『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『真夜中のメロディー』  ~中禅寺湖畔・栃木県日光市~

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『真夜中のメロディー』  ~中禅寺湖畔・栃木県日光市~



先月に撮影した日光での夜景です。



この夜は月もなく、真っ暗な中禅寺湖。

湖の向こうには、ぼんやりと山の稜線だけが見えていました。

そして闇夜の世界に無数に広がる星。

そんな真夜中の情景を、

降り注ぐ星とともに長時間露光で浮かび上がらせて見ました。





-------



この写真はISO50のFORTIAで撮影しました。


この場所で35ミリカメラでもE100VSを使って撮影していたのですが、
意外と人工光の漏れが多い日光なので、モロに緑被りしてしまいました。
ちょっと見れないような写真になってます。


が、このFORTIAはどうでしょう。
人工光による緑かぶりはほとんど発生していませんでした。

逆に、晴れた日の日中にはきつ過ぎると思われるFORTIAのコントラストの強さが、
この場面ではかなり良い方に活きてます。


真夜中、ただぼんやりと稜線だけが見えていた山ですが、
秋の山肌がしっかりと描写されました。

でも60分くらいの露光でも十分だったかな…って気もしますが。


FORTIAって富士フィルムから毎年限定発売されるフィルムなのですが、
デイライトフィルムのわりに、晴れた日の日中は癖が強くて使いにくいのです。

でも、渓谷などの薄暗いところでの撮影、
夕陽や朝陽の逆光でコントラストが低下しやすい条件での撮影、
そして真夜中の長時間露光と、
いろいろと使える場面は多いですね。


来年も発売されるのでしょうか・・・
しょっちゅう使うフィルムではないけど、
このフィルムでないと撮れない写真もあるので、
是非もう一度販売してほしいところです。



ちなみに、左下に小さく桟橋か船の一部が写りこんでいました、

真っ暗な夜だと、こういうものに気付かないのですよね・・・








(2009/11/15)

カテゴリー:

星夜の風景


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-329.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/329-273de6b6

でひでひ: >>空さん

こんにちは!!

この日は谷川岳~照葉峡へ行っていたのですが、ずっと雨や曇り。
でも夕方以降は徐々に晴れて、夜には快晴になるはず!だったので、そのまま120号の帰りの渋滞を横に見ながら、夜の日光を目指しました。
予想通り満天の星空!だったのですが、夜の写真はいまいち露出の感覚が掴めません。
月もなく本当の真っ暗闇だったので。
戦場ヶ原なんかでも撮影したのですが、60分近く露光しても戦場ヶ原の様子はよく写ってくれませんでした。
通常の露出の感覚とは別に、フィルムの相反則不軌特性も加味しないと、適正な露出は判断できないようです。
そんなわけで、この写真も自分の意図ではここまで明るくするつもりはなかったのですけどね^^;
でも仕上がりを見るまでまったく予想がつかないので、星写真の面白いところかもしれません。
ちなみに、星写真は今やデジタルのほうが向いているかもしれません。
僕が使っていたα7デジタルの世代のデジタルだとノイズが酷くて星には使い物にならないですが、最近のデジタルはだいぶノイズが改善されているようです。

秋山郷はやはり自然溢れたところが魅力です。
春夏秋冬がハッキリしていますからね。
こんなエリアが関東に隣接しているのも面白いものですね。
そろそろ上越国境を越えたい時期になってきました。

紅葉も近場の平地で見るイロハモミジの真っ赤な燃えるような紅葉も美しいですが、自然味溢れる秋山郷の紅葉はまたちょっと違った魅力がありますね。
山全体の季節が色を変えながら移りゆく様が、自然のスケールの大きさを感じます。

(2009/11/21)
空: おはようございます♪

おお、先月は、日光にも行かれていたんですね~^^
長時間露光をすると、星空と紅葉の山がなんと幻想的な一枚になるものですね(*^^*)
楽しいですね♪

秋山郷も、コメントも書かずにおりましたが、皆さんの所でも拝見して、
いっぱしの秋山郷通になったような気がしています^^
やはり、関東より北に位置するだけに、木々の様子も違うし、自然が溢れた山さとですね~。
こういう鮮やかな紅葉も見ると、関東の平地の紅葉は少しつまらない・・・^^;


今朝は、冷え込んでいます。
お気をつけくださいませ(*^^*)



(2009/11/19)
でひでひ: >>かぷちーのさん

日光の星写真、35ミリで撮ったものはすべて緑被りが酷く、しかも市街地の光が火柱のように浮かんでしまって大失敗でした。
が、全然期待してなかったのですけど、この前やっと撮り終えて現像に出した、645で撮影した90分露光が成功してました(^^)
ちょっと明るくし過ぎた?感じもしますけどね。
90分露光とはいえ、ISO50フィルムですから暗いと思ったのですけどね。
それにしても写真って面白いですね。
真っ暗な暗闇で、肉眼では絶対に捉えられない山や湖の様子がこうして浮かび上がってくるのですから。
まるで昼間のようになりました。

フォルティアは夕陽や朝陽そのものを撮るときにはいいと思います。
あとは薄暗い渓谷などで撮影しても、青被りしにくいです。
花とか、色に敏感な被写体は止めたほうがいいですが。
あと、逆光は逆光でも、緑の透過光とかでは絶対にダメです。
蛍光塗料みたいになってしまいます。

でもハマるとすごいので、よろしかったらお試しくださいね。


(2009/11/17)
かぷちーの: おぉ、綺麗な空の色。。。
日光での星撮影は全滅だったと言っていなかったけ?
と思ったら、645でFORTIAの分だったのですね。
はまると、ホントいい色の出るフィルムなのですね。
>渓谷などの薄暗いところでの撮影、
>夕陽や朝陽の逆光でコントラストが低下しやすい条件での撮影、
>そして真夜中の長時間露光と、
ふむふむ、そんな場面で使うといいのですね。
ちょっと使ってみたくなりました。
逆光の中、っていうのが一番私には使えそうな場面かな。
今度、天気の良い時に試してみよう♪

山も綺麗に浮かびあがって、
星の軌跡と空のなんともいえない淡いブルーの色合いに
ホッと癒されます。
どうもありがとう~(*^_^*) (2009/11/17)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。