『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『はじまりの季節』  ~松之山・狐塚の棚田~

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『はじまりの季節』  ~松之山・狐塚の棚田~


本日二度目の更新です。


前回同様、こちらも狐塚の棚田より。
ただ、5月4日の撮影です。


雪はほとんど消え、畦道には蕗や土筆がだいぶ伸びていました。
四季の始まりを告げるような、そんな光景ですね。


写真は、背景の水の入った田んぼの様子がわかるように、
かなり絞り込んで撮影しています。
プレビューボタンでボケ具合を確認しながら、
かつ、PLフィルターの強度を、反射が若干残るくらいに調整して撮影しました。








《5月4日、再び松之山へ》



25日にヒツジ草さんとかぷちーのさんと松之山を訪れたばかりでしたが、
GWが暇であったこともあり、再び松之山へ行ってしまいました。

が、今回はニュースで皆さんご存知の通りの、
1,000円渋滞がとんでもなく酷かったです。
行きは目黒を7時半に出発して、
松之山到着は13時半です。
つまり、6時間ですわ。
通常なら往復できますね(笑)


それなのに、今回は写真を撮らない人と一緒だったので、
足早にあちこちを走りまくりです(笑)
松之山を早々に引き上げ、飯山を通過して、
ついには志賀草津道路まで走ってしまいました。


帰りは帰りで、草津を19時半に出て、
東京到着は深夜1時半です。
日付が変わる頃になっても、関越道は大渋滞なのですよ!
もう懲り懲りです。
GWは出かけません。
1,000円均一のうちは。



まぁまぁそんなことはいいとして、
今回は狐塚の棚田でこんなやつと出会いました。


blog090504-P5040012
(C770UZにて撮影)


わかるかな?

そう、蛇です。
シマヘビですね。

ずいぶんと大人しかったので、
ついついコンデジのマクロモードで寄ってみちゃいました。


blog090504-P5040022
(C770UZにて撮影)


大きく見るとかなりキモイので、
写真は小さめにしておきました^^;

でもこれ、いきなり噛み付かれやしないか、
かなりビビリながらの撮影でした(笑)

コイツがマムシだったら、絶対に近寄れないでしょうけど。






順番が逆ですが、行きの関越トンネルで。

blog090504-P5040002
(C770UZにて撮影)

25日と比べると、だいぶ緑が増えましたね!












《メキシコサラマンダー》




衝動買いをしてしまいました。



GWは久しぶりにのんびり時間が多かったので、
銀座のパウパウアクアガーデンという熱帯魚屋へ行ってみました。

このパウパウアクアガーデンは、オープン当初は広尾にあり、
そのころからよく行っていた熱帯魚ショップです。

他の熱帯魚店と違うところは、
広いところと、そしてなにより、おしゃれなこと。
よくある街の熱帯魚屋の、汚くてマニアックなイメージは皆無で、
店内にはカフェも併設されており、
銀座という場所柄、オシャレなカップルがデートしているくらいです。
もちろん、買わなくても気軽に出入りして、
プチ水族館程度に楽しむことが出来ます。



まぁそんな熱帯魚ショップに閉店間際に行ったのですが、

おぉこれは!!と目に付いてしまったのは、この子。




blog090509-P5090078



皆さん、ご存知でしょうか??

「メキシコサラマンダー」

たぶん、ウーパールーパーと言えば、
一定の世代以上の人間には馴染みがあるのではないでしょうか。
僕が小学生か中学生の頃だったっけなぁ~
ウーパールーパーやエリマキトカゲなんかがすごく流行った時期がありましたね。




で、ショップでひと目見て、この子に釘付けになり・・・

値札を見ると、

“GW特別セール700円”

安い!!!
飼育も簡単らしい!

で、思わず衝動買いです。

でも仕方ないです。
この子が「連れて帰ってくれ」と僕に言うのだから。
って、ちょっとアブナイね(笑)




で、連れて帰って、今こんな仕草で楽しませてくれてます。


blog090509-P5090098


ピントがエラに合ってしまうんだよな・・・

でもこの正面から見る面が、
ちょっと宇宙人っぽくてかわいいですね~

色はたぶん、このままオレンジ系になると思います。
色は突然変異によるもので、これが観賞用に固定化されたものです。


でもコイツはサンショウウオの仲間なので肉食。
最終的には20センチ超の大きさになるそうです。

現在は6、7センチくらいかな。
大きくなったら60cm水槽に移してやろう・・・




そんなわけで、今頃になってウーパールーパーがマイブームです(笑)

人と20年遅れてますね(^^ゞ









(2009/05/09)

カテゴリー:

棚田とブナの里【松代・松之山】


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-268.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/268-f56975be

でひでひ: >>mToTmさん

こんにちは!!

そういえば、この前動物園で魚を飼っているとおっしゃってましたよね~
そこは私もめっちゃ共通してます!
僕の場合は釣りも含めて、魚とのふれあい自体が大好きなんです。

熱帯魚はかれこれ15年くらいは飼っているでしょうかねぇ。
初めて買ったのはネオンテトラで、徐々に大型魚に興味がいって、ノーザンバラムンディーやシルバーアロワナを飼った時期もありました。
けど一番今までで長く飼ったのはディスカス。
でもあまりに手間が掛かるので、最近はやめてしまいました。
暇さえあればディスカスはすぐにでも飼いたいんですけどね。
あとは、自分で釣ってきた海水魚を買ってみたりとか・・・
現在は金魚とカージナルテトラとウーパールーパーのみです。

熱帯魚は最初はすごい感動ですよね!
まだ魚が入っていない水槽でも、蛍光灯をつければ、初めてのときはずっと眺めていられました。
最近は実はやや飽き気味で、魚も金魚を泳がせているだけだったのですが、この前パウパウでついついカージナルとウーパー君を衝動買いしてしまったのですよ(笑)

写真についてもありがとうございます!!
つくしはあまり東京では見ることはないですよね~
どういうところで育つのかもよく知らないのですが^^;
でもそんな土筆たちも、このあたりの田んぼの畦道では見飽きるくらいたくさん育ってますよ!!


(2009/05/16)
でひでひ: >>かぷちーのさん

こんにちは!!

> マムシ捕り
あっ、すみません、書き方が悪かったな・・・^^;
大丈夫です!かぷちーのさんがマムシを捕ったというような誤解はしていませんから。
かぷちーのさんはそこまでワイルドな方には見えないですもんね。
でも生きてるマムシとご対面しているだけでスゴイなぁ~と思って、ああいう表現になってしまいました^^;

かぷちーのさんもやはり似た写真を見つけたことありましたかぁ~
有名地であればあるほど、そういうことも多いでしょうね。
かぷちーのさんが仰るように、「私と同じように感じた人が他にもいた」ということで、私もあまり気にしないようにしています。
ただそれがあまりに有名な写真だったりすると、「構図をパクったんじゃないの?」とか思われそうで嫌な気にはなりますけどね。
でもそれを気にしていたら、風景写真なんて撮れなくなっちゃいますからね~

> こっちからこう見たのが綺麗と感じたら、絶対それだから。
そうそう!私もそんな感じです。
ただこのあたりの感覚は、デジタル世代ではだいぶ変わってきてるんじゃないかなぁ~って気がしていたのですよ。
とりあえずたくさん撮って、あとから選ぶみたいな。
それはそれで、そういう楽しみ方もあるのでしょうけどね。

でもそれだと僕にとって写真が風景の記録ではなくなってしまいますからね。
あとから自宅でRAW現像時に、「このときの色はこんなだったけなぁ~??」なんて悩むのはすごく嫌なんです。
それだと、風景をあとから作り出しているようでね。

四季折々の美しい自然風景との一期一会を大切に、今、目の前の美しい自然風景を写真に記録したい。
自分の写真に対する思いはこういうことなのかな…、と最近感じています。
なので、やはり写真撮影は美しい風景を目の前にしているその場であるからこそできることであり、その場で撮影完結という考え方が自分の中では定着しています。
だからフィルムで撮っていたいのでしょうね。
デジタルでもその場で撮影完結することはできるでしょうけど、なんとなく写真一枚から感じる重みも違う気がして。。。
フィルムというモノでオリジナルが残る安心感なのかなぁ~

最後は話が逸れてしまってスミマセンでしたm(__)m


(2009/05/16)
mToTm: パウパウアクアガーデン、、、わたしも先日行ったばかりです!!
・・・でひでひさんも熱帯魚観賞のご趣味があるなんて♪♪♪

このお店は魚種、広さ、品揃え、どれをとっても別格ですよね、、、
何時間いても飽きない空間・・・(  ̄ー ̄)

・・・と、一瞬我を忘れてしまいました(笑)

ツクシ・・・本物を久しく目にしていないような気がします。
春らしいお写真ですよね♪ (2009/05/16)
かぷちーの: いえいえ、マムシ捕りは私がやったんじゃなくて、父ですって。
私はさすがに付いていっただけ。
後からおっかなビックリね^-^;

「千曲川 花の里山 風景街道」のパンフ、見てみました!
小さいけど、ホント、これ、でひでひさんの写真じゃないの~!?
って思ってしまったぐらいそっくりですね。
あの馬の顔の写真が3枚のうちの一枚なんですね~。
きっと惹かれたところが同じだったのね、と嬉しかった一枚でした♪

私は、日高市の巾着田で撮った写真の一枚が
何かの雑誌のコンテストで入賞していて、
あっ、この写真とそっくりのを私も撮ったなぁって思ったのを覚えてます。
この構図あまり他の人は撮らないのでは?と思ったのだけど。。。
でもあの場所は有名処なので、
私と同じように感じた人も何人かはいたってことなのでしょうが
あの千曲川の夕景フォトは、驚きですね。

>「同じ被写体を、縦横あらゆる方向から様々な視点で撮影すべし」みたいなことが書いてあると思うのですけど、
うんうん、ありますね~。でも、私もあまりやらないなぁ。
こっちからこう見たのが綺麗と感じたら、絶対それだから。
カメラというか写真を始めたばかりの頃は、それもありかな、とは思うけれど
今は出来るだけ、無駄なカットは撮らないってふうに変わってきたのかも。
(2009/05/15)
でひでひ: >>かぷちーのさん

こんばんは!!

ウーパールーパー、気に入っていただけたようで、よかった。。。
こんなカワイイ顔して、小魚を一飲みにする肉食ってところが可愛げないですが、でもカワイイです。
ご希望にお応えして、また成長過程で紹介させていただきます!!

僕のほうには25日の土筆のカットはなかったので、大きくなっているか分からなかったのですが、そうですか!大きくなってますか!
写真は130ミリの中望遠程度で撮影したのですが、これだけ遠近差をつけて撮影すると、F29まで絞らないと田んぼの雰囲気が出なかったです。
通常はここまで絞り込むこともあまりないですが、これも三脚使いの特権でしょうか。

> 自分が見て感じたままを素直に表現した方がいいのでしょうね。

究極はそこだと思うんですよね~

これはまた自分だけの写真観なのですが、
よくハウツー本なんかを見ると、「同じ被写体を、縦横あらゆる方向から様々な視点で撮影すべし」みたいなことが書いてあると思うのですけど、
たしかに花とかモノとか特定の被写体を綺麗に撮るにはいい考えなのかもしれませんが、僕の風景写真感からはだいぶ発想が違うんですよね。
自分が見て感じた風景ってのはひとつだと思うんですよ。
その感じた風景を写真にするのに、縦横両方の構図で撮るってことは僕はほとんどしないのです。
その風景にワイド感を感じたなら絶対に横構図だし、奥行きや高さを表現するなら縦構図だし、その両方が混在するってまずないかな・・・
その場その場でどう表現したいかを考えて、その場で写真は作り上げてくるっていう考えが一番しっくりくるので、だからフィルムを使いたいのかもしれないです。

それに私は今までで、偶然にも自分の撮影した写真と極めて近い写真に3回ほど出合ってます。

その一つは、だいぶ前の裏磐梯五色沼で撮った写真で、その写真がのちにシグマのレンズのパンフに掲載されていた写真とほとんど同一の場所と表現方法でした。
二つ目は、実はこの前の多摩動物公園の馬の顔の写真が、かぷちーのさんの撮影した写真と極めて近かったこと。
三つ目は、実は先日本当にビックリしたんですけど、この前飯山の北竜湖でもらったパンフで「千曲川 花の里山 風景街道」というのあったと思うのですが、それの28番の写真です。
http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-252.html
この写真と同じ場所で、ほぼ似たような表現方法でした!
五色沼とかそういう有名場所では似た写真を撮ることもあるだろうと思ったけど、まさかこの写真は、この場所から撮影した人間自体、自分だけじゃないかと思っていたので、本当にビックリしました。

でもやっぱり、同じ場所から同じ風景を見て、同じような感じ方をしたとしたら、やはり写真が同じようになってしまうことはめずらしくないということですね。
たぶん美人林の写真なんかも、似たような写真なんて探せばゴロゴロ出て来るんだと思います(笑)
でもそれはそれで自分が見て感じた風景なら、それでいいんじゃないかな~って。
自分の心で感じたものにウソをついて、人と違う写真にしてやろう~なんて考えることのほうが、最近の僕には馴染まない感覚です。

かぷちーのさんは、マムシ捕りですか!!
ってか、マムシを捕る人っているんだ・・・って感じです^^;
蛇をこんなに間近で観察したのは私は初めてでした。
やっぱキモかったです(笑)

でもこのシマヘビは冬眠明けだったのかなぁ~?
動きが鈍くて、時折口を開けるような仕草をしていましたけど。

(2009/05/14)
かぷちーの: きゃぁ、かわいい~(≧∇≦)
この子に釘付けになった気持ち、わかりますよ~
ウーパールーパー、そういえば流行った事がありましたね。
あまり記憶にないのですが。。。^-^;
時々写真撮って見せてもらえたら嬉しいなぁ(*^^*ゞ

肝心の松之山の写真ですが(^^;
これは5月4日のなんですね。
似たようなカットがあるけれど、確かに土筆が大きくなっているような気が。。。
F29まで。。。かなり絞り込んでいるんですね。
手持ちじゃちょっと厳しいでしょうか。
でも、背景の田んぼの雰囲気がよくわかって、
ようやく訪れた春っていう感じに仕上がってますね。

前の記事のコメントのお返事
>ファインダーを覗いて、どこかで見た絵だな・・・なんて思うと、シャッターを切るのが嫌になっちゃいますよね(笑)
>でも最近は私はあまり気にしないようにしています。
に、ちょっとハッとさせられる思いでした。
>かえって独自の視点を狙って、変な撮り方をしている写真のほうが、わざとらしく見えることが多く感じるのは私だけでしょうか・・・^^;
>意外と有名な風景写真作家の写真集のほうが、素直な表現をされていますよね。
>そのほうがストレートに風景から伝わるものがあるんですよね。
なるほどね~、確かにそうかもしれません。
自分が見て感じたままを素直に表現した方がいいのでしょうね。

>そうは言っても、被写体に対しては独特な目で撮影されるかぷちーのさんですからね(^^)
>楽しみにしています♪
いえいえ、それはどうでしょう( ̄▽ ̄;A 
やっぱりどこかで見たような感じ。。。です。
松之山の写真はもう少しお待ちを~(-人-)

そうそう、先日ヘビをもうちょっとで踏みそうになりました(^^;)
一緒にいた旦那の「ちょっと、そのまま動くな!」の大声に
何、何事??と上ばかり気にしていたら、足元だったのでした。
毒はないヘビだったので踏んでいても大事には至らなかったでしょうが
あれが毒ヘビだったら大変なことになってたっ!
と様子を見ていた旦那の方が、しばらくドキドキが止まらなかったそうです~。
子供の頃は、よく親に連れられて近所の荒川へマムシ捕りに行ったりしていたし
(親がマムシ酒を作っていたっ!あれを見るのはイヤだったけど)
家の裏の雑木林でも普通にヘビは見かけていたので、
案外見るぐらいは平気だったりします(*^^*ゞ
(2009/05/13)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。