『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『里を見守る』  ~高遠町の桜~

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『里を見守る』  ~高遠町の桜~

高遠で見つけた桜、最後の写真になりました。


この桜も勝間薬師堂の枝垂れ桜のすぐ近くに咲いていた桜です。

やはり立派な枝垂れ桜の近くなだけあって、
観光客にも誰にも見向きもされず・・・
ただただ、じっと高遠の里を見下ろしながら花を咲かせていました。

孤独感を感じる桜でしたが、
こうして里を見守りながら、春の温かい空気を里に降らせている、
そんな感じでした。






高遠の桜写真は、これでおしまい。

高遠は桜で有名ですが、桜の時期でなくても、
南アルプスに抱かれた風光明媚でいいところなんだと思います。
また、日本の里の温かさを感じるようなところでした。

東京からは中央道で約200キロ。
日帰りで行くには一般的にはちょっと遠いところですけど、
今度は昼からではなく朝から行って、もっといろいろと見て回りたいです。
今回は時間が無くて行けなかったけど、
気になる林道もたくさんあるのですよね(^^ゞ







次回からは、毎年恒例の新潟県十日町~長野県飯山エリアの写真をお届けします。

今年はブログの写真仲間と、大雨の中のドライブとなりました。
でも、雨でしか出合えない風景もあるし、それはそれで楽しい撮影会でした。
そして、最後の最後に大雨を抜けて、飯山で陽の光に出会ったときに、
陽のうれしさを感じましたね。

詳しくは、次回以降に写真とともに。












《マルタ のち シーバス 時々 ボラ》



何度かこのブログにもコメントを書いてくださっている
はんぎょじんさんと、久々に多摩川へ釣りに行ってきました!!

はんぎょじんさんとは、僕が釣りバカになっていた時期に、
当時私が作成していたHP経由で知り合い、よく一緒に釣りに行った仲なのですが、
その後、子供が一気に3人に増えた頃から、家庭が忙しくて釣りに行けなくなっていたのです。
そんなわけで、はんぎょじんさんは、昨日は2年ぶりの釣りです。



で、やはり2年も会っていないといろいろと趣味も変わるようで・・・


① ラジコン

僕は小さな頃もラジコンはやらなかったのですが、
はんぎょじんさんのお子さんはパパのラジコンを見て喜んで友達に自慢するそうです。
それもそのはず、すげぇ立派なデカイラジコン。
買ったはいいけど、近所で走らせる場所はないし、出掛ける暇もない・・・
ってなわけで、広い場所で走らせるのは昨日が初とのこと。
僕も遊ばせてもらいましたが、最近のラジコンというのはすごい動力性能なんですね。
ブレーキ性能もすごいし、自在に操れる感覚がけっこう面白かったです。


② デジ一(EOS50D)

まさかカメラの世界に入り込むとは思わなかったけど、
デジ一を購入したそうです。
触らせてもらったけど、フィルムカメラに慣れている僕には、
いろいろなボタンがあって、慣れるには時間が掛かりそうですね(^^ゞ
週末などに街撮りをしているほか、いろいろな被写体を撮影して楽しんでいるそうです。
今後は是非、写真のブログでも開設してもらいたいですね!(^^)

僕の釣りシーンも撮ってくださいましたので、
その写真は下でupしてます!




(以下、ほとんど釣りの話なので、釣り好き以外は読み飛ばし推奨m(__)m)



ま、そんな話をしながらいよいよ釣り。

この時期の京浜エリアのシーバスは、
バチが主食であることもあり、まだ河川内には個体が少ないのが通例です。

で、やはりシーバスの気配はなく。。。

ってか、マルタウグイだらけ。
近年ずっとこんな感じですが、これだけマルタがいたら、
シーバスが餌を食えないでしょう・・・
これも多摩川シーバス不調の一因と考えているのです。


この日も釣れたのはコイツ。



blog090501tamagawa-P5010024



これがマルタウグイです。
一応ウグイなので、産卵前のメスはお腹が真っ赤になります。
産卵はもっと中流域のほうで行われるはずなので、
これはたぶん産卵後の個体でしょう。
お腹もスリムだし、産卵後の体力回復時期なんでしょうね。

マルタはルアーでもよく釣れるのですが、
群れていることが多いので、変なところに引っ掛かってきます。
コイツは背中に掛かっていました^^;

背びれにラインが引っ掛かって、
そのままルアーを引いてくると、背中に掛かるという仕組みのようです。
同様の理屈で、尻尾近くにもよく引っ掛かります。



そんなわけで、結局マルタしか釣れずです。

でも、青空の下、多摩川の水に浸かりながらロッドを振れただけで、
気持ちよく釣りが出来たんじゃないかな。



blog090501tamagawa-P5010025


こちらがはんぎょじんさんです。
多摩川の中で気持ち良さそうですね!
撮影カメラは僕のコンデジ(オリンパスミュー)です。







はんぎょじんさんが、購入した50Dで、
さっそく僕の釣りシーンを撮影してくださっていました!!

カッコよく撮ってもらって、ありがとうございます!!!


blog090501tamagawa-IMG_3164






キャストシーンのアップも撮ってくださいました!!


blog090501tamagawa-IMG_3170


僕の愛竿、ウエダのCPSのしなりは美しいですね。
このしなやかさに惚れ込んでいるのです。





はんぎょじんさん、楽しい釣りをありがとうございました!!!





----------








さて、シーバスが釣れずに悔しかった僕は、
この時期は手堅いであろう夜の運河へ行きました。

結果は2時間ほどで3ゲット。
最大44センチとサイズは不満だけど、この時期の運河はこんなもんです。
数は物足りないけど、今年初の運河なので、まぁいいか・・・



この日は開始してしばらくはまだ潮位が低く、
このポイントでの釣れる潮位ではなかったのです。

しばらくして潮位が上がると、少しずつバチの捕食音がちらほら。
が、なかなかルアーへの反応が悪かったです。
バチ系ペンシルの表層やや早巻きでやっとヒット。


blog090501tamagawa-P5010034




が、実はこのヒットがこの日の釣りを狂わせたのです。



このヒットで、今日は表層で食わせるパターンだと判断してしまったのです。
が、その後は一向に反応は得られず・・・



そう、この一匹は事故のような一匹で、
実はほとんどのシーバスは底で捕食していたのです。


やっぱ釣りは決め付けはよくないですね。

潮止まり直前でやっとそれに気付き、
CD-7のカウントダウン後のゆっくり巻きで5連続ヒットくらい。
獲れたのは2匹だけだけど。

渋くなってから、最後にジグで沖目で一本バラシ。


まぁそんな感じです。




(2009/05/02)

カテゴリー:

名桜、一本桜


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-265.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/265-ab162f69

でひでひ: >>ヒツジ草さん

こんばんは!!

この桜もいいところに咲いてました。
里を見下ろせる高台のうえに。
田舎の里に咲く桜っていいですよね~
こういうところに咲く桜は大好きです。
田んぼの真ん中に大きな桜があったりしたら、それだけで鳥肌モノです(笑)

> 魚の行動を読んでアプローチを変えたりしてるのが

書き方が相変わらず釣りオタク風のコメントですぞ!(笑)

> 私じゃ上げられないかもw

いやいや、「44センチのスズキに引っ張られてるヒツジ草さん」これもまたいい被写体になります(笑)

(2009/05/04)
ヒツジ草: 最後の桜もいい感じですね~(^^)
里を見守って咲いている感じがします。
今日は釣りの写真も一杯ですね~。
でひでひさんが釣り師になてる!
魚の行動を読んでアプローチを変えたりしてるのが、
読んでて面白いです~。
44cmでも小ぶりってスゴイですね~!
私じゃ上げられないかもw
はんぎょじんさんの50Dがうらやましい~♪ (2009/05/03)
でひでひ: >>mToTmさん

こんばんは!!

桜ってひとつひとつがそれぞれに樹形も違えば花の色や付き方も違う。
なんというか、それぞれの木に魂が宿っているかのような、そんな感じがするんです。
それぞれの木がそれぞれに意思を持って何かを主張している、そんな気さえします。
だからこそ、これだけ多くの人に愛されて、こうして写真に残しておきたいと思うんでしょうね。

多摩川はそういえばご自宅から近いですよね。
写真の多摩川のエリアは、釣り場保全のためにここで明かすことはできないのですm(__)m
最近は生活排水の垂れ流しもなくなったし、綺麗になったのでしょうね。
でも、東京湾は一見綺麗になっていますが、お台場などの止水域では、濾過後の残留物質の蓄積だかなんだかで、魚がいなくなったと聞きます。
今後、都市部の高層化が進んで、さらに東京湾の水質悪化が進むことが心配ですね。

多摩川の魚種は、たぶん今も昔も変わっていないのだと思います。
絶滅しかけた魚が戻ってきたり、鮎や鮭の遡上が増えたとかいう明るい話題は多いですね。
絶滅危惧種に指定されているトビハゼなんかも、私はよく釣り中に目撃するようになりました。
でも、羽田空港の拡張工事が始まっているし、環境破壊への心配は尽きないですね。

(2009/05/03)
mToTm: でひでひさんのイロイロな場所のサクラを見るに、ああ、サクラの巨木の持つ美しさを再確認した気持ちです。。。

・・・と、多摩川で釣り、、、この時期が暑すぎず寒すぎず、水量も程よくて、とてもいい時期なのかなあと思いますね。。。

お写真を拝見したところ、多摩川の下流、、、六郷大橋~天空橋???でも、あのエリアは河川に入り込める場所ってそんなに無いような???
それとも、ガス橋~丸子橋エリア???

多摩川も昔に比べれば全然魚の数も増えたし水質も良くなったそうですが、魚種がまるで変わってしまっている印象もあります、、、が、その辺、私は全然詳しくないので、実情がわかりません。。。
毎日通勤で多摩川を渡ってるし、自転車で5分程で多摩川に出られるところに住んでるのに、、、本当に何も知らないなあともいました(^^;) (2009/05/03)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。