『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『思い芽吹くとき』

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『思い芽吹くとき』



久々にデジタルで撮ってきました。
夏以来かな?

こちら三浦海岸駅~小松が池公園に咲く河津桜です。
前回更新時に、咲き具合がイマイチで・・・と書きましたが、
それが残念でついついその翌週も行ってしまいました。

当日、
私の最近の土曜日は勉強の日なので、今日は行けないな…
そう思いつつも、出かけるときのカバンの中にはα7D+標準ズームが。(笑)
「14時半までにノルマ達成したら行こう」
そう心で決め事をしました。
そういう思いでいると、勉強にも集中力が増してきますね。
短時間集中型は、勉強には一番のパターンです。
ダラダラ長くファミレスとかでおしゃべりしながら勉強している高校生も多いですが、
たぶん多くの場合、勉強時間ほどには頭には残っていないのではないかと思います。
まぁそんなことはどうでもいいですね。^^;

で、逆に集中して出来たので、結局気付いたら15時を過ぎていました。
これから行ってもなぁ…
そう思いつつも、京急線快特三崎口行きへ乗っていました。
また話が逸れますが、
京急線の快特にたまに使われている2つドアの車両、あれ快適ですね。
リクライニングにはなっていませんが、
新幹線で移動しているのと近い感覚で三浦海岸まで行けちゃいます。

で、話を戻しますと、
そんな快適な電車で三浦海岸駅に着くと、
駅前の河津桜は見事な咲きっぷりで迎えてくれました!
決して派手になり過ぎない程度のピンク色がとっても綺麗な桜ですね。
あまり駅前でのんびりする時間は無いので、早歩きで小松が池公園へ。
こちらは…、先週よりは咲いていたけど、まだまだでした。
やはり駅前とはだいぶ差があるようですね。
駅前のほうがやはり暖かいのでしょうかねぇ。

河津桜もよく見ると、葉と花の割合が木によって区々。
どうやら河津桜は、寒緋桜とオオシマザクラの交配で誕生したそうで、
なので葉と花が同時に付くんですね。
写真の木は、今回三浦で見たたくさんの河津桜の木の中でも、
とりわけ葉の割合が多かった木です。
ほとんど葉で、ポツポツと花を付ける姿が逆に新鮮で面白く映ったので、
写真にしました。


前述の通りの理由のため、
今回は私としてはめずらしくカメラ1台レンズ1本の軽装撮影。
しかも三脚も持たずに。
でもすでに撮影時間は17時半。
薄暗くなり始めた時間でしたが、こういうときはデジタルがものをいいます。
ISO800まで上げて、さらに手ブレ補正機能を活かして何とかここまで撮れました。
風があったことも考慮すると、いつものフィルムカメラセットでは撮れなかった写真ですね。



久々にもう一枚。

同じくデジタル手持ち。
やや風ブレしてますね。
それにもうちょい絞りたかった…



『春咲き揃う』
blog080301komatugaikePICT2622









ところで、今日は大黒埠頭へダイヤモンド富士を狙いに行きました。
過去何度か書いていますが、
私が一眼レフを手にして最初に夢中で撮った被写体は、
大黒ふ頭からのダイヤモンド富士でした。
2002年のことです。

2002年3月9日は非常に澄んだ空気の中、
絶好の条件でダイヤモンド富士を見ることが出来ました。
しかし当時、私はまだ一眼レフを触ったばかりで、
露出なんてちんぷんかんぷん。
しかもこの日がリバーサルフィルムデビューでした。

リバーサルフィルムが非常に露出にシビアであることは、
事前に読み漁った本などで知っていました。
それによれば、
「多分割測光なら露出補正は少なくても適正露出は得られる」
みたいに書いてありました。

で、当日のダイヤモンド富士の瞬間、
私は露出補正値±0~+1の間で、その瞬間を撮りまくりました。
太陽が沈むまでの数分の間でフィルム2本消費。
ほとんど連写状態でした。

が、興奮したのもつかの間、
仕上がった現像を見て、愕然としましたね。
フィルム2本分、すべて真っ暗…
そう、露出補正に対する認識が甘かったです。


---以下しばらく話脱線(笑)---

最近ならだいぶα7の露出計の癖は分かってきたので、
今、同じシーンで撮影するなら、
+1.5~+2.0EV補正くらいで撮影すると思います。
他のカメラも同じかもしれませんが、
α7の露出計は、多分割測光だとアンダー目に出やすいです。
(フィルムにベルビアを選択すると特に)
とくに太陽光が直接入るようなときや、反射が強いような状況では、
時には+2.5くらいの思い切った補正が必要なこともあるくらいです。
逆に木の幹など黒っぽい被写体の撮影でも、
極端な状況を除けば、あまりマイナス補正は必要ないことが多いです。

これは他のカメラでも同様の傾向かと思っていましたが、
しかしペンタックス645を使うようになってビックリです。
ペンタ645でα7と同様の感覚で露出補正を行うと、
大抵ペンタ645は大幅にオーバー露出になります。
つまり、ペンタ645ではあまり大きな補正は必要がないのです。
このペンタ645の露出計の優秀さにはビックリしました。
分かりやすい例で言うと(いずれもフィルムRVP100F使用で)、
一面雪景色の写真、α7だと+2EV補正が基準でした。
ところがペンタ645だと、+0.7~+1EV補正程度で適正が得られました。
このことからも、ペンタ645の内蔵露出計は非常に優秀であることが伺えます。

たぶんペンタ645を主力で使うのなら、
非常に露出へのリスクを抑えた撮影ができそう。
でも私の場合、α7が主力なので、正直余計に悩まされてます。
結局心配なので、
ペンタ645で撮るときも多めに段階露出する羽目になってます。

---脱線終了---


元に戻しまして、その時の失敗写真がこれ。
ダイヤモンドどころか、
お団子が富士山に乗っかったようなもの。(笑)
↓↓

blog020309daikokudaiya0101



これが悔しくてねぇ~
これ以降、しばらく毎年大黒ふ頭のダイヤモンド富士を撮り続けました。
が、ここまでハッキリ見えたのは、今のところ2002年だけです。





お次に2003年3月8日のダイヤ。
こちらは大黒大橋からの撮影。

blog030308DAIKOKUDAIYA00103



このときもいい感じに見えましたが、
これは明らかな構図ミス。

言い訳すると、ちょうど70-200mmf2.8レンズを買ったばかりで、
どうしても使いたくなったのです。
しかも、太陽がまだ出ているとき、
海面への夕陽の反射がキラキラと綺麗でした。
なので、こんな感じに縦構図で水面を多く入れてしまったのですが、
これが大失敗ですね。
基本中の基本ですが、
画面内に目立つものを二つ以上入れたら、
両方が目立たなくなります。
しかもそれ以前に、太陽が富士山にほぼ隠れてるから、
海面への反射が無くなってるし。(笑)




で、次の2004年はたしか空振り。
そのうちにもういいや・・・って感じになっちゃいました。


ところが今年は大黒ダイヤの日と土日が重なったこともあって、
なんか思いついたように撮りたくなりました。

結果、天気は良かったのですが、上空はモヤで覆われて・・・
たぶん今年もUPできるほどの写真は撮れてないです。

ちなみに、今日8日は大黒大橋からだとちょうど山頂に落ちていたと思います。
しかし、大黒大橋だと富士山の周囲の風景がイマイチなので、
ベイブリッジ下の公園から狙いました。

でもやはり一番いいのは、
ベイブリッジ上のスカイウォークからでしょうね。
今日はベイブリッジ下の公園で、ちょうど富士山頂の左の角に落ちる感じだったので、
たぶん明日はスカイウォークの先端のほうで、
ちょうど山頂に落ちるのではないでしょうか。
明日お時間がある方は、
スカイウォークにでも出かけてみてはいかがですか?

でもハッキリ言って、
写真的には、山頂に落ちるよりも、
角かもしくは山腹あたりに落ちたときのほうが、
いい構図になると感じています。

なので、ダイヤモンド富士という現象自体に拘らないのであれば、
ダイヤの日から2、3日ずらして行くのも良いかもしれません。
これからであれば、横浜港よりも西側の富士山撮影ポイントでは、
日々太陽の位置を確認してみたら面白いかもしれませんね。





(2008/03/08)

カテゴリー:

三浦半島の風景


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-163.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/163-405c6f25

でひでひ>>ノエル鷺草さん: ノエルさん、こんばんは!!

そんな、ノエルさんに幸せ気分を味わっていただけたなんて、こちらこそうれしいです!
いろいろと大変だったようですが、まずはお元気そうでなによりです。

『幽境の地へ』は確かに過酷な撮影状況でした。^^;
でも最近はそんな強風での撮影が多いので、ちょっと慣れてきたかな?
って言うか、むしろ「撮りきった~!!」っていう充実感が得られます。
最近は強風だろうが大雨だろうが何でも来い!くらいの覚悟です。(笑)
でもなんかちょっと地獄の世界を想像しちゃうような写真になってしまいましたね。
本当はもうちょいこれに赤い夕陽の光が射してきていて、それで希望を持たせるような写真にしたかったのです。
まぁなかなか思い通りには仕上げられないものですね。

そちらももう暖かくなってきてますよね?
たっぷりと春を満喫してくださいね!

(2008/03/17)
ノエル鷺草: 優しい色合いの足元の春野花も夕陽も見せて頂いてとっても得した幸せ気分に浸れました。
ありがとう! でひでひさん
『幽境の地へ』・・・不思議な世界のように感じました
そして、大変だった撮影状況も^^;
こんな風に写るのですね

でひでひさん・・・
先日も温かいお気持ちを本当に有難うございました(*- -)(*_ _)
(2008/03/17)
でひでひ>>空さん: 空さん、こんばんは!!

さすが!母親の愛情は違いますね!
働き出すと急に家族同士でも疎遠になったりしますから、息子さんとのコミュニケーションを図ることは大事でしょうね。

昨日も書きましたが、やはり今の社会、心のケアというものをもっと社会全体で考えていくべきと思っています。
そのくらい、最近は心の病んだ社会人がたくさんいると思います。
私の場合、幸いにも写真や釣りを通じて自然と触れ合うことが良い心のケアになっていると感じています。
こういう趣味が無ければ私だって今頃、ニートになってるか、禿げてるかのどっちかです。
なんじゃそりゃ。(笑)

まぁでも最近は結構職場環境の改善されてきている会社が多いですからね。
良い職場環境だといいですね。
頑張ってください!!

(2008/03/12)
名前: おはようございます・:*:・゚

うれしいです。
息子への応援歌♪
私も、せいぜいできることは、協力してやろっと
せめて、温かい夕食を・・・
口ばっかですが(笑)
ありがとうございました~☆ (2008/03/11)
でひでひ>>空さん: 空さん、こんばんは!!

真夏の深い緑もいいけど、この時期の若葉の薄い緑色はとっても新鮮な感じでいいですよね!
こんな感じで新たな若い思いが芽生えるのは、植物の世界だけじゃなくて、人間社会でもやはり春なんだなぁ~って思いました。

空さんの息子さんは今年就職なんですね!
就職おめでとうございます!!
こんなフレッシュな気持ちでいるのは、本人はもちろんのこと、母としても同じ思いじゃないですか?
今後の活躍が楽しみですね!

だいたい社会に出てから成功している人、それなりの評価を得ている人ってのは、ハッキリ言ってあまり学生時代の成績等とは無関係であることが多いと感じます。
今は大手企業でも、っていうか大手ほど学歴偏重、学閥などの古い体質は抜けてきています。
それだけ多くの人間にチャンスがあるってことだと思います。
私の親の世代だと、今でも学歴、大学名等で将来のすべてが決まると思っている人間も少なくありません。
でも確実に時代の流れは変わってますね。
これからは人間そのものの資質、能力が問われてくるのでしょうね。

しかしそれだけに今後はさらに厳しい競争に晒されることは必至。
よく、「昔の人間はこんなに働いたんだ…」っていう人がいますが、今の人間のほうが苦しんでいる面もあります。
たぶん仕事で鬱病などの精神病になる人は、昔以上に増えているのではないでしょうか。
「そんなもん気合で乗り切れ!」というアツい精神論的なことを言う人もいますが、私はあまりそういうのは好きじゃないです。
今後はそういう競争社会に疲れた人間の、心のケアも大事な社会の役割になってくると思います。

すみません、また偉そうにどうでもいい能書きを。。。^^;
私自身、まだまだ社会経験浅いほうなのにねぇ…(笑)
しかも学生時代は勉強大嫌い人間でしたし。
むしろ社会に出てからの勉強のほうが楽しいかな。
英語や歴史は大嫌い。
いくら投資して、いくらで売り上げて、いくら儲けるか。
このほうが面白いに決まってます。
やべっ、腹黒さ全開。(笑)

ともかく、これから社会人!なんて話を聞くと、やはり応援したくなっちゃうんですよ。
頑張ってください!!

富士山は誰が見てもやっぱり感動ですね。
日本の山と言えば、やはり誰が何と言おうとやっぱり富士山ですね。
私は逆に飛行機から富士山ってのは見たことないなぁ~
飛行機が苦手なわけじゃないですが、あまり乗る機会もないし。
今度はそんな富士山の楽しみ方もしてみたいな。

今度いい富士山が見られるといいですね!


(2008/03/11)
空: おはようございます♪

河津桜ですか・:*:・゚

ほんと花はもとより、葉っぱの初々しいこと!
この河津桜から、フレッシュマンを連想するところ、
さすがビジネスマンですね♪
↓コメントで、
そんな純粋な心で抱いた若い思いを捨てさせないような会社作りを
目指して欲しいですね。 ≫
私もそう思いますぅ
なぜなら、来月から、新入社員として、働き出す息子がおりますもんで^^;
うちの息子の場合、初々しさ、爽やかさは持ち合わせていないみたいなんですが(笑)

それにしても、このグリーンには、久しくお目にかかっていません。
私の目にも新鮮で、元気がもらえますね♪
これから、春だぞうって♪
河津桜も小首をかしげたようで、可愛らしい♪
これからは、木々の芽吹きが待ち遠しいですね~。

ダイヤモンド富士、読ませていただいて、なるほどと感心いたしました。
私の場合、富士山は、飛行機の中から、一瞬覗くのが、せいぜいです。
九州に帰るときには、必ず、機内から、子どものように
期待して、見ています。
皆さんところは、近くていいですね~
うらやましいですぅ(*^^*)
でも、こうやって、写真でみられて、ラッキーです。
富士山をみると、とってもトクをした気分になります♪

見せてくれて、ありがとうー☆




(2008/03/10)
でひでひ>>ヒツジ草さん: ヒツジ草さん、こんばんは!!

初々しい感じがいいなぁ~って思いながら撮影しました。
夢と希望を抱いて入社してくるフレッシュな新入社員、そんな印象です。
この頃の思いは大切にしたいものです。
多くの人は、入社して2、3年もすれば・・・
いろいろですね。
はるばる九州から出てきて、ギャンブルにハマって借金だらけになりながら戻って行ったやつもいるし、
毎月200時間を越える残業で、精神病になってしまったやつもいる。
でもたぶんみんな新入社員の頃は、この若葉と桜のような心だったんだろうと思う。
そんな純粋な心で抱いた若い思いを捨てさせないような会社作りを目指して欲しいですね。
すみません、どうでもいいっすね。^^;

ダイヤモンド富士は撮りたいけどなかなか撮らせてくれなかったですね・・・
でも冷静に考えて、写真としてダイヤモンド富士の写真に感動するかと言えば、私はそうでもないかもしれません。
でも毎年気にしているうちに、なんか横浜のダイヤモンド富士は撮っておきたい!そんな思いです。
こうして横浜のダイヤモンド富士を見たくて通ったんだ!っていう証しを残したいんでしょうね。
何年か経って写真を振り返ったとき、
「この頃ダイヤモンド富士を見るために毎年通ったっけなぁ…」
っていう、その時代ごとに自分が見てきたものを記録できる写真ってものは素晴らしい!
そう思ってます。

露出の件、やはりカメラごとの癖は大きいのですね。
そのあたりはやはりヒツジ草さんの経験から詳しそうですね。
単体露出計だと、より適正な露出データが得られるのですか?
同じ反射光方式でも、内蔵露出計よりも精度が高いのでしょうか?
そのへんよく分かってないので、今度教えてください。^^;

ダイヤは横浜が終わるともうじき茅ヶ崎ですね。(^^)
4月の第一週くらいですかね?
ちなみに4月5日が稲村ガ崎です。


(2008/03/09)
でひでひ>>かぷちーのさん: かぷちーのさん、こんばんは!!

今年初めて春に出合いました。
薄いグリーンとピンクの組み合わせ、とっても初々しい姿に見えました。
やっぱり春ってそういう季節ですよね。
まだスーツを着慣れない新入社員みたいな、そんな姿に見えましたよ。

あれれ、かぷちーのさん具合大丈夫でした?
それは残念でしたねぇ・・・
美味しい回転寿司の食べ過ぎくらいならいいのですが、お寿司の後と聞くとちょっと心配してしまいますね。
でも一応河津桜を見て来れられたのですね。
情報によると、今週になって駅前は満開だとか。
小松が池公園などでは来週末くらいが見頃なんでしょうねぇ。
当日はまだちょっと風に冷たさがある夕方でしたが、足元にはぺんぺん草とホトケノザがいっぱいで、やっぱり春なんですよねぇ~


来月に日の出のダイヤですか!!
いいなぁ~
ってことはもしかしたらあの有名な田貫湖とか??
田貫湖は逆さ富士で有名ですが、その逆さ富士とダイヤモンド富士の条件が重なれば、ダブルダイヤモンド富士になるということで、かなりの人気らしいですね。
真夜中から三脚の放列がすごいと聞きました。
それだけに誰もが感動する風景に出合えるのでしょうが、これも天気次第ですもんねぇ・・・
少なくとも横浜から狙う富士山よりは高確率でしょうが。

富士山頂と太陽が重なっている時間というのは、たぶん時間にして1分くらいはあると思うのですが、
でも本当にダイヤモンドのように輝いて見えるのは、太陽が山頂からわずかに顔を出している一瞬なんです。
時間にしてもほんの数秒です。
この一瞬を写し止めるのがダイヤモンド富士撮影の醍醐味なんでしょうけど、慣れてない私はいつも慌てます。(笑)

まぁでもそんなビビルことも無く、事前にイメージを練っておけば、時間前に構図決めして、そのときを迎えたら、ひたすら連写するのみです。
あらかじめ撮ってみて露出を確認って時間は無いので、オートブラケット機能を使って撮りまくるのがいいかも。
いい出合いがあることをお祈りします!

以前横浜でお会いした方は、朝から御殿場方面から富士山の撮影をして、帰りにそのまま大黒ふ頭に寄ってまた富士山の夕景撮影と仰ってました。
富士山、好きな人は相当好きみたいですね。

(2008/03/09)
ヒツジ草: 河津桜、葉っぱの瑞々しい色の中にぽつんと咲いてるお花。
白バックで清々しい感じがします~(^^)
あ、かぷちーのさんも同じようなコメントされてましたね。
ナズナとホトケノザも、春っぽくていいですね♪

ダイヤモンド富士は通われたんですね~。
気持ち解ります!お天気の具合にもよりますし、
なかなか思い通りにならないですね~。

そうそう、カメラによって露出って大分変るみたいですよね。
一度単体露出計でちゃんと測ってみないとと思ってます。

茅ヶ崎でもそろそろダイヤモンド富士になる頃かも(^^) (2008/03/09)
かぷちーの: でひでひさん、こんにちは♪
おぉ、久々のデジタルですね。
葉っぱの淡いグリーンと桜のピンクの色合いが優しくっていい色だなぁ。
でも、同じカメラなのにこんな優しい色合いでは撮れなかった~“o(><)o”
私も2日に行ったのですが、三浦海岸でお昼に回転寿司を食べた後
ちょっぴり具合が悪くなって、お花を撮るどころじゃなくなってしまったんです~。
なので、桜は全然思った一枚が撮れずに終わりました(-_-;)

2枚目のペンペングサとホトケノザ?!のフォトもまさに春咲き揃うって雰囲気が漂っていて
見ているだけでニコニコしてきちゃいますね(*^o^*)

ダイヤモンド富士のお話、勉強になりました~。ありがとうございます!
来月、日の出のダイヤモンド富士を撮りに行こうと狙って、すでに休みの希望もしっかり入れていたりして(^^ゞ
でも、お天気に恵まれないとダメだし、たとえお天気がよかったとしても、なにやら難しそうなダイヤモンド富士の撮影、果たして上手くいくのかどうか・・・^-^; (2008/03/09)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。