『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『秋の陽射しはまだ強く』

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『秋の陽射しはまだ強く』

下の「撮んぼ」写真展の感想を書きたかったので、
今日もupです!
最近のオレ頑張ってるな(笑)
どうせ年内までだけど・・・^^;



写真はちょっと戻りまして、、、
9月下旬に行った、内山牧場コスモス園での撮影です!

私はとことん曇り男です。
雨は降らず、でも晴れもせず・・・
ってなことが多いですね。
で、この日も曇り時々晴れ程度でしょうかね。
でも時折まだまだ強い日差しが降りてきて、
コスモス達も輝いていました。

写真は、そんな日差しに輝くコスモスの花を透過光で狙ってみました。
私にしてはめずらしく、ややハイキー目ですね。





ところでこの写真、フィルムにベルビア100Fを使ってます。
最近はベルビア(50)一辺倒ではなく、
コスモスなどのように、あらかじめ被写体ブレの危険が分かっているときは、
ISO100であるベルビア100Fも使っています。

ただ…
ベルビア(50)を使い続けた後に久しぶりにベルビア100Fを見ると、
かなり低彩度、低コントラストに感じてしまいます。

でも、同じISO100で高彩度なベルビア100は、
よく、「えっ?????」っていう発色になることがあるので、
ISO100フィルムを使いたいときは、ほぼこのベルビア100Fを使います。
ベルビア(50)ほどの感動色ではないですが、
わりと色の質自体は自然でわざとらしくないです。

ただ、値段はベルビア100よりもだいぶ高いのですよね・・・
旧ベルビア(50)が残っているうちは、
安くて仕上がりも最高!ってことで文句なしだったのですが、
新ベルビア50は発色は良くても、めちゃくちゃに高いですね。
私は幸い、まだ買い溜めした旧ベルビアが残っているのでいいですが、
いずれそれがなくなれば、またまた出費が増えることになりますねぇ~
でもベルビア色だけは捨てられない。。。
うん!絶対に!!







ヒツジ草さんが所属する、
「写談・撮んぼ 10周年記念展」へ行ってまいりましたぁ~!!

29日まで新宿のフォトギャラリーキタムラで見ることが出来ます。
詳しくはヒツジ草さんのブログ↓↓の記事でご確認を!!
http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/blog-entry-50.html
作品は2点ずつ展示されていて、その中にはヒツジ草さんの作品もあります。



で、感想ですが、

「撮んぼ」の皆さんってどんな写真を撮るのかな?
風景写真の団体なの??
と、実はちょっと分からずに行ったのですが、
風景は風景なのですが、
皆さんそれぞれ見ているものは違うんだなぁ~って作品がいっぱいでした。
違う個性を持った方々が集まって、皆さん写真のお勉強をされているようです。



ヒツジ草さんは、ヒツジ草さんの作品らしく、
街角で逞しく根を張り、そして目立つことなくひっそりとその生涯を終えていく・・・
そんな街中で繰り広げられる植物の生き様のようなものを感じました。
こんな何気ない街角の植物にも生命感を感じてそれを表現する、
このヒツジ草さんの感性には脱帽です。
私には持ってない世界観をお持ちの方なんですよね。



あと私が目を惹かれたのは、
摩周湖の雲海の写真です。
(ってか、摩周湖ですよね??)
ヒツジ草さんのブログでその時の情景は拝見していましたが、
プリントで見るとこれまた圧巻です!
大自然の躍動感!
地球は生きているんだ!
ともかく大自然のスケールの大きさを感じずにはいられない光景ですね。
この作品は是非とも全紙サイズで見せていただきたい!と思いました。
自然を愛する方なら、きっと何かを感じるであろう作品だと思います。

もし私がこのときに現場に居合わせていたらどうだったろう…
きっとあまりの感動に手が震えて、
もしかしたらシャッターを切ることすら出来ないんじゃないか?
そんな想像までしちゃいました。
それを冷静にフレーミングされてらっしゃる作者の方の冷静さはさすがですね。


ちなみに、こちら↓↓はそのヒツジ草さんが見てきた摩周湖の夜明けの雲海です。
http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/blog-entry-18.html


その他、カマキリの赤ちゃんの写真にはちょっと笑顔になったり、
身近な銀座やお台場の風景もあったりと、
見所はたくさんだと思います。



これから行かれる方、心を綺麗に洗浄してから行ってくださいね。
きっと心に残る作品が見つかるのではないでしょうか。



今日は平日にもかかわらず、
幸い武蔵五日市から直帰できる日でしたので、
のんびり17時前には到着して楽しむことが出来ました。

実はその頃…、まだメタ子は仕事中だったのだ。
文句も言わず快く行かせてくれたメタ子さん、ありがとう~!!








(2008/10/23)

カテゴリー:


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-209.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/209-0f4703d6

でひでひ>>ヒツジ草さん: ヒツジ草さん、こんにちは!!

こちらこそ、こちらの記事を紹介いただきましてありがとうございますm(__)m
いろいろと私の勝手な解釈で感じたことを書かせていただきました。

写真のセレクトも、皆さん意味のある組になってましたよね。
当たり前だ!と言われそうですが・・・(笑)
タイトルとコメントまで掲載されているので、3~4枚くらいの組写真で展示できたらもっといろいろと表現が出来たのでしょうね。

ヒツジ草さんの作品は、個展のときと同じ視点でセレクトされたんだろうなぁと思いました。
とか言っても、私はそれを見ていないのですが…^^;
でもヒツジ草さんのどんな小さな植物でも慈しんで大切に思う気持ちが、これまでの数多くの写真の中から感じます。
今回も例外ではなかったと言うことです。

それにしても、グループの皆さん、ホント写真が大好きなんですね。
先生のコメントにも、「みんな写真が大好きだし、よく撮ってくる」と仰っていて、それはヒツジ草さんを見ていてもそうなんだろうなぁ~と。
自宅周辺でも積極的に撮影されてらっしゃるんですもんね。
まぁ多くの方はそうなのかもしれないですが、私の場合、正直なところ写真が好きなのか、旅が好きなのか、よくわからないんですよね。
カメラを手にした当初は、ともかく何かを見つけてシャッターを切るだけで楽しかったけど、最近はなかなか積極的にそこまで何でもかんでも撮る気にはなりません。
でもかと言って、カメラを持たないで行く旅が出来るかといったら、それは詰まらな過ぎる。
むしろ写真が撮りたいからツーリングに行くぞ!くらいな感じ。
なんだろう…、つまり旅=写真みたいな感じなのでしょうかね?
そう、最近はそんな自分の中での写真の位置づけも良く分からないような・・・
まぁそんなことはどうでもいいですね。(笑)
昨日も楽しく写真を撮ってきましたし!

摩周湖の写真はデジタル作だそうですね。
個人別の作品の案内に、ちゃんとデジタルには赤ペンで印がされていたので、すぐに分かりました。
そんな鑑賞側への配慮もすばらしいですね!
いろいろな作品の集まるグループ展では、それも必要なのでしょうね。

でもあの光景は感動ですねぇ~。
でも僕なら興奮しすぎてその場でぶっ倒れるかも知れないですね。(笑)
少なくとも、平常心でシャッターを切ることは出来ないはず。
私は早起きして撮影することがほとんどないので、このままではあんなにドラマチックな霧の幕開けを見ることは出来ないんだろうなぁ・・・
僕もバイクから車に乗り換えようかな…
車なら現地車中泊でそのまま朝撮影が出来るもんなぁ…

(2008/10/26)
でひでひ>>釣れ豚さん: おれ=釣れないの豚さん、こんにちは!!

ちょっとだけ久しぶりじゃないですかぁ~
今はランカー獲りに忙しい時期ですよねぇ~
でも「おれ」の名前を見てちょっとだけ安心しました。
いつもの調子で釣りしてるんだなぁ~ってね。

“秘密のジグ”そんなことを書いたこともありましたね。

東京湾だと様々な種類のバチが抜けるんです。
1月くらいから6月くらいまででしょうか。
そのなかでも4~5月くらいは、バチパターンじゃないと見向きもしないことも多いのです。
“釣れる”時期だけに、攻め方ひとつで釣果に大きく差がついてしまう時期でもあります。
九州でも当てはまるかどうかはわかりませんが、一応私の地元でのパターンを書きます。

まず“秘密のジグ”は置いといて、、、
王道の釣り方として、ペンシル系のルアーを選択するのですが、
①ニョロニョロに代表されるような、泳ぐタイプのスローシンキング系
②バチペンのように、水面漂い系
たいてい①を選択するのですが、大規模なバチ抜けボイルが発生したとき、②のルアーじゃないと食わないときがありました。
しかもただ浮かせておくだけ。(笑)

なので、基本①なのですが、バチ抜けのときは意外とレンジが大事なようです。
①思いっきりロッドを立てて(バンザイ状態)、スロー巻き
②ロッドを寝かせ気味で、スロー~ミディアム巻き
だいたいどっちかでしょうか。
これを逆のことをやっていると、不思議とまったく釣れなかったりします。

あとはカラーがめちゃくちゃ大事。
これは東京湾だけなのかなぁ~
湘南、西湘などで釣りをしていると、東京湾ほどカラーには神経質にならなくても釣れる気がします。

まぁそんな感じで一通りボイルが終わって釣れなくなったとき、その“秘密のジグ”を投げるともうちょっと釣れたりします。
なぜかはよくわかりませんが、いったん魚が沈んだところに、目の前に細身のジグを通されて、反射的に食ってるんでしょうかねぇ。

具体的には、ジグの名前は忘れましたが、6センチ前後と小さめで、かつ、細身のジグです。
コイツを投げて、ロッドを立て気味で、底を擦らない程度にミディアム程度でリトリーブします。
ジャークなどは入れずに、タダ巻きです。
すると、バチ抜け時と思えないような、ひったくるようなアタリが出ます。

あと、バチだらけの東京湾ですら、バチ抜けボイルが出ているのに、ミノーに高反応のときもあるんです。
こればかりは本当によく分かりません・・・
まぁスズキの気持ちが理解できたら苦労しないですよね。(笑)


で、釣れ豚さんから聞いたその状況からすると、私ならこう攻めてみるかな。
と言っても、すでに散々釣れ豚さんがあの手この手で攻めてるでしょうから、あまり参考にはならんでしょうが…^^;
①ヨレヨレorワンダーなどのシンペンをアップクロス気味に投げて、流しながらユラユラ通す。
②ダメならいきなり目先を替えて、バス用トゥイッチングミノーで表層近くを連続トゥイッチ。
③すかさずもう一度①でやってみる。
④それでもダメなら、“秘密のジグ”攻撃で、ズバリ魚のいるレンジを通す。(秘密にする程のものではないが(笑))
⑤最後の手段として、目の前をバイブレーションの超早巻きで反射食いしないか試す。
⑥あきらめて場所移動。。。

なんて、偉そうに色々書いたけど、たぶん釣れ豚さんで出ないんだから、僕だって出ないですよ^^
でも見えてるだけに釣りたくなる…、そしてだんだん意地が出てくるんですよね。
でもそうやって何とか釣ってやろう!といろいろ考えることこそが釣りの醍醐味であって、
それが出来る釣れ豚さんはやっぱり本物の釣り人ですな。

そうそう、私も今月は3回出漁しましたが、湘南サーフで一本掛けたけど、目の前で波にさらわれましたぁ~(T_T)
悔しくて、翌週以降多摩川へ2回行ったけど、多摩川本当に釣れないです。
河口で羽田空港拡張工事が始まってしまったので、その影響かもしれません。。。
友人もボロボロのようです。
最近やっとテレビでも報道されるようになったけど、魚影が濃い東京湾なんて、昔のことですよ。
シーバスも例外ではありません。

(2008/10/26)
でひでひ>>空さん: 空さん、こんにちは!!

結局12時間睡眠してしまいました。
こんなに寝たのは何年ぶりか・・・

コスモス畑は本当に気持ちよくて、
ただ天気は曇りベースだったのですが、時折射してくる日差しは強く、そのたびにコスモスの花が活き活きと浮かび上がってくるのでした。

渋滞、どうやらこの日はどこへ行っても特別酷かったらしいです。
白駒池を目指した人で、あまりの渋滞で結局辿り着けずに途中でUターンしたという話しも聞きました。
ちょうど3連休の中日で、しかも前の日の天気がイマイチだったので、それでこの日にみんな集中したのでしょうね。

平日のおでかけは私も憧れですねぇ~
空さんは土日もお仕事なんですね。
それは大変・・・
私ならストレスで発狂してると思います。(笑)

昔はよく「貧乏暇なし」っていいましたけど、最近の多くの会社ではそれは逆になってきているらしいです。
つまり、企業もコスト低減に力を入れないと生き残れない。
そうすると残業代はなるべく安く抑えたい。
なので、最近は出来の悪い社員が遅くまで仕事をするのではなく、最初から出来のいい社員に仕事をさせよう!って発想のようですね。
つまり、優秀な人財にばかり仕事が集中して、優秀な人ほど忙しい。
出来の悪い人は暇してる。
そんな世の中になったようです。
(違う!って会社もまだ多いでしょうが・・・)

ってことは、空さんはきっと期待されてるのですよ!(^^)
僕は何事にも中途半端なので、今のところ土日はしっかりと遊びまくりです。

(2008/10/26)
でひでひ: 皆様、コメントありがとうございます!!

先ほど秋山郷から帰還しました。
が、猛烈な睡魔と疲労感から、今日はおやすみなさい。。。

すみません!また明日改めて


(2008/10/25)
ヒツジ草: 早速ご覧いただいて、紹介記事をありがとうございました(^^)

グループ展のときは、それぞれ自分の出したい写真を
何点かピックアップしていって先生と相談して選ぶんですが、
特にテーマとか決めているわけでもないのですが、
いつもそれなりにまとまって出来上がるので不思議です。
先生の構成が上手いのかもしれませんね。

私が出したやつは、個展の時の流れで撮ってたものなんです。
でも、組にしてタイトルと解説をつけなきゃいけないことになって、
結構苦労したのでしたw撮る時はそんなにいろいろ考えてません。
でもまとめるにあたって考えてみて、
要するに撮りたかったのはこういう事なんだよなって思います。

ふふ。写真の勉強をしてるって意識もないんですよ。
月1で撮影会と講評会がありますが、
撮影会以外でもメンバーの皆さん、それぞれ自宅周辺などで撮って来ます。
そういう写真を見せてもらうと刺激になりますね~(^^)

あ、それから摩周湖の写真はデジなのですよ。
展示してしまうとデジとかフィルムとか、そんなに気にならないかなとも思いますね。

空さん、展示が終わったら、いずれ撮んぼのHPに載ると思いますので♪
載ったらお知らせしますね。 (2008/10/25)
おれ: ゴメン、お久しぶり。
お久しぶりで、いきなり用件。

バチ時の“秘密のジグ”って?
というのがさっき“あっち”を読み返しててさ。
この時期ね、バチ抜けるんだよ。汽水域で。
で、その対策はばっちり出来てて、爆釣なんだけど、その時合いが終わった後に、橋脚周りで、ヌラ~、ヌラ~、って流れてきている(おそらくバチ…2~5cm…目には見えない。)を捕食しててさ。

4年越しの攻防。
もちろん、連敗。
昨夜初めて、微妙にヒットまでは持ち込んだんだけど、掛かりが浅くて。
4つとも、捕れなかった。

でひでひさんの長年の積み重ねを、こうやって簡単に聞くのは申し訳ないんだけど、良かったらヒントでも…と思って。

だってよ!
60~70のが、2~30匹、目の前(一番近いとほんの2~3m)でヌラ~、ヌラ~って…。
(2008/10/25)
空: こんばんは♪

コスモス・・その一厘は可憐な花なのに、群生すると見事ですね♪
ハイキーで、明るい花畑が気持ちいいですよ~(*^^*)

野反湖ツーリングの一部始終も読みました~
渋滞はほんと困りものですよね。
とくに山道は、抜け道が少なくて、こうなるのでしょうかね~
休日の関係上、集中するのはしかたないんでしょうが、
平日に自由に出かけたい・・・理想ですね~
有給とりまくりたいですよね(笑)

撮んぼの写真展、私も興味しんしんなんですが、残念ながら、土日は仕事がありまして
行けそうになく、平日も3時まで仕事。。。
時給730円の安月給です。
都内では、信じられない安時給でしょ~^^;
最近、キャリアのある女性になりたかった、なっておけばよかったと後悔しきりです(笑)
もう遅いです、手遅れですが・・・ハァ
話それました~(笑)

個性溢れた撮んぼの写真展、のちほどHPなどで公開されましたら、
ぜひ拝見したいと思っています♪



(2008/10/24)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。