『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『冷秋』

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『冷秋』



秋は一年の中でも山がもっとも綺麗に色づく時期だけど、
一方で、厳しい冬へと向かう淋しい時期でもあります。
ここ伊豆天城にある滑沢渓谷も、落ち葉に飾られ、冬へと向かう淋しさを感じさせられました。
そんな淋しさを出すために、露出をややアンダー目として、フィルムの青カブリ特性を活かしてみました。

まぁそんな感じで、撮影時からアンダー目で青い絵を期待していたにはいたのですが、
実は想像以上にアンダー側に出てしまいました。
前回ちょこっと書いた、相反則不軌の影響が顕著に現われたようです。
+1EV補正してもこの暗さでしたからね・・・
しかもスキャン時にやや露出プラス補正して、思い通りの露出にしてるので、
オリジナルではもうちょいアンダー気味なんです。
画面の大半が灰色の岩だったので、通常ならほとんど補正無しで適正露出が得られると思ったんですけどねぇ・・・
やはりシャッター8秒ともなると、相反則不軌の影響は避けられないのですね。
次回以降、薄暗い渓谷とかで撮影するときは、その相反則不軌を加味した補正を心掛けたいと思います。

まぁでもこうしてデジタル化することで、
多少の露出ミスは救済できるところがデジタルの便利なところですね。^^;



滑沢渓谷の写真をもう一枚。

ご覧のように、まだ青々した木もあれば、赤く染まった木もあり、
さらにはすでに落葉しかけている木もあり、
yahoo紅葉情報では見頃だったんですけど、紅葉の状態はイマイチに感じましたね。


blog071124namesawakeikoku02-2303







さて、話題は変わって、今日は高幡不動尊まで紅葉狩りに行ってきました。

今年は10月の志賀高原2連発に始まって、
以降、山梨2回そして伊豆と、毎週のように紅葉を追っかけました。
そして紅葉前線はようやく里に到達したようで、
高幡不動尊ではまさに見頃!!
山では決して味わえない、真っ赤なモミジ、真黄色のモミジが最高の状態で迎えてくれました。
山の野生的というか、いろいろな色の紅葉もいいけど、
やっぱ東京で見る上品で濃い色のモミジも本当に綺麗ですね。
とりあえず高幡不動尊は、僕の紅葉お気に入りエリアに登録しました。^^

で、今回高幡不動尊へ行くことになったのは、
実はこちらが地元のかぷちーのさんが是非!ってことで案内してくださったのです。
ありがとうございました。m(__)m
そしてさらに今回は、空さん、ヒツジ草さんともご一緒できまして、
私としては女性3人に囲まれてちょっと緊張気味だったかな?(笑)

まぁでもホント皆さん親しみもてる方ばかりで、いろいろなお話が聞けて楽しかったんです。
かぷちーのさんとはだいぶ前からブログ上でコメントのやり取りがありましたので、
大体のイメージはあったのですが、やはりイメージどおりでしたね。
いつもニコニコ頼れるかぷ姉!って感じだったのですが、まさにそんな感じ。
直接面と向かって“かぷ姉!”と呼べなかったことが、ちょっと心残りか。(笑)

ヒツジ草さんのブログは最近ときどきお邪魔していて、
本当に写真が大好きで、すごい自分の世界を持っているような感じで、
写真のキャリアも長いそうなので、いろいろとお話を聞いてみたいと思っていたんです。
今日、いろいろとお話聞けましたが、
まだまだヒツジ草さんの写真観を聞き出すまでには至らなかったような・・・^^;
また是非おはなしを聞いてみたいですね。

空さんとは、実はこれまでほとんど面識なく、
私がかぷちーのさんのブログ経由で、何度かブログを拝見していた程度でしょうか。
帰りの電車もしばらく一緒だったので、いろいろとお話を聞けましたが、
いろいろなところへ出かけるのが大好きな方なんだなぁ~って印象です。
私もツーリングが趣味なくらいなので、出かけるのは大好きなので、
またいい土地いい風景に出会ったお話など聞いてみたいですね。

そんな感じで、和やかで楽しい一日となったのでした。(^^)


写真のほうは、また後日UPしたいと思います。
でも今日は実は午後の撮影中に急に仕事の後輩から電話がありまして、
見事に1時間半もつかまっちゃったんですね。(笑)
まあでも後輩の昇進に関わることだったので、しっかりと相談には乗ってあげたかったし、
せっかくの貴重な撮影タイムを削ってまで相談に乗ってあげたんだから、
ここまできたらその後輩には是非頑張ってもらって、昇進試験パスしてちょうだい!!って感じですね。

そんなわけで、自分の中ではまだまだ高幡不動尊の紅葉は撮り足りない!って感じです。
来年も是非行こうと思います。
そのときは携帯の電源切って。(笑)
よろしかったらまた皆さんで行きたいですね。



ってか、今回は伊豆の写真のUPだから、今日のことは詳しくは高幡不動尊の写真UPのときに詳しく書こうと思ったんですけどね。
思わずあれこれ書き過ぎてしまった。。。(^^ゞ



(2007/12/01)

カテゴリー:


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-142.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/142-4d9e9398

ぶぅぶぅぶぅ: でひでひさんの能書き(笑)↑は全部読みました。
皆様のコメント↓まではゴメンなさい…。

この風景は、渓流をずっとやっていた頃のことを思い出します。

神戸の街中育ちでしたが、ほんの僅かですが神戸にも“渓流”と呼んでもいいかな?って所もありまして。僅かな距離なんですけどね。

小学生の頃から、そんな大人も入ってこない、ましてや“渓流マン”も見向きもしないようなところを歩いていました。勿論、小遣いはたいて買った、3.6mの渓流竿を持って。

でもね、逆に危険だったと思います。単独でしたし。
誰も入ってこないような所です。親にも行き先言ってなかったし。(行ってはいけないところだった)何かあっても、助けは期待できない…。

そんなところです。
大人の今でも、行くなら、それなりに緊張すると思います。
都会の死角…かもしれません。

そんなところでしたが、時々オイカワだけでなく、アマゴも釣れてたんですよ!大きくても20センチぐらいでしたが。神戸、しかも表六甲でそんなのが釣れるなんて信じられないでしょ!!

さて、やっと本題。
撮影データ見て、納得。
俺のイメージした季節、時間帯そのものでした。

こんな“空気感”になったら、夢中で釣りしていた俺の首筋に、走るものがあったんですよ。

ヤバいよ。
そろそろ帰らないと。
道、見失うぞ。
怪我するぞ…。

今は、渓流にはいる事もないので、忘れていたのですが、渓流のこの空気感はいまだに、恐ろしい。

最近、なんか“ヒリヒリ”することがなくて、なんかぬるくてさ。
くそったれ、台風でもこねぇか…そしたらあの場所に…等と不謹慎な事とかを考えたり…。

そんなこと考えなくても、ここに俺の“恐怖”がありました。

いい写真だと思います。 (2008/07/15)
でひでひ>>かぷちーのさん: かぷちーのさん、こんばんは!!

やっぱりかぷ姉はかぷ姉です!(笑)
キャラ替えは勘弁です。
来年もかぷ姉路線で行きましょう!
って何だそりゃ?(^^ゞ

高幡不動はホントすっごい綺麗でした。
赤と黄のモミジのコントラストが最高でした。
しかも赤も黄もそれぞれ鮮やかで素晴らしい発色、そして木自体のボリュームもあって、見ごたえ十分ですね。

で、そんな感じのところに感動していたんで、写真としては、その赤と黄のモミジの競演、さらにそれを木のボリュームを出しながら撮りたい!!
って思ってたんです。
でもなかなかそれを表現できるような構図が組めなくて・・・
そこが今回一番心残りに思ってるんです。^^;

高幡不動だけでもあの広さですからねぇ~
一日かけてのんびり回りたいくらいですよね。
他のところも回るとなると、来年は二日連続で行っちゃいましょうかね!(笑)

そうですね~、みんなでのんびり一緒に回るのもいいかもですね。
そうすればまた違った発見があったかもしれないですね。
ただ、僕の撮影スタイルを見てもつまらないですよ、きっと。^^;
散々立ち位置変えたり、レンズ変えたりあれこれしながらも、結局シャッター切らないなんてこともしょっちゅうですから。(笑)
イライラしちゃうかも。。。

写真の見せっこってのも面白そうですね!
写真も撮っただけで終わらせてしまうのは淋しいですからねぇ。
後日、みんなの写真を見ながら、再び当日のことを振り返りながらあれこれ写真談義するのも面白いでしょうね。
私の家からだと、バイクならそちらまで1時間かからなそうだし、写真の品評会やるならいつでも駆けつけますよ!(^_^)v
気軽に誘ってくださいね。

そうそう、かぷちーのさんにも是非ポジフィルムを透過光で見る美しさは味わってもらいたいなぁ~とは思ってたんです。
それに、もしよかったら今度は私のカメラでシャッターを切ってみますか?
仕上がったフィルムはカットしてマウント処理してプレゼントしますよ!(^^)
フィルムの世界も新たに始めるのは大変だと思うので、まずは試し撮りしてもらってもいいかなと思ったんです。
私の撮影したポジも、またお見せできる機会がありそうですね。
かぷちーのさんの撮影した写真も、今までPCのモニターでしか見たことなかったので、もしよかったらプリントで見たいなぁ~なんて思ってます。
そういえばいつだか「プリントください」なんて催促したことがありましたっけね。(笑)

そうですね、次は私がご案内する番かもしれないですね。
でも言われて気付いたけど、私の場合あまりお勧め!って言えるところがないのかもなぁ・・・
毎回違うところに行ったりしてるんで。
まぁでも私もまだまだ行きたいところはあるし、また是非ご一緒に!
私が企画するとたぶん車になっちゃいますけどね。^^;
さすがに山奥の林道!って企画はしないと思いますけどね。(笑)

へぇ~、かぷちーのさんはスポット測光を多用しているのですか!
それはもっと早く聞いておけばよかった。
スポット測光のコツとかあったら今度教えてください!!
写真の中のどこで測光したとか、そんなところが気になるんです。
私もだいぶ前から、スポット測光に移行したいと考えていたんですけど、いざフィールドに立つとついついいつもの多分割測光じゃないと心配になってしまって・・・(^^ゞ
(2007/12/04)
かぷちーの: でひでひさん、こんばんは♪
高幡不動、でひでひさんのお気に入りエリアに登録されてよかったわぁ(*^^*)
もっと他にもご紹介したい場所はあるのですけど、一日に回るのは厳しいかもしれません。
午前中の様子を次第で、もうここは・・・っていう意見があったら他の場所へ移ろうかとも思っていたのですけど~。
ちょっと離れるけど、町田の薬師池辺りの紅葉もとっても綺麗なのです。
来年は、携帯の電源は切るのよ~笑
今回、でひでひさんの撮影しているところを拝見したかったのですけど、つい自分が撮るのに夢中になっちゃって~( ̄▽ ̄;A 
午前中は、みんなでもう少し一緒にひとまわりしてもよかったかな~とも思いました。
また来年といわず、今度はでひでひさんお勧めのところがあったら、ぜひご一緒させてくださいな♪
それと、でひでひさんの写真、ぜひルーペで覗かせて欲しいなぁ。
みんなで、出来上がった写真を持ち寄って見せっこするってのも楽しそう~o(^o^)o

で、私はやっぱりかぷ姉って感じでした~??ヾ(@^▽^@)ノ
今度からは、ブログではもうちょっと違う路線を狙ってみようかしら。。。
ってどんな路線なんだいっ(笑

写真、楽しみにしていますね。こちらのも、もう少しお待ちくださいな。

そうそう、この写真、「冷秋」っていうタイトルがピッタリな雰囲気。
青かぶりが生きてますね。
露出の詳しいことは全くわかりません( ̄▽ ̄;A 
でも、私はスポット測光で撮っていることが多いです。
明るいところと暗いところが混在する場面で撮ることが多いから。 (2007/12/03)
でひでひ>>ヒツジ草さん: ヒツジ草さん、こんばんは!!

昨日はどうもでした。(^^)
こちらこそ、ありがとうございます。m(__)m

本当にいい日に行けましたねぇ~
かぷちーのさんがいい日、いい場所、いいメンバーでセッティングしていただけたおかげで、本当にいい一日を過ごせました。

午後の件は、ホント、タイミング悪すぎ!って感じでしたけどね。(笑)
でもその後輩も、私が在職中はいろいろとよく助けてくれたんでね、
今度は私がしっかりとフォローしてあげたいって気持ちはあるんです。
でも裏では、自分が数年後に独立開業したときに顧問契約を取る為の・・・
ってな考えもありまして、結構腹黒い面もあるでしょ?
ってか、何言ってんだ俺・・・(^^ゞ

伊豆はですね、冬になると他の地方が雪などでツーリングできなくなっちゃうので、これからの時期によく日帰りでツーリングに行くんです。
伊豆と言えば海もいいけど、一歩山に入れば、特に天城方面なんかは、こんなまさに深山幽谷って風景で、いろいろと楽しめるのが好きです。
でも国道に出ちゃうと交通量も多いし、あまり深山ってほどの雰囲気は無いかもしれないですが…

ポジの露出には本当によく悩ませられます。
私も露出にはまったく自信がないので、1カットに付きだいたい常に4、5枚は段階露出します。
同じカットで5枚段階露出して、絞りだけ変えてまた5枚撮って・・・
とかやってるから、毎回大して撮ってないのに、フィルムの現像代だけは痛いです。(笑)

ちなみにこの写真は、±0~+1まで1/3段刻みで4枚撮ってました。
ベルビアの実効感度が低いことを考えても、もともとアンダー目で撮りたかったので、これで十分だろうと考えていたら、全部外してました。(T_T)

最近知ったんですけど、フィルムのパッケージの裏にも、「露光時間が4秒以上になるときは、相反則不軌による補正も加味してください」
と明確に書いてあるんですね。(^^ゞ
たまに極端にアンダーな仕上がりになるときがあるから、不思議には思っていたんですけどねぇ…
もっと早く勉強していれば…

そういえば、鈴木一雄先生の本とか読んでると、スポット測光で一発で露出を決めるそうですね。
スポット測光という機能と、それだけの露出計の測光に関する膨大なデータが頭に入っているからこそできることなのかもしれませんが、
できれば私もそのくらいカッコ良く一発で決めてみたいものです。(笑)

ってか、それ以前に私の場合、まだまだ自分の撮った写真でも適正露出がどれなのか、たまに分からなくなるようなレベルなんで、
やっぱりもっと写真を見る目とかも養っていかないといけないんだろうなぁ…

本当はヒツジ草さんのように、一度しっかりと写真を学びたい気もするけど、なかなか時間も無さそうなんで、また何かあったらいろいろとヒツジ草さんにご教示頂ければ…
なんて都合のいいことを考えちゃったりしてます。(^^ゞ

(2007/12/03)
ヒツジ草: 昨日はお疲れ様でした(^^)
1日ご一緒させていただきまして、ありがとうございましたm( )m
高幡不動はホントにいい所でしたね♪
お声を掛けていただいたかぷちーのさんに、感謝ですね!
それにしても、午後の時間を後輩さんのお電話に費やされてしまうなんて。
でひでひさんのお人柄が伝わるエピソードですね。って、初対面なんですけどね…。。
後輩さんが試験にパスされたら、一杯おごってもらってくださいね(^^)
でひでひさんや皆さんの高幡不動のお写真、楽しみです!

それから、伊豆のお写真、伊豆にこんな場所があるのですね~。
深山の幽谷かと思いました(^^)
ポジではもうちょいアンダーなんですね。
アンダー側もいいような感じもしますけど、露出の選択は難しいですよね~。
私は、結構段階露光しちゃってます。
1/2段づつ2~3枚くらい撮る事もあります~。。(1/3段にできないので) (2007/12/02)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。