『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『夢まだ覚めぬ』

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『夢まだ覚めぬ』


久しぶりの更新となりました。

だいぶ前から騒いでいたように試験でバタバタしていたため、
全然写真なんか撮りに行けてません。
もうGW以来シャッター押してないな・・・
んな訳で、例によって過去の写真で未掲載のものを探してきました。


場所は群馬県と長野県の県境にある渋峠。
秋の志賀高原紅葉撮影のときのものです。
この日は前夜から車で立つ予定でしたが、
ところが前夜まで台風で暴風雨。
が、翌朝までには台風は抜けて静穏の予報だったので、強行しました。

山の麓の道の駅で、大雨の中車中泊。
朝までに止むことを信じて寝ました。
そして携帯のアラームで暗いうちに起床。
暗くてよく分からないけど、雨は止んでいました。

そのまま暗い中、峠目指して出発!
標高を上げるごとに気温は下がって、
台風通過直後と言うのに、峠付近の気温は氷点下まで下がり、
路面ガッチリ凍結でした。
(ノーマルタイヤだったので、かなりビビリましたが・・・)
しかも峠はまだ台風への吹き返しの風が残っていて、
すげぇ暴風です。
おまけに次々にその暴風に乗って雲が通過。
一瞬にして深い闇の中へ…みたいな感じでした。
でもこんなときでもカメラマンいっぱいでしたね。
みんなこんな状況でも陽は登る!と信じているのでしょうね。

氷点下で暴風ですから、手はかじかんで使い物にならなくなってくるし、
軽いカーボン三脚は一瞬にして倒されるほどでした。

が、やはりご褒美は待っていました。
『湧き上がるドラマ』
詳細は↑↑の記事で書いたので書きませんが、
次々に雲が通り過ぎる中で、急に辺りが少しずつ開けてきて、
顔を現したのが『湧き上がるドラマ』←この写真です。

私は自称ツーリングカメラマンなので、
あまり良い景色を狙って早朝から活動するほうではないですが、
やはり朝にはドラマがありますね。
忘れることの出来ない日の出を目撃しました。
周りのベテラン風景カメラマン達ですら、かなり興奮状態でみなさん撮影されていたので、
本当に運良く良い日の出に立ち会えたのだと思います。
この日のすべての巡り合わせに感謝です。

この写真からはとても直前まで濃霧の中だったとは思えないでしょ?


で、話はだいぶ今回の写真からは逸れましたが、
今回の写真は、上記のドラマチックな日の出の直後に撮影したものです。
皆さん日の出に夢中の中、ふと振り返ると、
ご覧のように反対側の山側の雲が真っ赤に焼けていて綺麗でした。
35ミリ判カメラ+ズームレンズの機動力を活かして、
すかさず撮影しました。

タイトルは後付けです。
この写真を見ていたら、何となくまだ夢の中にいる時間だなぁなんて思って
このタイトルにしてみました。
つまりこの場合の夢は、今回の夢のような日の出という意味での夢ではなくて、
単に寝ているという意味で夢という言葉を使いました。






さて、問題の試験が終わったわけですが、
受験予備校の解答で自己採点してみると、
予備校の予想ボーダーラインとほぼ同一の点数。
つまり微妙なことになりそうです。

ってか、今回は理論問題がビックリするほど簡単な問題が出たんです。
それに私はやや怒り気味です。^^;
普通、問題が簡単なら喜ぶところでしょうが、
この試験は問題が簡単だろうが難しかろうが、
上位10%ほどで切られてしまう試験です。

そうすると、問題が簡単だと、
あまり勉強していない人がたまたま合格してしまって、
普段成績が上位の人間が落ちてしまうということが生じてしまうんです。

もちろん、それにも負けないくらいの結果を出せ!
と言われればそれまでですが、
皆さん真剣に勉強してますので、そんなには差はつかないんです。

今年はこの科目は絶対に受かっておきたかったので、
私は人一倍手広く学習をしておきました。
最近の試験傾向からも難しい問題が出るものと思っていたからです。
それが蓋を明けてみれば、受験生の8割が書けるような問題ですよ・・・
これじゃ何のために私は一年間人一倍手広く勉強してきたのって感じですよね。

まあまあさっきも書いたように、
それでも負けない実力があれば良いわけですから、
あまり文句言っても仕方ないですけどね。


で、あまりここまで文句ばかり書くと明らかな不合格と思われそうですが、
一応今まで合格してきた科目は、
予備校の予想合格ラインを若干下回る程度で合格してきてますので、
それを考えると、むしろ今回のほうが合格してそうな期待はあるのですけどね。
でもたぶんすべての受験生が今の自分と同じ心境にいると思います。
年末の合格発表まで、それぞれみんな不安を抱えたまま過ごすことになります。
でもそんな不安の中、来年へ向けてまた新たな戦いが始まるのです。

いつまでこの戦いは続くのでしょうか・・・
最終合格するまで?
いやいや、むしろ合格した後のほうが厳しい世界かもしれません。
たぶんそうです。
もう立ち止まっている暇はないでしょう。
一昔前のように、年功序列あるいは資格さえあれば生きていける時代ではありません。
そんな緩々な時代をうらやましく思いつつも、
現代に生きる以上、この競争社会を歩んでいかなくてはならない。
頑張るぞ!といいつつも、たぶん現代人はみなさん不安を抱えているものと思います。

いや、なんで急にこんな話になったかと言うと、
試験の後の気晴らしに、先週末は二日連続で遅くまで友人と飲みながら語りました。
いろいろといい刺激を受ける一方で、異業種の友人と話すことで、
現代社会の厳しさを改めて感じる一日でもありました。


最後は写真とまったく関係ない話になりましたが、
でもやはり厳しい環境で生きてこそ、趣味って大事だと思います。
写真、釣り、バイク・・・
趣味にハマりすぎた!って言われそうですが、
でも私にとって趣味が無くなったら、生きる目的を失いそうで・・・
なので、今後も私はいわゆる仕事人間になる気はまったくないし、
必ず趣味も仕事も同じくらいアツくこなせる人間を目指したいですね。




(2008/08/12)

カテゴリー:


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-189.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/189-666db7b2

でひでひ>>釣れ豚さん: 釣れ豚さん、こんばんは!!

うんまあ確かに釣れ豚さんにはこのくらいのほうが感じてもらえるだろうって気がする。
もちろん万人に理解してもらおうなんてまったく思ってないっす。
ってか、自分自身も本当にこんなにアツい人間なのかも分からない。
でもだからこそ自分を奮い立たせるために、こういうアツいことを平気で書いているのかもしれない。
最近そんな気がします。


(2008/09/06)
おれ: いや
俺には
ちょうどいい。

万人に
理解してもらえたら
それにこしたことないけど

それを望んでいるわけでは
ないだろ? (2008/09/04)
でひでひ>>釣れ豚さん: ありがとう・・・

ちょっと熱すぎたか?^^;

(2008/09/04)
おれ: 泣いた。

(2008/09/03)
でひでひ>>空さん: 空さん、こんばんは!!
こちらこそご無沙汰してまして・・・(^_^;)

試験は終わったのですが、まだ撮影には行ってません。
試験直前は人と会話する機会が激減するので、その反動からかこのところ平日休日ともに飲み歩いてる日が多いです。^^;
時には終電後まで飲んでたりして、めちゃくちゃ不健康生活です。

実は今週の土日で新潟・長野ツーリングを企んでいたのですが、この天気でしたので延期しました。
来週には行けるかな・・・

写真へのコメント、ありがとうございます。
こちら「シブトウゲ」と読みます。
草津から志賀高原へ抜ける志賀草津道路にある峠で、ちょうど群馬県と長野県の県境に位置します。
標高は2000メートルを超えていて、すでに森林限界を超えているエリアですので、あたりは低木や立ち枯れたような木が目立ちます。
でも空さんご指摘の通り、それがなかなかいい朝の雰囲気を醸し出していると言えそうです。

空さんも御嶽山や玉原高原へ出かけられたようですね。
マイペースで楽しまれているようで何よりです。
そうそう、玉原のラベンダー畑は昨年他ブログで拝見して、行ってみたい!!と思っていた場所の一つです。
試験直後に行くことも少しだけ検討していたんですが、検討しただけで今年は終わってしまいました。
またお時間があればご一緒に秋撮影でもいかがでしょうか。

> 趣味も仕事も同じくらいアツくこなせる人間

ちょっとカッコいいこと書き過ぎました・・・
今見ると恥ずかしいです。(笑)

(2008/08/24)
空: 試験、終わったんですね~(*^^*)

ご無沙汰しておりました♪
今頃は、連休ですので、どこぞにお出かけなのかもしれませんね(*^^*)

渋峠・・なぁんも知らなくて、恥ずかしいのですがシブシトウゲって、読むのでしょうか・・・
日の出の瞬間、枯れ木のシルエットが、なんとも哀愁のある雰囲気ですね。
荘厳だったでしょうね~
一枚目の残月がまだ残る朝、一日の始まりが静かに始まる・・・こちらも素敵♪

> 趣味も仕事も同じくらいアツくこなせる人間
いいと思います!
ガンバッテ。.:*・゜*


(2008/08/24)
でひでひ>>ヒツジ草さん: ヒツジ草さん、こんばんは!!

渋峠です。
ヒツジ草さんもこのあたりは詳しいことでしょうね。
で、やはり反対側も撮りましたか。(^^)
夕方の撮影とかでもそうですけど、他の大勢の人と反対側にカメラを構えるって、なんか快感に感じるんですよね。(笑)
ほんのり赤く染まる雲と浮かぶ月、なんかまだ夢の中にいるような、そんなことを感じました。

この日は本当に風景運?が良かったんですよね。
この日の出にはじまり、その後は南志賀、奥志賀、秋山郷とまさにピークの紅葉が出迎えてくれたし。
これまででもっとも満足感を得た撮影だったと思います。
途中でお腹いっぱいって感じになっちゃって、夕方の撮影はパスしたくらいです。^^;

あ~、ヒツジ草さんも試験で苦労されたことがあるんですね。
そうそう、その結果を待たされてる間はどうも落ち着かなくて。
私もこれから年末まで待たなければなりません。
発表当日なんて、試験日よりもはるかに緊張してしまいます。
でも今はやっと試験から離れて、落ち着いてきたところです。
本当は今週は新潟までツーリング予定だったのですが、雨っぽいのでやめました。
来週末はいよいよ試験後久々の撮影が出来るかもしれません。

(2008/08/24)
ヒツジ草: 渋峠ですね~♪
私も反対側の木立ち、撮りました(^^)
でも、気がつくのが遅くて、
もっとオレンジのコントラストの強い感じになりました。
ピンク色に染まった雲に月の白さが映えて、
うっとりしちゃいますね♪
夢まだ覚めぬって雰囲気ぴったりですね。

前の掲載分も改めて見せていただきましたけど、
劇的な光景に出会えてよかったですね♪
でも、きっとでひでひさんの日ごろの行いがいいのでしょう(^^)v

試験の結果、出るまで待ち遠しいですね~。
そろそろ夢から覚めました?
そういえば、看護師の国家試験の結果がわかるのって、
就職してしばらく経ってからなのですけど、
待ってる間っていや~な感じでしたw (2008/08/23)
でひでひ>>かぷちーのさん: かぷちーのさん、こんばんは!!

ありがとうございます!
そうですね、私としてもあとは祈るのみだと思ってます。

そういえば、かぷちーのさんと同じことを私が通っている予備校の社長が言っていました。
「不合理な出来事に襲われたときには、神が与えてくれた試練だと考える。神は愛する人に耐えられるギリギリの試練を与える。」
ちょうど今はオリンピックやってますが、スポーツ選手って不合理なことで負けても決して言い訳しない人が多いですよね。
逆にここで言い訳をする選手とかはマスコミに叩かれるわけですが、でもここでその不合理な事実を人のせいにしないって、それだけですごい精神力なんだなぁって思います。
私にはなかなかそこまでは言えません。
どうしても文句が先に出てしまうのは、まだまだ自分を鍛え足りないんでしょうね。^^;

またこんな言葉も残されていました。
「どんなに実力があっても、合格しない限りタダの人だ。」
「自分は運が強いと信じる。不合格になったら、その時が正念場だ。実力があるのなら、続ける。」
つまり、もうあまり終わった試験のことばかり考えず、不合格なら何度でも立ち上がるだけの強さを持つことのほうが、人生を歩む上では大事なのだと思います。

まあいろいろ書いちゃいましたが、とりあえず今は勉強をする気はまったく起きないので、しばらくは気が済むまで楽しい週末を過ごしたいと思います。(^^)

写真はそう、朝なんです。
今見ると、ちょっとタイトルが硬い!って気がしましたが、イメージ的にはそんな感じで、「半分まだ夢の中」みたいな感じに思いました。
こんな時間に起きてるなんて、釣りのときくらいしかあり得ないですからね。(笑)


(2008/08/13)
かぷちーの: でひでひさん、こんにちは♪
試験、お疲れ様でした。いい結果が出るように、祈ってますね。
どんな試験でも、人生においても、”運”というのは付いて回るものなんだな、という気がしてます。
そしてやっぱり強運の持ち主ってのはいるもので、不公平だなって思うこともあります。
でも世の中は不公平と不条理なことがいっぱいで、それを嘆いていても仕方ない
それも自分が背負った宿命なのだと思うしかないようなことも、時にはね。。。。
でも、頑張ったことは絶対無駄にならない。
そのときは無駄と思っても、いつか必ず何かの形で役に立つってそう信じてます(^^ゞ

で、このお写真は、朝なのですね。
そう思って見ると、「夢まだ覚めぬ」というタイトル、とてもしっくりきます。
寝ている、という意味の夢の中。
まだ寝ているぞ、という雰囲気、なぜか感じる~。
そしてまた、皆が撮らない一枚が、何気によかったりするのですよね。
私も日の出とか夕暮れ写真を撮るときは、後ろも振り返ってみるようにしよう(^^)

あと少しだけど、”夏”を楽しんでくださいね(*^▽^*)/ (2008/08/13)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。