『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『雨の日のプレゼント』 ~谷川岳天神平~

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『雨の日のプレゼント』 ~谷川岳天神平~


こちら、10月11日に行った谷川岳からです。


曇天の中、天神平のロープウェイで上へ上がると雨がポツポツ。
でも小雨なら!と思ってさらにそこからリフトで上へ上がりました。

すると徐々に雨が強くなってきて・・・
でもリフトだからどうしようもないし・・・

ってことで、ジャケットのフードですっぽり顔を覆って雨をしのいでいました。


すると、反対側の下山する側のリフトに乗っている人たちから、

「虹が出てる!」

の声が聞こえました。


慌てて振り返ると、眼下の山に虹が懸かってました!


小さなペアリフトだったので、体勢がかなりきつかったのですが、
落とさないように慎重にカメラバックからカメラを取り出し、
体をよじりながら、かなり無理な体勢で手持ち撮影。

ほとんどブレ写真でしたが、一枚だけほとんどブレてない写真があったので、
それをupすることとしました。




分厚い雲を平行に見て、眼下に虹が懸かっていました。

ちょうど空の断面図みたいですね。

本当は横構図で周りの風景も取り入れたかったのですが、
リフトの上から体を捩っての撮影のため、
カメラを縦にしか構えられなかったのです(笑)



谷川岳へは、紅葉が主目的で行ったのですが、
ん・・・、
天気が悪いからかなぁ・・・、
あまり綺麗な紅葉には出会えませんでした。

谷川岳も雲で山頂までは見せてもらえませんでした。

一応、一番綺麗だったところを一枚upします。


blog091011tanigawadaketenjindaira03-2605
(ミノルタα7 + ミノルタ24-105mmF3.5-4.5(D) + E100VS)



もう一枚。

なんか竜の頭みたいな木の根??
みたいなものが岩の上にありました。

面白かったので撮影してみました。


blog091011tanigawadaketenjindaira02-2005
(ミノルタα7 + ミノルタ100-400mmF4.5-6.7 + E100VS)






(2009/11/01)

カテゴリー:


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-321.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/321-57d892a3

でひでひ: >>happy×girlさん

こんにちは!!

出来ればこの時期らしく、紅葉の山肌と一緒に捉えたかったのですけどね。
でもこればかりはいつどこに虹が出るのか予測できないですからね…
しかもよりによってリフトに乗っているときで、しかも背中方向だったのです。
固い体をよじりながら何とか撮りました^^;

あ~でも虹と言えばhappy×girlさんが見てきた北海道の虹!
北海道の台地に広がる虹は感動的ですよね~

(2009/11/03)
happy×girl: こんにちは!
虹のお写真、見事な一枚ですね!!!
私がこんな素敵な写真を撮れたら、嬉しくてもっと、もっと自慢したくなりそうです。
みせてくださってありがとうございます。 (2009/11/03)
でひでひ: 【津南町初雪、積雪へ】

つい二日前の10月31日に長袖シャツ一枚でうろうろしていた津南町でしたが、昨夕方初雪を観測しています。
津南町のアメダス毎正時データによれば、15時~16時に雨が雪に変わり、2日22時時点で積雪は6センチとなっております。
二日前に小春日和のなか紅葉巡りをしたのですけどね、季節は一気にやってきますね。

そうそう、そのときに3日の文化の日は秋山郷の初雪と休日が重なるから、また秋山郷へ行きたい!!
なんてみんなに言っていたのですが、諸事情により車が出せず・・・
今は頭の中だけで、秋山郷の紅葉の上に降り積もった雪を想像しているところです。。。(笑)
あ~、今すぐ秋山郷へ飛び立ちたいよ・・・


ちなみに東京でもビックリするくらいの急降温で、19時で14.5度あったものが、23時で5.6度まで下がってます。
ちなみに23区城南地区にある私の居住地周辺では、あられが降りました。
もしかするとこれから強い降水があるエリアなんかでは、平地でも異例の早い初雪観測となるかもしれません。

(2009/11/03)
でひでひ: >>mToTmさん

こんばんは!!
お久しぶりっすね~
お忙しかったようですが、落ち着かれたでしょうか。

虹、綺麗でしたよ。
でもそう、体を捩りながらの手持ち撮影、きつかったです(笑)
しかも、リフトからカメラを落としてしまったりしたらもっと大変ですしね。

今日は急激に寒くなりましたね~
今頃この写真のあたりは雪で埋もれてますね。

(2009/11/03)
mToTm: お久しぶりです。。。
見事な虹ですね!!!

体を張った撮影(笑)、お疲れ様でした(^^;)
お写真を撮られたのが10月中ごろ、今頃は相当寒くなっていそうですね(冷汗)

ではでは(^^) (2009/11/02)
でひでひ: >>空さん

こんばんは!!

虹、よく見るようでなかなか出会えないのが虹ですよね。
しかもカメラを持っているときに出会えるってなかなかないですもんね。
こればかりは運でしょうから、まさにこのときは幸運がやってきていたのでしょう(^^)

岩の上の根っこ。
根っこですかね??
それとも普通に木が腐って出来た形でしょうかね?
いずれにしても、面白い形ですよね。
これがぴょこんと岩の上に乗っているのですから、これまた面白い。
岩、たしかに木の化石かも?
そんな感じに見えますね。

イタリア大使館記念公園、冬は紹介はしたけど、やっぱ行かないほうがいいかも(笑)
僕も行ったはいいけど、やっぱ誰もいないと不安になります。
雪の上には自分の足跡と動物の足跡しかないのです。
ところどころ氷ってるし、わざわざ軽アイゼンをトレッキングシューズに装着して行ったのです。
でも頑張って行ったおかげで、この2枚を写真に収めることができて良かったのですけどね(^^)

> 冬の湖畔のリンクを頂いてもよろしいでしょうか?
もちろんokですよ!
交流のある空さんですから、全然断り無くリンクしていただいても結構です。
むしろありがとうございます^^;

秋山郷、僕はもうちょい先のupになりそうですが、カルネさんがお先にスタートしてますね。
僕のは秋山郷らしくない写真ばかりなので、カルネさんとかぷちーのさんのところで堪能してくださいまし^^;
空さんにも実際に見てもらいたかったなぁ~

(2009/11/02)
でひでひ: >>カルネさん

こんばんは!!

そうそう、その虹ですよ^^
まぁ空に懸かる虹のほうがカッコイイかもしれないけど、見下ろす虹も面白いですね。
雲と光と太陽と、すべてが見られるわけですから。
三脚・・・、使いたかったです。。
実はその後もあちこちに何度か虹が出現したので、上で三脚を構えながら紅葉の山と一緒に捉えるべく狙っていたのですけどね。
でもそういうときにはなかなか現れてくれないものですね。

> 山で見た虹は私を囲んでました♪
あっ!ブログにupしてましたよね?
ブロッケン現象でしたっけ??
山では高地ならではの感動がたくさんありそうですね。

竜は見れば見るほど不気味なほど似てますよね。
木が腐る過程でこういう形になったのでしょうかね・・・
よくわかりませんが、なかなかの出来栄えです(^^)

(2009/11/02)
空: おはようございます♪

虹、これに出会えると、幸運がやってきそうで、ほんとうれしくなりますね♪
ましてや、シチュエーションもバッチリ、紅葉の山に白い雲、山頂は見えずともほんとに素敵ですね!
岩の上の根っこ?
写真では、一瞬岩には見えなくて、大木のようにも見えました。
もと大木の化石?
うん、そしておこう~その方が夢があるし^^;

中善寺湖畔の冬の様子も、拝見しました♪
コメントはこちらで失礼します^^
まるで違う湖畔の冬に驚きです!
自然の厳しさ、荒々しさを感じますね。
でもさっすが、男のコですね^^
あそこを歩いたのですかぁ。
すごい。
冬の湖畔は楽して見られるなら、行ってみたいですけど、私にはムリだわぁ。
ここで拝見するにとどめます。
それと、時間のあるときに冬の湖畔のリンクを頂いてもよろしいでしょうか?
皆さんにも紹介したいです。

秋山郷のお写真
早くもカルネさんは、始まりましたね♪
でひでひさんと、かぷちーのさんのも楽しみですわぁ。

では(*^^*)
(2009/11/02)
カルネ: これが話で聞いてた虹!ですね~^^
眼下に虹を見下ろすなんて、滅多に見ることができないでしょうね。
願わくば・・・地面に三脚を立てて撮りたかったでしょうね!

今年の夏、山で見た虹は私を囲んでました♪感動的でしたよ~。

ラストの枯れ木?本当に竜が空を飛び立とうとしてるような形ですね!
(2009/11/01)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。