『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『湘南暮情』

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『湘南暮情』


タイトル、慕情を捩ってみました。
そのくらい私にとって湘南の海は慕わしい海です。
学生時代の一時期、毎週のように電車でシロギス釣りに出かけたところから始まり、
最近でもスズキ、ヒラメを追って車で通い詰めた時期もありました。
生きててよかった…と感じるくらいの楽しい思い出をたくさんもらった相模湾の海です。

写真は稲村ケ崎からみた湘南夕景です。
事前に撮影座をしっかり決めておかなかったため、
直前になってバタバタしてしまいましたが、
一応構図も纏まっていたのでホッとしました。

露出に関してちょっとアンダーかな?とも思いましたが、
今回の場合、海の色を強調したかったので、これを採用しました。
一応もう半段明るめのカットも用意はしているのですけどね。
もしかしたら気分次第で掲載写真を明るめのほうへ変えるかもしれません。

風景自体も、江の島の背後に夕陽が沈む時期でしたが、
富士山、江の島、夕陽、海という稲村ケ崎の見所すべてを詰め込んだ写真を撮るには、
この夕陽の位置が一番いい位置のように思いますね。
これ以上富士山寄りになったら、バランス的にどうかな?って思うし。
やっぱ江の島の背後でよかったです。
ただ一つ残念だったとすれば、空に変に飛行機雲?が走ってしまったことですね。
せっかくの綺麗な色の空が、ちょっと汚くなってしまったように思います。
でも湘南の夕暮れの美しさと言えば、やはり海だと思いますので、
海主体に撮りました。
なので空よりも、海に反射する夕暮れ時の美しさを感じていただければ幸いです。






さて、今回の写真はすでに前回記事で書きました撮影会での写真です。
今回の撮影会は、相模湾の魚がたくさんいるエノスイを私がどうしても見ておきたかったってことと、
ヒツジ草さんがエノスイの年パスを持っているということで実現しました。

まずみんなでそのエノスイへ行きました。
まず目に飛び込んでくるのは、相模湾大水槽!
こりゃいきなり興奮です!(笑)
マイワシの群れから、それを餌にするスズキやカンパチ、
そして表情のかわいいカワハギ、ウマヅラハギ、ハリセンボンなど、
ともかく相模湾の魚すべてが自然の生態系のままに再現しているような水槽なんです。
私としては、自分の釣りの対象魚であるスズキの捕食シーンなどを見てみたかったのですが、
さすがに真昼間でガヤガヤした環境でしたからおとなしかったです。
きっと夜や早朝には、あのマイワシの群れを追っかけていることでしょう。

あと結構見入ってしまったのは、シロギスなどがたくさんいた水槽。
シロギスのほか、マゴチ、カサゴ、可愛いヒメジやホウボウ、さらにダイナンウミヘビと、
普段私が湘南からの投げ釣りなどで目にする魚たちがいっぱいの水槽でした。
湘南沿岸部浅瀬の海に一番近い環境だったでしょうね。
それにこの水槽にいたシロギスが結構デカイんですよ!!
ほとんど25センチオーバーで、もしかしたら湘南では幻と言われている、
“尺ギス”(30cmオーバー)もいたかもしれません。
こんなにデカイキスの群れは初めて見ましたねぇ~
思わず釣りの仕掛けを投入したくなっちゃいますよね。(笑)

今回みなさんに人気があったのは、クラゲ水槽のようです。
クラゲって普段岸壁などから上から見ると、別に綺麗でもなんでもないけど、
ああやって水槽で漂う姿を見ると、本当に癒される気分です。
特に普段東京湾などでも見慣れているミズクラゲやアカクラゲが
すっごく美しくて気に入りました。


昼過ぎくらいに水族館をあとにして、江の島へ。
ここではシラス丼をいただく。
江の島は観光客が多かったですね~。

江の島は昼食のみで、夕陽の時間に合わせて稲村ケ崎へ。

そうそう、移動は江ノ電だったのですが、
普段バイクなどから走る江ノ電はよく見てますが、
乗ったのは初めてかもしれない。
すっごい江の島~鎌倉の街に密着した感じです。
一部車と平行して走るところもあるし、海沿いを走るところもある。
本当に湘南に溶け込んでいる感じですね。
どうせならのんびりと鎌倉まで途中下車の旅を楽しみたい気分でした。

稲村ケ崎に到着し、夕陽の時間までみんな思い思いに撮影。
この時点で富士山は見えず、空もかなり霞んでいたので、ちょっと心配してました。
私はしばらくかぷちーのさんとおしゃべりをして、
すぐに夕陽の時間が迫ってきました。
すると夕陽の傾きに合わせて、徐々に富士山のシルエットがモヤの中に浮かび上がります!
本当に良かった、富士山が見えて。
やっぱ富士山が無いとね!
上の写真、富士山が無かったら全然いい絵にならないもんね。
それにモヤのおかげで、太陽も潰れずに描写されたし。

そんなわけで、日頃の我々の行ないがいいのか、
最後まで我々に味方してくれましたね。

稲村ケ崎の夕景もなかなかなもので、
今度は冬の空気が澄んでいる日に、
日没後で残照がわずかに残るくらいの時間帯に狙ってみようかなぁ…
などど、早くも次の構想を練っていたりします。^^;

そういえばもう一つ妙に印象に残っているのが、
いつも冷静な感じのヒツジ草さんが、撮影終了後、足元を濡らしていたこと。(笑)
ヒツジ草さん、ゴメンなさい。
でもそれだけファインダーの中の光景に夢中になっていたってことでしょう。
素敵なことだと思います。
私も南志賀の牧場では、撮影に夢中になって牛の糞踏みまくりでしたから。(^^ゞ



そんな感じで、当日の思い出に浸りながらも、
まだなおupする写真、アンダー目の写真か、半段プラスの写真か悩んでたりします。(笑)
風呂入りながらのんびり考えます。



結局アンダー目の写真にしました。
こっちのほうが何となく味わいを感じるから。
それに富士山もクッキリ出てるんで。



ってな訳で、ヒツジ草さん、空さん、かぷちーのさん、mToTmさん、
お疲れ様でした。。。


それと、もしかしたらもう一枚、後日upするかもしれません。






<今回の仲間達の写真と記事>

(ヒツジ草さん)
① 江ノ島水族館 その1
② エノスイ その2 モノクロクラゲ
③ 稲村ガ崎
④ 稲村ガ崎 その2


(空さん)
① 江ノ島水族館に行ってきました♪
② クラゲくん♪
③ 丸くて青いもの
④ 海   INAMURAGASAKI


(かぷちーのさん)
① 海を愛する男と女の物語の始まり始まり~♪みたいなタイトルで遊んでみた(^^;
② Seaside memory in inamuragasaki


(mToTmさん)
① 江ノ島~が見え~てキタ~♪ オフ会イン湘南。。。(今何時、そうねだいたいねぇ~♪)
② やわらかい命
③ Seaside Romance...
④ Seaside Romance... again...
⑤ ちょっと一息…


(でひでひ)←私
① 『湘南暮情』
② 『思い出は黄昏色』






(2008/03/23)

カテゴリー:

富士の風景


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-166.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/166-63482552

でひでひ>>mToTmさん: mToTmさん、こんばんは!!

色は何と言ってもベルビアのおかげです。
もちろん見たままの色ではないですが、当日のイメージとして残っているのはこんな色かなぁと。
つまり心の色を描き出してくれるのが、ベルビアの好きなところです。
これこそ風景写真家に愛されている所以でしょうね。

フィルターワークについては、マスターしているかどうかはわかりませんが、気は遣ってます。
とは言っても、UVとPLをその都度付け替えているだけの話なんですが。^^;
あと最近はハーフNDも持ち歩いています。
斎藤友覧氏という風景写真界で著名な写真家がいるのですが、その方のハーフNDを使いこなした風景写真を見て以来、めちゃくちゃ影響を受けました。
でもご存知の通り写真はファインダー像以上に明暗の差がハッキリ出ますし、それでいてハーフNDを使うというのは仕上がりも想像しにくく、本当に使いこなせるようになるには時間が掛かりそうです。
今回の色に関しては、フィルターはUVフィルターのみですので、単純にベルビアを使ったことと、露出をアンダー目にしたことによるものです。

いや~ホント楽しかったですよね!
今度のご一緒するときは、可能であればポジをそのまま持っていきます!
よろしかったらmToTmさんもまたプリントを見せてください!!

(2008/03/27)
mToTm: わぁ、、、とても幻想的なお写真ですね。。。
夕日の明るさと富士山が印象的ですが、なんと言っても色調が素晴らしいです。
フィルターワークをキチンとマスターされてるので、拝見していて、感動が感じられます。。。
色の出方、階調感も滑らかですね、、、。
ブログで拝見してもコレだけ感じるのだから、プリントを拝見したら、さぞかし素晴らしいんだろうなあ。。。

オフ会、とても楽しかったです、またいつか、ご一緒しましょう!! (2008/03/26)
でひでひ>>FSK-JPさん: FSK-JPさん、はじめまして!!
お越しいただきまして、ありがとうございます。

はい!とっても綺麗な夕日でした。
私はヒツジ草さんに全部お任せで、付いていっただけなんですけどね。
さすがヒツジ草さんはなかなかのガイドでした。

>思い出の地で、こんなに素晴らしいものをみたら

そうですね~
でもまだ湘南の海は過去のものではなく、今でもとってもお世話になっている海なんです。
写真というより、釣りでお世話になることのほうが多いのですが。^^;
なのでまだまだ今でも思い出をたくさん積み重ねている段階かな。
釣りの思い出だけでなく、この日の夕日も確実に私の思い出の一ページに刻まれました。

知らない土地を旅しながら写真を撮ることも、とっても好きなのですが、
でも知っている土地だからこそ、写真に残しておきたいと思うこともありますよね。
湘南・西湘~三浦半島の風景は、自分にとってまさにそんな感じなのです。

ありがとうございました!!

(2008/03/25)
FSK-JP: こんにちわ♪ ヒツジ草さんのところから飛んできました^^
素敵な夕日ですね~。思い出の地で、こんなに素晴らしいものをみたら感傷に浸ってしまったのでは?
次の写真も見たいですね♪
(2008/03/25)
でひでひ>>カルネさん: カルネさん、こんばんは!!

うわぁ~そうだ!カルネさんをお誘いすればよかったんだぁ~~!!
とっても後悔。。。
ってか、お誘いしてたら参加してくれたでしょうか?^^

今回の参加者は皆さん写真の個性もバラバラ、年齢もバラバラ、
一見あまり共通点が無いようですが、これがなかなか楽しい撮影会になるんです。(^^)
あっ、個性がバラバラってのは、もしかしたら僕だけかもしれませんが。(笑)
一人三脚を担いでの参加でした。^^;
次回は声をお掛けしますんで、よかったら是非是非ご一緒できたらうれしいです!

そうでしたね、カルネさんも江の島へ行ったばかりでしたね。
最高の瞬間を撮りたい!って言ってたときですね。
そっかぁ~、カルネさんもお気に入りなんですね!
カルネさんもいい夕景が見れてよかったですね~
私もとっても満足です!
春らしく空は霞みがちでしたが、そのぶん夕陽は肉眼でも真ん丸に見ることが出来ました。
夕陽の印象は何度見ても違うもんですよね。
出合うたびに新たな感動が得られます。
それにさらに富士山のシルエットときたら、日本人で本当に良かった~と思う瞬間です。

>月末あたりは富士山に近い場所に夕日が落ちそうですね

実は稲村ケ崎からは4月5日にダイヤモンド富士になるようです。
まだ内緒にしてたんですが、実はちょびっと狙ってます。^^
でも最近ちょっとだけ忙しいので、行けるかどうか分からないんですけどねぇ…

この写真の夕日の位置と、4月5日にダイヤになることから推測すると、
ダイヤの前週30日は、ちょうど富士山の左麓に夕日が落ちそうなんですよね。
意外とダイヤよりもそっちのほうが絵になるかなぁ…なんてことも考えてます。

そうすると今度は富士山をもっとUPで撮りたいし、その場合、もうちょっと違う位置から狙いたいし…
と、すでに妄想でいっぱいであります。(笑)

でもそれ以前に行けるかどうか分からないし、行ったとしても天気次第ってところもあるし、まだまだハードルは高そうです。

(2008/03/25)
カルネ: わ~素敵な色合い!やっぱりここからの夕景は好きです~♪
私も3月初めに江ノ島へ行きましたが、昼間見えなかった富士山が
夕暮れと共にシルエットで現われて感動の夕景を見ることができました。
やっぱり富士山が見えると嬉しいものですね!

月末あたりは富士山に近い場所に夕日が落ちそうですね^^
また稲村ガ崎へ行きたくなりました! (2008/03/24)
でひでひ>>ヒツジ草さん: ヒツジ草さん、こんばんは!!

ベルビアの100Fで、今回のような夕陽の残る時間帯に撮影したのはたぶん初めてでしたが、
やはりベルビアらしい期待通りの色が出ていてホッとしました。

なるほどヒツジ草さんは風景アンダー目ですか。
これには私はいつも悩んでるんです。
アンダー目のほうが色は明らかにいい色が乗るじゃないですかぁ?
それで被写体の色ばかり優先してアンダー目の写真ばかり選んでいると、気付くと全体のトーンが暗い印象の写真ばかりになってしまうことがよくあります。
特にこれからの時期、桜のピンクの色乗りばかり気にして、暗い写真ばかり選んでしまうことがよくあるので、どのあたりで妥協するかまたまた悩みそうです。
今回の写真に関しては、一日経って見てみても、やはりこっちのアンダー目を選択して正解だったと感じています。

>正統派は今回はもしかしたら撮ってないかも~

やっぱりそうか。(笑)
4人で同じ場所から撮っていたのに、ヒツジ草さんだけいなかったから、
「きっと自分の世界に入り込んでるんだなぁ…」なんて思ってました。(^^)
やっぱりよく通ってる人は、見るところが違いますよねぇ~
楽しみにしてます!

>一応、来た波は全部かわしました!

いや、そんなかわさずに思い切って裸足で遊んで欲しかったなぁ~(笑)
なんなら、今度はウェーダー(釣り用ゴム長)貸しますんで、腰まで浸かりましょう!
逆に海側から見る波打ち際ってのも面白いかも?(笑)

えのすいは本当に興奮しました!
やっぱ魚はカッコイイです!
んじゃ、今度はみんなで湘南で釣りでもしましょう!
今度は水族館じゃなくて、本物の魚ってことで。(^^)
その場で捌きますので、ワサビと醤油持参で!(笑)

ヒツジ草さんは年パス更新ですか。
クラゲちゃんにだいぶハマったようですね。
私もこれを機に、他の水族館もいろいろと巡ってみたいなぁ~なんて考えてます。
今行きたいのは、巨大アカメがいる高知県の桂浜水族館。
遠すぎ・・・(笑)

(2008/03/24)
でひでひ>>空さん: 空さん、こんばんは!!

おっけーです。
名前無くても完璧分かります。(笑)

空さんもやはりヒツジ草さんの足元を見てらっしゃいましたか。(^^)
本人曰く、砂に染み込んで消える直前を撮っていたようです。
来た波は全部かわしたそうですが、どうせなら裸足になってたら気持ちよかったかもしれませんね。(笑)

空さんもさすが!夕暮れ時の色の変化をよく観察してらっしゃいますねぇ~
この写真の色は実際よりもだいぶ強調されていますが、でも心に残っている色と言えば私もやはりこのオレンジ&赤です。
写真って現実を写すだけじゃなく、こんな心の色を描き出せるのも写真の良いところですよね!

朝や夕の時間帯は、空さんの仰るように色の変化が面白いですよね。
一瞬たりとも目が離せないくらいに変化していきますからね。
それもその日その日の天気や空気の澄み具合によっても、毎回違う光景が見れますからねぇ。
今回の夕景も二度と見れない夕景ですから、しっかりと写真に残せて良かったです。

三脚はやはりいいですよ~(笑)
私の場合、今回も撮ったのは3カットだけですからねぇ。
三脚が無いと全滅しちゃいます、たぶん。(^_^;)
空さんも、「この一枚!」ってときには是非お試しを!

飛行機雲、空さんは積極的に活かしたんですね!
みなさんやはり雲ひとつにしても、感じ方はそれぞれですね。
どんなふうに捉えられたのか、楽しみに待ってますね!


(2008/03/24)
でひでひ>>かぷちーのさん: かぷちーのさん、こんばんは!!

ハイ!やっぱり私はフィルムが好きなんです。
でもこの前はmToTmさんのブログで、フィルムについて熱く語りすぎてしまって、少し反省してるんですが…(^_^;)

このような夕景写真には、ベルビアというフィルムが非常にいい仕事をしてくれます。
人によっては、「これ現実の色じゃないじゃない!」って言う人がいるかもしれません。
でもフィルムの場合、色温度による調整は通常出来ないので、フィルムの出す色をそのまま受け入れなければなりません。
これは逆に考えれば、フィルムは裏切らないんですよね。
ベルビアはわりと暖色が強調される傾向があって、さらにメリハリある画像が得られるため、夕景などでは絶対的に信頼してます。
前々からよく言ってますが、本当はポジ像をそのままお見せしたいんですけどね。^^;
またそういう機会があれば、今度はヒツジ草さんに続き、私もポジ持参で行きます!

右端に見える車列も、ある意味湘南らしいですかねぇ~
夕方の134号は常に渋滞ですからね。
これもまた一つの湘南風景ですかね。

海はですねぇ、やっぱり海をベルビア色に染めたかったんです。
そんな願いを込めて、海主体で構図を組み立てました。
そしてやっぱりベルビアは言うことを聞いてくれます。(^^)
イメージどおりの色に満足してます。
ただ満足してないのは、かぷちーのさんも感じていたように、飛行機雲だけかな。
あと手前の砂浜に人がいて、正直退いて欲しい気持ちでいっぱいだったのですが、うまく潰れてくれましたね。
ポジで見ると薄っすら写っちゃってるんですけど、スキャンすると暗部が潰れやすいので、ある意味助かりました。(笑)

>これを見せられてしまうと、自分のをUPしたくなくなってきました

いや、やっぱそれは人の写真だからですよ。
自分以外の人の目線で撮った写真は、やはり新鮮味がありますからね~
私もかぷちーのさんのブログを拝見していて、常にその被写体の見方には感心しています。
自分でも思うのですが、たぶん私の写真はなんかこう硬いんですよね。
あまりにも王道過ぎるんです、たぶん。
もっと自分なりの見方みたいなのがあると思うんですけど、
初めての場所だったりすると、特にやっぱり王道な撮り方になってしまいますね。^^;

ちなみにもう一枚というのは、日没前に砂浜から撮ってた写真なんですけど、
まぁ似たような光景ですから、そのうち間を置いてupしようかと考えていたところです。
でも今後ネタ切れ必至な情勢ですので、来週くらいにはupしてたりして。(笑)

(2008/03/24)
空: またまた♪ こんにちは~♪

スミマセン、先ほどのヒツジ草さんのすぐ下のは、空です~
名前、書くのを忘れていました♪

ついでですが・・・
私も、ヒツジ草さんの足元が濡れているのに気が付きましたよ♪
きっと夢中のあまりの結果だったんだなぁって(*^^*)
夕方、けっこう冷え込んできましたので、皆さん、体調のほうは
大丈夫だったかしらぁ

(2008/03/23)
ヒツジ草: 下のgrassは私です~m( )m (2008/03/23)
grass: わぁ、夕日がいい雰囲気♪色がよく出てますね~(^^)
私も風景は少しアンダー目のカットを選びます。
黒のしまりがあるほうがキリッと見えますものね。
薄紫の富士山も綺麗♪

私は、こういう正統派は今回はもしかしたら撮ってないかも~。
この場所は結構通いましたので、今回はちょっと遊んじゃいましたw
(でも、この一枚!って夕日はまだないのですけどw)

足元、しっかり見られてしまいましたね~、、あはっ。
でも波に嵌ったのではなくて、波が砂に染む込む前に、
砂の表面に幕を作るような感じになるので、
その辺を歩いていたら沁みこんで来ちゃったんですヨ。。
一応、来た波は全部かわしました! ←ちょっと自慢げw

私も釣りはちょっぴりかじったので、水槽を見て観察したいってよく解ります。
また、機会があったら釣りも行きたいな~と思ってます。

エノスイ、年パスは。。また、更新しちゃおっかな~w
なんかね~、クラゲ、イマイチ納得行かないんですよね~。 (2008/03/23)
名前: おはようございます♪

ほんとですね~
かぷちーのさん同様、湘南慕情というのにふさわしい一枚ですね~♪
最初にあの海岸についてから、海辺の表情が刻一刻と変わっていきました。
黄金色からオレンジ&赤、さらに薄紅&グレー・・・
まさにあのときのオレンジ&赤の一瞬ですね♪
江ノ島が、平坦な水平線によいアクセントととなり、遠くには富士山が
私も、よい構図をなんて、考えてみたんですが・・・
なかなか、ズームでその構図を決められなかったんです~
気持ちよい構図に勉強になったです~
三脚使用なので、江ノ島の輪郭も綺麗。
スローなので、波もふわっとしていますね。
やはり三脚は、いいですね~
表情が柔らかくなるんですね~(*^^*)
あの飛行機雲、私は、入れたいなぁって、おもっちゃいました(笑)
なので、だいぶ引いた写真が多かったです。
今日中には、アップするんで、見てくださいね~

(2008/03/23)
かぷちーの: でひでひさん、おはようございます♪

この色合い、とってもいい色ですね。。。
タイトルの湘南慕情という言葉もしっくりくるし
でひでひさんがフィルムにこだわるのがわかるなぁと思った一枚です。
同じ景色を見て、同じ景色を撮っているから余計そう感じるのでしょうね。
構図も画角もよいなあ。
右手の方に帰途につく車の列が夕陽を浴びて輝いているのもいい感じだし
(私のは、これが入らなかった)
海を大きく入れたのもさすがだなぁって思います。
で、あの飛行機雲ですが、確かにこの空にはない方が空の色としては
綺麗だったかもしれないなと思います。
そこまでこだわるでひでひさんの気持ちがわかるなぁと思いました。

富士山、見えてホントに良かったですよね~。
やっぱり富士山があったほうがいいですもの♪
シルエットも綺麗にでて・・あぁ羨ましい・・・
これを見せられてしまうと、自分のをUPしたくなくなってきました( ̄▽ ̄;A 

見せていただいてありがとうございました。
お疲れ様でした。
まだ一枚UP予定なのですか~ぜひ見たいわ~o(^o^)o
(2008/03/23)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。