『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『河岸段丘の町、津南』  ~新潟県津南町~

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『河岸段丘の町、津南』  ~新潟県津南町~

こちら、僕の大好きな新潟県の津南町からです。

巾着田の写真も、もう一回か二回upしますが、こちらも交えつつ。





津南町は何が有名??
というと、まずは日本で有数の豪雪地であること。
平成18年豪雪の際に、4メートルを超える積雪を記録して、
テレビにも盛んに報道され、一気に有名になったようです。



他にも、
日本一の河岸段丘の町とされているのです。

河岸段丘とは??

私も津南町を好きになってから初めて知ったのですが、
地盤の隆起と河川による侵食を永い年月繰り返して出来上がった、
階段状の地形のことです。

津南町は9段の段丘からなっていて、日本一と言われているそうです。


今回の写真は、その河岸段丘の様子がよく見渡せる道があったので、撮影しました。

この段丘は一段で、ひと際大きな段差となっております。
9段の段丘になっているのは、この写真の撮影側のほうです。
グリーンピア津南の展望台から見ると、一番よく見えるらしいです。


最初に津南町を訪れたとき、
山の上に何かあるなぁ~
山の頂上を削って平らにしたのか??
なんて考えてしまったのですが、これはもともとの地形なのですね。


上に見える町は沖ノ原台地で、
津南町のシンボルである50万本のひまわり畑があるのは、この町です。



この写真の撮影は、9月中旬。
早くも段丘の崖面の木に、色付いている木がありますね。



津南町の河岸段丘について、興味がある方は、
津南町観光協会の公式ページをご覧ください。








(2009/09/24)

カテゴリー:

その他津南町周辺の風景


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-303.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/303-591c5ec8

でひでひ: >>かぷちーのさん

こんばんは!!

ほ~、只見川にも河岸段丘のエリアがあったんですね!
只見と津南は遠いようで、地図で見ると意外と近いですからね。
地盤の変化も同じ時期に同じように変化していったのかもしれないですね。
あと、只見川、そして信濃川と雪解け水が大量に入り込む水量豊富な流れであることも共通してますね。

春に一緒に津南~松之山を訪れたときに、最初にカッコイイ直線道路があるといって通った、田んぼに囲まれた直線道路を覚えていますかね?
あのあたりがまさに段丘面で、7~8段目の段丘のようです。
今日この後の記事としてupした『黄金の大地』は、まさにあのとき通ったあの道の付近で撮影しました。
GW前ではまだ水も入っていなかったけど、やっぱこの時期は本当に美しい黄金の大地でした。

> 遅くなることは全然問題じゃないので
あ~、よかった。
でも僕は一人だと全然時間を気にせずに撮影を続けてしまうので、そんなときは僕の暴走を遠慮なく止めてくださいね(笑)
昨日も標高2000メートルの白根山で、暗くなっても帰らずに星の長時間露光撮影なんかまでしてたら、21時まで撮影してました^^;
帰りはヘトヘトで眠くなってしまいました。。。

(2009/09/27)
かぷちーの: でひでひさん、こんにちは!

津南町も河岸段丘だったのですね。
しかも9段とはすごいですね。
それだけ何度も侵食が繰り返されてきたということなんでしょうね。

奥会津地方の只見川沿岸も河岸段丘なのですよ。
でも、最高で5段です。
そんなのがわかる写真を撮りたかったのですけど
上手いこと撮れなかったんです。

只見川沿岸の河岸段丘では、下層から3段目に縄文時代の遺跡がよく残っていて
今は、集落や水田として利用されているのはほとんど1~2段目だそうです。
ここは湧水も豊富で、この地方特産の桐の木がよく育つとのこと。
それにしても自然の力ってすごいですね。


>「でひでひと撮影に行くと帰りが遅いからダメだ!」なんて言われてなければいいのですが・・・^^;
大丈夫ですよ~!
遅くなることは全然問題じゃないので、ご心配なく。
またご一緒してくださいな。
津南のひまわり畑も見事なんでしょうね~。
一度見てみたいですね~♪ (2009/09/27)
でひでひ: >>空さん

こんばんは!!

津南町、NHKのど自慢ですか~
そこまでは押さえてなかったので、わかりませんが…^^;
そう、こんなめずらしい地形をした町なのですよ。
主要の部分はもっと細かく階段状になっているのですが、写真の部分は階段というより一段の段差で、その段差が100メートル以上ありそうです。
一見すると山の上を削って開拓したみたいに見えるけど、そうではないのですね。
いやいや、ほんと大自然のパワーを感じます。
何万年もの年月をかけて、地盤の隆起と河川の侵食を繰り返して出来たそうですから。
ってことは、この写真の部分は、100メートル以上も地盤が隆起したということですよね。
あと数万年先には、この崖が200メートルくらいになっているのかもしれないですね。

(2009/09/26)
空: おはようございます♪

津南町、そう、聞いたことはあります。
よく日曜昼のNHKのど自慢で、会場になっているような気がするんですが(*^^*)
ほう、こういった河岸段丘というめずらしい地形があるんですね~。
私も一瞬見たときに、人工?と思いましたもの。
巾着田も、規模は小さいけど、川が作った土地の形ですから、
自然の力って、おもしろいし、すごいですよね^^
津南町のこの地形をみていたら、阿蘇のカルデラの地形を思い出しました。
大自然というか、地球を感じますね(少しオーバーかな^^)

あの上の部分に立って、下を見下ろしたら、また、雄大な気分になれそうですね♪



(2009/09/25)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。