笑)

正直に告白すると、でひでひさんの写真、かなりの確率で、“琴線ヒット”しております。

ま…、俺だけじゃないみたいだけどね。 (2006/10/01)
でひでひ: 確かにアップで見るとちょっと怖いかな。。
柵は無いですけど、一応これ以上先は危ないですよ!ってラインに白い線が引いてあります。
監視員のおじさんも張り切って監視してましたので、小さい子供じゃなければ安心かな。
怖がらずに、紅葉の時期にはよろしかったら是非どうぞ。 (2006/09/30)
happyxgirl: 落ちたらどうしようと思っちゃいます。
凄い怖いです。
あんなに近くで見ていて、危なくないんでしょうか?
柵はないですよね?
でも待っているのは竜宮ですか^^
それでも怖いよ~orz
(2006/09/30)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。