『四季の風景』 デジタル写真館

スポンサーサイト

@でひでひ

『終わりゆく夏の日』 ~07年みちのく夏紀行⑦~

@でひでひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト


(--/--/--)

カテゴリー:

スポンサー広告


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/?overture" target="_new

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『終わりゆく夏の日』 ~07年みちのく夏紀行⑦~



高原から沈む夕陽を初めて見ました。
奥羽山脈の山の稜線に沈む夕陽をイメージしていましたが、
その奥羽山脈には早くも秋雨前線の雲がかかっていたため、
山の稜線ではなく、雲に沈む夕陽となってしまいました。
ちなみに、この翌日はその秋雨前線の影響で雨、
暑い暑い東北の旅でしたが、帰る日になって秋の陽気になったのでした。

場所は、先日ちょこっと紹介した種山高原です。
遠くにぼんやり見える山並みをしっかり描写したかったことと、空の階調をできるだけキープしたかったので、
ハーフND(ND4)を使用しました。
ゴーストが出てしまいましたが、ハーフNDを外してもゴーストが消えなかったので、
仕方なくゴーストは妥協してシャッターを切りました。

実は『風景写真』の昨年の3・4月号の斎藤友覧先生のハーフNDを使いこなした桜風景の写真の数々を見て、
それ以来、ハーフNDを上手に使えるように勉強中です。
とりあえずコッキンのソフトタイプのND2とND4を買ったのですが、
ソフトタイプだといまいちファインダーから境目が分かりにくいですね。
特に今回の写真の場合、地上と空の境目はハッキリ一直線でしたので、
ハードタイプのNDのほうが良かったのかもしれません。

それと、この写真はフォルティアSPというフィルムで撮りました。
このフィルム、以前たまにこのブログで、「緑の色が蛍光塗料みたいで嫌!!」なんて発言をしてきましたが、
こういう状況だと、わりとハマってる気もします。
強い逆光線という状況で、手前の草の緑がこれだけ鮮やかに描写されたのは、フォルティアのおかげ?のように感じます。


さて、今回も最後にお散歩デジカメ写真をupします。
この写真は、初日の夕方に軽く夕焼けが綺麗でしたのでデジタルで撮影しました。

blog070813esasiPICT2064
8月13日撮影
コニカミノルタα7デジタル+ミノルタ24-105mmF3.5-4.5
手持ち撮影




--コンタクト続報--
今日でコンタクト3日目です。
初日からずっとなんですが、かなり視界がぼやけています。
異物感とかは、初日と比べるとだいぶ軽減してきましたが、視界がぼやけてしまって、なんかちょっとがっかりです。
慣れるとスッキリ見えるようになるのでしょうか・・・
ちなみに近くでも遠くでもぼやけます。
たまにどうかするとスッキリ見えることがあるのですが、ほとんど一瞬って感じです。
パソコンや書類に目を通すときもとっても見難いし・・・
とりあえず2週間くらいは我慢して使ってみて、改善しないようならもう一回眼科に見てもらおうと思います。
もうじき山のほうから紅葉シーズンがスタートするし、
今年の紅葉遠征までには、コンタクトの広い視界でクッキリとした世界が手に入ればいいのですが・・・


(2007/09/05)

カテゴリー:


このページのURL: http://gob.blog64.fc2.com/blog-entry-117.html
トラックバックURL: http://gob.blog64.fc2.com/tb.php/117-b5fd4802

でひでひ: かぷちーのさん、ありがとうございます。m(__)m

この風景、僕もかなり気に入ってるんです。
種山高原といっても、実際どんなところかわからなかったし、
写真家にもあまり有名なところではないと思うので、写真でも見たことなかったんです。
なので、地図を見ながら何となくこの写真のような風景が見れるような気がしたので、
夕陽の時間に合わせて行ってみたのです。
そしたら、そこには本当に自分がイメージしていたような、この写真の風景が広がっていたんです!!
地図を見たイメージで行った場所で、本当に良い風景に出合うことなんてあまりないことで、
この光景を目にした瞬間、僕はひとりでニヤニヤにやけていたと思います。(笑)
今回は夕陽に合わせて行ったんですけど、一日かけてもたくさん見るものはありそうなので、
また必ず行きたいところです。
自分だけの穴場を見つけたような気分です。(^^)

ハーフNDは、明暗差がある風景でも見た目に近い写真が撮れるということで、
ハマるととっても良い雰囲気の写真が撮れますよね。
ただ使いこなすには、それなりの経験が必要なようです。
境目の調整とかを考えると、三脚がないとやはり使うことは難しいと思いますが、
機会があったら使ってみてください!

デジタルの夕陽はキビシイですね。
デジタルのもっとも苦手な場面でしょうね。
デジタルだとどうしてもハイライトの階調が乏しいせいか、
夕陽をまともに撮ると、ある一定の明るさを超えたところから急に階調が無くなって、
太陽の周辺がボワッ!と大きく白飛びしてしまいますね。
実はこのときもα7デジで手持ちでこれとほぼ同じ構図で撮影したのですが、
やはりそんな感じで、太陽が超巨大化したみたいになりました。
これは改善されるんですかねぇ?
風景写真を撮るものにとっては、何よりもまずその階調の乏しさを改善してほしいところですが・・・
このへんが改善されない限り、風景写真界からはなかなかデジタルが受け入れられないのでは?
と感じています。
デジタルはとっても便利ではありますが、このように万能ではないので、
私も結局はフィルムでの撮影になってしまいます。

コンタクトの件、ありがとうございます!!
今日になって異物感はだいぶ感じなくなってきました。
装着時間が長くなると、まだやや感じますが。
でもこれなら慣れそうだなっていう良い感触はつかめました。(^_^)v
ただ、やはりぼやけるのです。
どうやらぼやけるのは左目のようです。
右目の視界はわりとクリアーに感じます。
特に夜になるとかなりぼやけた感じが気になります。
度が合ってないのかな・・・
まぁ改善が見られなかったらまた眼科に行ってみます。
かぷちーのさんも使い捨てコンタクト、使えるようになるといいですね!
コンタクトのほうが、写真の世界がより楽しくなるような気がします!
(2007/09/05)
かぷちーの: でひでひさん、おはようございます(*^^*)

この写真、とってもいいですね~。
終わりゆく夏の日、というタイトルがまたピッタリというか、心に響いてくる風景です。
手前の緑も落ち着いたグリーンのいい色。
山々の蒼い頂と、沈んでいく太陽の空の色が
なんて綺麗に表現されているのかしら、と感激してます。
ハーフNDフィルター、使ってみたら、といわれたことはありますが
三脚がないと無理だなぁと諦めていたんですけど
三脚を使ってでも、使ってみたいシーンですね。

デジタルの夕陽は、最近、見た目の感動がちっとも伝わらない、と自分の中では撮る気が失せてしまっています。
きれいだなぁと思って撮るのだけど、どうも違うって。
そういうときこそ、やっぱりフィルムなのかしら。

ところで、コンタクトですが、その視界がぼやけるというのは気になりますね。
慣れるまで、異物感はあっても、ぼやけるというのは私はなかったと思ったなぁ・・・。
早めに見てもらったほうがいいかも。

↓で馴染まないのでは?
と心配されてましたけどそれは大丈夫だと思います。
でひでひさんより、私の方が近視の度は弱いと思うのですけど
そんな私でも、1週間ぐらいで馴染みました。
ただ、体質的に合わなかった、というだけなので。
それでも、写真を撮るときはメガネはどうしても鬱陶しいので
できれば、使い捨てコンタクトと併用したい、って思っているのです。
当時は使い捨てなんてなかった時代だったので
ひょっとしたら使い捨てだったらいけるかも?!という予想の元に^-^;

広い視界で広い景色を見たい、というでひでひさのお気持ち、よっくわかります!!
そう思って私もコンタクトにチャレンジしましたので。
上手く、馴染んでくるといいですね。
というか、大抵の方は大丈夫だと思うので
いずれ慣れてきますよ。
使い方だけ注意して、正しく使っていれば、きっと大丈夫!!
(2007/09/05)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。