『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『静岡』

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『静岡』



ちょっと間が空いてしまいましたが、やっと静岡の写真です。
タイトルのままです(笑)


私の旅のエリアは、関東から西側に行くことがほとんどないです。
静岡県も伊豆と富士山以外は釣りで数回程度。
特に山のほうへ入ったのは初めてでした。


静岡って、どこへ行っても茶畑だらけですね。
写真の茶畑は、大井川をずっと北上した山間エリア。
観光客なんて絶対に行かないような場所ですが、
そんな場所に入り込むのは大好きです。

そして、今回一番の茶畑風景に出合うことが出来ました。
こんなのんびりした雰囲気の茶畑を探してたんです。








《記念写真と当日のレポート》



今回の日帰り旅は、私が自発的に計画したのではないのです。

釣り友達から、
「高速1,000円になったし、静岡へ行かない?」
との誘い。
本当の目的は、海の状況を見ることと、ルアーショップ巡りにあったりします(^^ゞ

一応書くと、ルアーショップ巡りは大成功でした!
お気に入りの廃盤ルアーがたくさん売ってて、
まさかの出合いに感動でした。
でもそのために静岡へ行くって、ちょっとおかしい人だと思われそうですね(笑)


で、旅はまず御前崎を目指しました。
高速道路1,000円初日のため、若干交通量が多い東名でしたが、
まぁなんとか到着。

これが御前崎の海です!!


blog090404-P3280005
(C-770UZにて撮影)

余計なものが写ってますが、
旅の相棒との記念写真はたくさん撮っておかないと後悔しますから。

それにしても、太平洋は遠州灘のど真ん中!!
こんな広い海を見たのは、北海道以来ではなかろうか・・・

海の地形は、思ったよりも磯場が多いですね。
さすがに荒れる日が多いでしょうから、砂が残らないのかもしれません。
ヒラメには良さそうな地形ですね。





blog090404-P3280008
(C-770UZにて撮影)

続いて、御前崎灯台。

灯台の中を見学できるようでしたが、
ここは素通りしました。




さて、ここからは釣り人から写真家に変身です(笑)

事前に、なんとなく大井川を北上してみよう!
と決めていました。






blog090404-P3280015
(C-770UZにて撮影)

広い川です。
渇水気味か、川はだいぶ細かったですが・・・





blog090404-P3280012
(C-770UZにて撮影)

このトンネル・・・
これを見たとき、
「あっ!テレビで見たことある!!」
と思ったんですが、知ってる方いますかね?

大井川鉄道の地名(じな)というあたりにあるトンネルです。
日本一短いトンネルとかで見たような・・・





さて、ここからは完全に僕のペースで、
釣り友を引き摺りまわすことになります(笑)

まずは滝。





blog090404-P3280047
(C-770UZにて撮影)

blog090404-P3280049
(C-770UZにて撮影)

不動の滝という滝です。
地図にたまたま出ていたので、寄っただけです。

撮影シーンをこっそり撮影されてました^^;





続いて、ツーリングマップルに「寿永の桜」という表示を見つけました。
これを見てみよう!
が、そのためにはダート林道を抜けなければなりません^^;
僕は喜んでしまう場面ですが・・・(笑)

林道は峠越えになっていて、
登りはずっとやや深砂利のダート。
でも道はわりとフラットでした。
ちなみに、「下泉笹間林道」という林道です。



峠の頂上まで来ました!



blog090404-P3280052
(C-770UZにて撮影)

でも・・・・・
林道にはありがちですが、
キケンです!
ガードレールも何もなく、そのまんま崖です。
恐る恐る覗き込むと・・・・・
足を踏み外したら、数百メートル落下します。
死にますね(笑)



そんな危険な山越えをして、ようやく桜を見つけました!!




blog090328jueisakura01-2106
(α7+ミノルタ24-105ミリにて撮影)

「寿永の桜」



blog090404-P3280060
(C-770UZにて撮影)

樹齢700年というかなりの古木です。

が、かなり木は傷んでいるようで、
花付きも悪く、枝の伸ばし方も弱弱しかったです。

ま、でもそれも老木の風格かな。





今日はここまで。


実はこのほかに、大井川にかかる立派な吊り橋を見つけたんです!
そして、大井川鉄道と言えば・・・、SLも見ることが出来たのですが・・・?

それは次の記事でまとめてupします!




(2009/04/12)

カテゴリー:


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-258.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/258-2e7b530d

でひでひ: >>釣れないの豚さん

こんにちは!!

一週間で80upが3本も出ちゃうんですか~
すげぇなぁ~
こちらでも秋シーズン好調だったときは、翌春シーズンまで好調が続く傾向があるように思います。
本格的にフッコの群れが入ってきてしまうと、よくわからなくなってしまいますが(笑)

って言うか、それ以前に最近はフッコの群れすら小さくなっているなぁ・・・
魚自体が減っているのかどうかはわかりませんが、多摩川周辺地域に関しては、羽田空港拡張工事などの影響もあるんだろうなぁ・・・と思ってます。
完成後は潮の流れ自体を変えてしまうでしょうし、ポイントも年々流動的になることが予想されます。

多摩川自体もスズキは減少傾向です。
その分、マルタウグイが異常に増えているので、その影響でスズキが減っているようにも思ってます。
マルタの食性がスズキに近いので。
5年後10年後には、またマルタの群れよりスズキの群れが増える時期もあるだろうと楽観していますが。

マルタなら腐るほど釣れるけど、魚体がやや臭いし、あまり釣りたいと思う魚じゃないんですよね・・・


釣れないさんの家具への拘り、わかるような気がします。
ってか、釣れないさんのこれまでの話から想像した性格によると、いい意味で職人的な頑固さがあると思うのですよ。
手抜きするようなタイプに見えないし、良いモノを作りそう。

でもそういう頑固さって、最近失われてきているような気がするんですよ。
話はちょっと違うかもしれないけど、最近はちょっと人と違う趣味を持っているだけで、“オタク”の三文字で片付けられてしまったり。
しかも「それを認めない」という態度をとる人間が結構多いように感じています。
でもそれでは個性が伸びていかないし、本当につまらない世の中になってしまいます。

これは僕の主観ですが、世の中に出回っているもので万人向きのものって、すべてが“そこそこ”のような気がするんですよ。
その“そこそこ”以上の満足を得る部分って、やはり個々人の感じ方、個性であるように思うのです。
で、その“そこそこ”以上の本当の満足を得るには、その釣れないさんの家具もそうであるかもしれませんが、そういうニッチな部分に隠れていると思うのです。

最近僕がたまにこのブログで書いている、小泉明子さんのライブ。
実は昨日もちょっとだけ行ってたのですが、本当にしょっちゅう聴きに行っているファンは数人です。
jazzやボサノバ自体がマイナーな世界になりつつある中、ジャズクラブでいくら毎日演奏していても、そうは聴き手は増えません。
CDだって、大型店に行ったって置いてないし、ライブで買うしかないのです。
そんなマイナーな世界ですが、僕にとっては世界のジャズジャイアンツと呼ばれるジャズメンの演奏よりも遥かに感動したのです。
どんなジャンルの曲でも自分の世界に引き込んでしまうほどの曲のアレンジ力、
時に叙情的に、時に都会的に弾むようなピアノ、
どこまでも透き通った美しいボーカルの音色、
すべてが自分の感性にマッチしたのだと思います。
もちろん万人に受けるものではないのかもしれませんが、私にとっての満足度は、他の何よりも高いのです。

久々にアツく語ってしまった気がするけど(笑)、そういう万人向けではないけど“いいもの”を世に送り出してくれる人たちの活動は応援してあげたくなります。
それを手にして、本当に喜んでいる人の気持ちがわかるから・・・


> ただ…
> ウェーディング?

どちらでもいいっすよ!
ただ、せっかくお会いできたとしたら、釣りに夢中になるよりは、おしゃべりをしたい気もするし、
軽装でロッド一本だけ持って散歩くらいでもいいのかな~、なんて。

それに最近の多摩川で80up3本とかあり得ないですから、釣れないさんに本格装備で来ていただく程のものではないかな・・・と(^^ゞ

もちろん、本格的にやるのならお付き合いしますが、九州から装備を持ち込むのは大変でしょうし、手ぶらで来ていただいてもぜんぜんいいですよ!

まずはお会いできるお時間が作れるのであれば、それだけでも私は十分うれしいと思ってます!


(2009/04/18)
釣れないの豚は先週80up×3: >やはりそこには、自分で見つけた風景であることを主張したいのです。

これは、“分かる気”がする。

内容は全く違うけど。
俺もオーダーで家具を作る時、強烈に“作り手”の個性を求められることがある。
俺は、“ナチュラル系”で、しかもペンキが合う家具を作るのが好きでさ。

たとえて言うなら、アメリカで、おじいちゃんが作った家具を、孫やひ孫が、ペンキを塗りなおしながら使い、その重厚感がたまらない…

でも、木材本来の良さが、そのペンキを通しても分かる…

俺は、そんなのが好きなんだよ。


でも、医院のカルテ棚のような、“個性を求めない”けれど、タフで、狂いがなく、使い易い…そんな家具のオーダーもあるんだよ。

そうなると、色も俺の好みじゃないことが多くて。

じゃ、そんな注文の時は、“個性”はいらないのか?

NO!なんだよね。
それだったら、既製品か、大工に頼む。

それをわざわざ俺に持ち込む人は、その中に“僅かな”個性を期待されるんだよね。
その上で、“独特の雰囲気”を要求する。


既製品や、大工は、俺よりも整った環境で作り上げて来るんだよ。

でも、“圧倒的な作りこみの良さ”は、皆無なんだよね。

ありえないぐらいに磨き込んだ角とか。

木材を気が遠くなるぐらいに、磨きこんで。
更にペンキも何度も重ねて塗っては、磨き…


それらの“ちいさなこと”を積み重ねた“もの”からは、オーラが出だすんだよ。


う~ん。。。
また着地点を考えずに文章にしてるな。スマン。

でもね、俺はその“オーラ”こそが、 made in 俺様  だと勝手に思っている。


関係ないかもしれないが、俺はそういう“視点”でも、写真は見ているつもりでさ。

この写真からは、オーラ(写し手の、思い入れとか、主張とか、こだわりとか、魂とか…)が感じられるか?


でひでひさんが、あの時のシーバスほどに、アツくなければ、俺はここには来ないと思う。



多摩川ディは萌えですな!

ただ…
ウェーディング?

フル装備(俺の場合は、5月~10月末までは、鮎タイツに鮎タビだぞ)で、ロッドもって、埼玉から電車で?

違うか?


(2009/04/16)
でひでひ: >>ヒツジ草さん

こんばんは!!
いや、楽しかったのは僕だけかもしれませんが(笑)

北海道は今でもダートの宝庫ですよね~
道東スーパー林道っていう林道があるのですよ。
距離が60キロ以上あって、たしか日本最長の林道じゃなかったかな。
もちろんヒグマもいるだろうし、憧れの林道です。

吊り橋の写真は、数日中にupします!
SLの写真も撮ったのですが、ちょっと不思議なことが・・・
鉄子のヒツジ草さんに、次の記事で聞こうと思ってたんですよ!

(2009/04/16)
ヒツジ草: ふふ、楽しそうな道中ですね~(^^)
ダート道は昔北海道で走りましたね~。
あと、箱根から降りてくる時に林道使ったことあります。
(って、私は運転しませんがw)
おお、吊り橋にSLも見られるんですね!
続きを楽しみにしてますね♪ (2009/04/15)
でひでひ: >>釣れないの豚さん

こんばんは!!

ほほぉーー、オークションそんなに儲かりますか(^^)
僕も数回出品したことあるけど、たしかにかなりいいお金になった。
でも、正直面倒臭い(笑)
で、今でも売りたいものはあるけど、なんとなく最近はやめてしまった・・・

9月は埼玉でしたか!
なら、新宿とかのほうがいいかな…
もちろん、ゆっくり休みの日に都合あわせられるなら、多摩川いいね!
足は任せなさい!って。
ロッド持参なら、多摩川デーゲームでもいいですよ!(^^)

最悪時間なくても、できれば新宿か渋谷あたりで飯でも食えればいいね。

infoページの下のほうに、メールフォームがあります。
直接私のところにメールが届きますので、また話に具体性が出てきたら一度ご連絡くださいね!


> 時々肌が“ひり付く”感覚が欲しくなる…

なんとなくわからんでもないかな・・・
時に冒険してみたくなる気持ちは、僕にもややあります。
最近は、熊に林道で出会うことが夢です(笑)

まぁまぁ、そんなこといって本当に無理しないようにお願いします!!


> 『俺をその場所に行った気にさせる』んだよ。

ありがとうございます!
そう感じていただけるなら、最高にうれしいっす!

僕の場合、写真という以前に、そこいらウロウロ出歩くのが大好きで、
決して観光地ばかりに行きたいのではなく、自分でお気に入りの風景や土地を見つけるのが好きなんですよね。
要は、“旅写真”なんです。
最近はブログタイトルも、『旅の風景』へ変更しようかと考えたくらい。

最近の僕の写真としては、そんな旅先で出会った風景を、自分の目線が感じられるように写し止めることかな。
そこに、そのときの心情をも封じ込められたら、最高の写真と思ってます。

とはいえ、実際の撮影のときはそこまで考えてませんが^^;

でも、最近はなるべく観光パンフレットに載っているような写真は撮らないようにしています。
観光パンフレットのほうが、いい条件で撮影しているに決まっているからです。
やはりそこには、自分で見つけた風景であることを主張したいのです。


(2009/04/15)
釣れないの豚: ども^-^

そっかー俺は49年の1月だから、学年は一つ上かな?
まぁ、似たようなもんだよね。

オクも見ていただけたようで。
ここだけの話し、結構儲かります(笑)

ウエダ5本分ぐらいなら(笑)

ちなみに、ルアー等は薄利ですが、洋服が…ですねぇ^。^

東京に行く旅費とお小遣いは、これで確保済みです(笑)

ほんと、機会あれば…ですね。
東京…というより、埼玉なんだよな…。

渋谷辺りまで出た方がいいのかなぁ?
でひでひさんの“ホーム(JAZZ)”でマッタリ…が理想かな?

俺的には、多摩川をゆっくり散歩しながら…がいいかな?

足が無いからなぁ。それに土地勘ないし…。


>でも、お願いですから死と隣り合わせな遊びは避けてくださいね!

無理(笑)

別に俺、明日の朝一、死んでもいいも~ん。

その“覚悟”の上、誰よりも人生を目一杯走ってるし。
その“覚悟”があるから、無理もしなければ、誰よりも安全第一だし。

それに、自分の存在の全てを懸けて、想い抜く一人の人にも出逢えたし。

今、既に思い残すことは無いんだよね。

だから、時々肌が“ひり付く”感覚が欲しくなる…

ドMか?


なんだか脱線ばかりだけど。


昨日もさ。
何枚か写真見てて思ったんだよ。

その被写体に、限界まで近付くことにより、空気感までを伝えようとするタイプの方もおられるけど。
(勿論、その手法は好きだけど。)

でひでひさんの写真は、『俺をその場所に行った気にさせる』んだよ。

一番上の黄色い水仙(花の名前は分からん><)の写真は典型的だと思う。

以前の写真で、桜の花びらが、木の根元に沢山散ってる写真があったやん?
(ルアーの名前も覚えられない俺に、写真の表題を覚えることを期待しないで下さいm(..)m)

あれなんか、俺、あそこに行ったことあるもんね…って思わせるような。

つまり、でひでひの切り取る“もの”は、俺の『心の原風景』なんだと思う。


また、着地点を考えずに、適当に文章にしちゃったけど、まぁ、許してやってください。
(2009/04/14)
でひでひ: >>釣れ豚さん

こんにちは!!

ははっ、ついに後姿を見られてしまった。。(笑)
服の好み似てますかぁ~
実はこのダウンは、新宿のアウトドアショップでたまたま大幅値下げされていたので買ったのでした^^
東京も、ここ数日は暑くて日中は半袖okですよ!
土曜日は長野でも半袖Tシャツで過ごせました!
長野は盆地なので暑いんですけど・・・

釣れさんのオークションみっけました(^^)
すごいいろいろ出品してるんですね~
今度お気に入りのルアーが出品されたら、こっそり入札しておきます(笑)

釣れないさんも林道走るんだ!
ジムニーなら林道走らずどこ走るって感じですもんね。
しかも大分駅から10分でそんな林道があるなんて・・・
おもしろそう(笑)

こちらでは、多くの林道はゲート閉まってたりで、未舗装林道は少ないです。
なので、行けそうな林道があったら、とりあえず突入してみます。
ただ、釣れないさんほどは無理はしません(笑)
パジェミニではジムニーには勝てませんから(^^ゞ
でも、お願いですから死と隣り合わせな遊びは避けてくださいね!

9月に東京!!!
まじっすかぁ~!!!
時間があるようなら、是非どこかで!!


(2009/04/14)
釣れないの豚: おぉ!!

でひでひのバックショットだ。

結構服の好み、似てるかも?

俺も今年はブルーのダウンでした。
ヴィンテージ物を手に入れ、超ご機嫌な冬でした。
(ちなみに、九州は既にTシャツですよ…笑)

ルアー発掘も良かったみたいですね^-^

実は俺、かなり“廃盤系ルアー”もオクに出品しています。
暇な時にヤフオクのトップで“LED17発”で検索してみてください。
ジムニ用のナンバー灯がヒットすると思います。

そこから俺のほかの出品見てみてください^-^
時々、すっげーのが出てます(笑)

俺の家は、ここらへんのシーバサーやトラウトマンの“吹き溜まり”(既に溜まり場を越えてしまい…)となっており、年中ルアーの“フリマ状態”です。その中から、2週間程度動かない物は出品してます^-^

ちなみに昨日は俺も近所(家から5分)の林道に入りました。

林道…って言っても、真剣な林道で、昨日はどっぷりと溝にハマり、完全に山側の崖にもたれかかる状態で身動きが取れなくなり…

しかも真っ暗闇。

助手席側、全部やりました(爆笑)

助手席側のフロントのフェンダーと、ドアはベコベコ。
でも、もたれかかれたおかげで、転倒せずに済んだし、自力脱出も出来たし。

携帯は圏外。
勿論“大分市内”で、大分駅から10分程度のところです。(って、どんだけ田舎なんだ?)

でも、途中で更にヤバそうな林道の入り口を見つけたので、今度突入します!

勿論、崖から落ちたら、途中の木に引っかからない限り…です^-^


そうそう。
今年、9月頃、東京に行く予定ができました(^。^)v (2009/04/13)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。